TEAM × MARKETING × BRANDING

インビジョン株式会社

企業文化をデザインする
採用マーケティングチーム

03-5794-5433

お問い合わせフォーム

HOME>コラム>コンテンツマーケティング

Category " コンテンツマーケティング "

19976" class="post-19976 post type-post status-publish format-standard hentry category-column category-content"

2016/10/12(Wed)

実は、コンテンツマーケティングは採用としても武器になるんです。

〜コンテンツマーケティングの5つの事例集めてみました・やっぱり大切のはユーザー視点〜

こんにちは!
先週のコラムに引き続き今週もコンテンツマーケティングについて!

コンテンツマーケティングの重要性
具体的に優良なコンテンツって何?

そして第3週目はコンテンツマーケティングの成功事例について!

その前に!皆さんが考える優良なコンテンツってどんなものですか?
優良コンテンツを備えているサイトの特徴とは?

・ユーザー視点でコンテンツが考えられている

 ユーザーが求める情報を最適に提供できている。

・ブログであれば、読みやすい体系だった文章構成でできている

 文字の組み方、テキスト量、簡潔に冒頭で結論を述べるなどライティング能力に長けているサイト

・ファンが多く存在する

アクセス数を単に多く獲得するだけでなく、ユーザーの知らない知識・情報を提供することで、
 満足感・好感を得られるようなサイト。

そして、上記をより効果的にみせていくためのデザイン面のサポートも必要です。
・色は統一感を持たせる
・トーン・マナーを意識する
・タイトル・見出し・リード文の配置

考える事はたくさんありますね。

コンテンツをただ作れば良いというわけではなさそうですね!
では、成功しているコンテンツってどのようなものがあるのでしょう。
本日はコンテンツ事例をあつめてみました。

バズ部

私も毎回お世話になっている”バズ部”
サイト制作の知識、SEO知識、デザイン知識まで幅広くカバーしてくれるお助けサイト!!
価値ある情報が満載です。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-10-47-38

TABI LABO

こちらも私がよく見ているサイト。
気になる見出しや、ワードでユーザーを引き込ませるのがうまいメディアです。
もちろんコンテンツ内容も充実しているものばかり!
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-10-49-29

SENSORS

“テクノロジー×アート”で生み出されるエンターテイメント情報が満載です!
ファッション×テクノロジー
音楽×テクノロジー
映像×テクノロジー

テクノロジーと何かを掛け合わせる事によってこれまでにはなかった新しいものが生まれる可能性は無限大ですね!
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-10-49-49

LIG

株式会社LIGさんのブログはもう有名ですね。
お役立ちネタから、知識ネタ、おもしろネタまでユーザーが何度も訪れたくなるようなネタの比率が良い具合にアップされています。
戦略的だと思います。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-10-50-14

ferret

Webマーケティングに特化したサイト。
分からないことを調べると必ずと言っていい程上位表示されるのがferett。
Webのノウハウが詰まったお役立ちサイトです。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-10-50-33

まとめ

今回は5つの事例をとりあげましたが、いかがだったでしょう。
Webのお役立ち情報系のコンテンツに少し偏ってしまいましたが、、、
皆さんもご存知のサイトばかりだったのではないでしょうか?

今回の事例から見えてきた共通点として、
・ユーザーにとって価値ある情報を発信している
・有益な情報の発信している
・何度も訪れたくなるような仕掛けがある
・ついついブックマークしたくなる
・そのメディア独自の記事を発信している

という印象を受けました。

ただ流行っているからコンテンツマーケティングを取り入れよう!
となってしまうと、失敗してしまう可能性大です。
しっかり目標・ゴールを決め、誰に何を伝えるのか、
“いいね!”がたくさんついたから、成功!!とは言えないんですね。
ユーザーにとってどれだけ価値ある情報を提供できているのか、
意識することが大切かと思います。

長期的に運用をしていくこと、成功のためには地道な運用が大切ということですね!!

電話でお問い合わせお問い合わせフォーム
合わせて読みたい
このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の執筆:高橋 WEBデザイナー 退社

「疾走!! 山形生まれ さくらんぼガール」

Category

Writer

Media

  • SNS


         

    instagram写真を見る

    Home

    PAGE TOP

    All Rights Reserved / インビジョン株式会社