TEAM × MARKETING × BRANDING

インビジョン株式会社

企業文化をデザインする
採用マーケティングチーム

03-5794-5433

お問い合わせフォーム

HOME>コラム>採用マーケティング

Category " 採用マーケティング "

21513" class="post-21513 post type-post status-publish format-standard hentry category-column category-marketing"

2017/1/5(Thu)

【地方創生×移住定住 促進!】地方の採用&地域活性を成功させる情報発信方法とは?~静岡県島田市の事例~

地方創生を成功させる人の集め方!ポイントは「いろんな角度」から★

新年、あけましておめでとうございます!!!
みなさん、年末年始はいかがお過ごしでしたか?
 
私もインビジョンに入社して10か月目に突入。
2017年もバリバリ社会人頑張っていこうと思います!!!!
 
さてさて、新年一発目の私のコラムは、帰省中の私の地元・静岡からお届け!
ということで、今回は「静岡県」のある地域の取り組みについてご紹介しようと思います!

今回は「静岡県島田市」!!

静岡県と言えば誰もが想像するもの・・・
そう!「お茶」ですよね!!
島田市には、そのお茶の生産で有名な「牧之原台地」があります。
 
↓↓島田市はここ↓↓
%e9%9d%99%e5%b2%a1%e7%9c%8c%e5%9c%b0%e5%9b%b3%e5%8a%a0%e5%b7%a5
※Wikipedia「島田市」より抜粋
 
新東名高速道路、JR東海道線、富士山静岡空港など、アクセスも良い!
SLで有名な大井川鉄道も走っており、観光を楽しむこともできます。
また、一年を通して気候も穏やかであるため、定住するにもオススメです★

「地方創生枠」で採用を実施!

そんな島田市では、2016年夏、新しい取り組みが行われました!
それが、「地方創生枠」での市の職員募集!
 
募集職種は一般事務、採用後は島田市に住むことが条件となります。
「島田市を盛り上げたい!」という人材を少しでも多く確保することを目的に創設された特別枠になります。
 
↓↓職員をモデルに起用した実際の職員募集ポスター↓↓
2016poster
※関連記事はこちら

島田市の「採用×移住」に関する取り組み!

ただHP上に「地方採用枠」を案内しても、
元々市の職員を目指していない限り、なかなか目に止まりません。
さらに島田市に居住することが条件になるため、
単に職場の良さをアピールするだけでなく、暮らしについても発信する必要があります。
そんな採用を成功させるため、島田市は一体どんな取り組みをしているのでしょうか?

Twitter

島田市では、人事採用用にTwitterを活用。
採用情報や、研修の様子などを発信しています。
fireshot-capture-3-%e5%b3%b6%e7%94%b0%e5%b8%82%e8%81%b7%e5%93%a1%e5%8b%9f%e9%9b%86%e5%85%ac%e5%bc%8f%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%88shimada_jinji%e3%81%95%e3%82%93-i-twitter-https_
 
 
HPだけの呼びかけではなく、Twitter上にも各職種の募集情報を掲載することで、
情報を見てもらう間口が広がります。
地方創生枠もきちんと発信されてますね★
fireshot-capture-4-%e5%b3%b6%e7%94%b0%e5%b8%82%e8%81%b7%e5%93%a1%e5%8b%9f%e9%9b%86%e5%85%ac%e5%bc%8f%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%88shimada_jinji%e3%81%95%e3%82%93-i-twitter-https_
 
 
このように入社後のフォローについても発信。
働き始めてからの不安を減らすことにもつながりますね!
fireshot-capture-5-%e5%b3%b6%e7%94%b0%e5%b8%82%e8%81%b7%e5%93%a1%e5%8b%9f%e9%9b%86%e5%85%ac%e5%bc%8f%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%88shimada_jinji%e3%81%95%e3%82%93-i-twitter-https_

移住定住ポータルサイト

島田市の公式HPに行くと、移住&定住を考える人向けにサイトが開設されています。
その名も「住んでごしまだ」。
 
fireshot-capture-6-%e4%bd%8f%e3%82%93%e3%81%a7%e3%81%94%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%a0%ef%bc%8d%e9%9d%99%e5%b2%a1%e7%9c%8c%e5%b3%b6%e7%94%b0%e5%b8%82%e7%a7%bb%e4%bd%8f%e5%ae%9a%e4%bd%8f%e3%83%9d
 
主なコンテンツカテゴリーは、
・島田を知る
・島田ん住む
・島田で働く
・島田暮らし
 
島田市で住むうえでお得な制度や、住まい情報、移住者インタビューなどが掲載されています。
その中でもやはりチェックしたいのが「島田で働く」!
 
島田市専用の就職支援サイト「しまだのおしごと」を始め、
先ほどご紹介した島田市職員募集、
就業・就農支援制度の紹介など、
市に関連する就職&転職情報がまるっとまとまっています!

しまだのおしごと

その中でも見どころなのは、やはり島田市専用の就職支援サイト「しまだのおしごと」!
 
fireshot-capture-7-%e5%b3%b6%e7%94%b0%e5%b8%82%e5%b0%b1%e8%81%b7%e6%94%af%e6%8f%b4%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%ef%bd%9c%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%a0%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%97%e3%81%94%e3%81%a8-i
実際に島田市で働く人々でしょうか?
皆さんの笑顔が印象的なトップページですね!!
 
 
 
求人情報は、よくある転職サイトのように「検索システム」が備わっています。
求職者の方が、自分に合った条件で仕事が探すことができることで、
より応募率も高まります。
市町村単位でこのようなサイトを持っているのは、
採用&地域活性面で非常に大きな財産になります!
fireshot-capture-8-%e5%b3%b6%e7%94%b0%e5%b8%82%e5%b0%b1%e8%81%b7%e6%94%af%e6%8f%b4%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%ef%bd%9c%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%a0%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%97%e3%81%94%e3%81%a8-i

さまざまな角度から「情報発信」

島田市の採用が行っていることをまとめると、
・「地方採用枠」という特別枠の設置
・SNSによる情報発信による間口拡大
・移住&定住サポートサイト
・市専用の就職支援サイト
 
重要なのは地元の「仕事したい!」という人だけでなく、
「島田市を盛り上げたい!」
「島田市で暮らしたい!」
という島田市以外の人々が目に止まるような取り組みです。
 
地方創生という面から採用を考えていくうえで必要なのは、
その「地域」に想いを寄せる人をどれだけ集められるか?と言えるでしょう。

電話でお問い合わせお問い合わせフォーム
合わせて読みたい
このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の執筆:大塚 プランナー 兼 人事

「人生一番の災難は馬に噛まれたことです。」

Category

Writer

Media

キャンペーン

SNS


     

instagram写真を見る

Home

PAGE TOP

All Rights Reserved / インビジョン株式会社