TEAM × MARKETING × BRANDING

インビジョン株式会社

企業文化をデザインする
採用マーケティングチーム

TEL:03-5794-5433

お問い合わせフォーム

HOME>コラム>Indeed関連

Category " Indeed関連 "

26274" class="post-26274 post type-post status-publish format-standard hentry category-indeed-relation category-column"

2018/6/21(Thu)

Indeedの仕組みとは?求人が勝手に掲載される登録方法は有料かも解説

人事向けの記事です。Indeedの仕組みを簡単に分かりやすく説明していきます。

CMで世界NO.1の検索サイトと謳われているIndeed(インディード)

月に利用している人数は約2,070万人もいます。

 

約2,070万人も利用しているからこそ、Indeedで求人募集をして求職者からの応募を増やすのは難しくありません。

ただIndeedの仕組みも知らないで使ってみて時間や経済的に損はしたくないですよね。

 

そこで今回は、具体的なIndeedの仕組みについて紐解いていきます。

Indeedの仕組み

仕組み

IndeedはGoogleみたいな検索エンジンなため、他の求人サイトや求人広告とは集客の仕組みが異なります。

求人情報を自動で掲載する

求職者がIndeed内で検索をしたときに、会社の採用ページが一定の基準をクリアしていれば自動で求人情報は表示されます。

 

基準を知りたい人はこちらをクリックしてください

画像例

 

有料広告

 

上記に記しましたがIndeedはGoogleみたいな検索エンジンだからです。

 

Indeedへ登録していなくても、基準をクリアしている採用ページなら求職者が検索したものに対してクローラー(ロボット)が勝手に求人情報を表示させてしまいます
自動的に掲載されても費用は発生しません。

 

画像の赤枠の文字がスポンサーなら有料掲載で、企業名が記載されている場合はクローラーが勝手に表示させた求人情報です。

 

Indeed以外の検索エンジンで調べた時にも求人情報は表示される

Indeedのクローラーは優秀なため、検索者が知りたい情報と判断すればGoogleやYahoo!などの検索エンジンで調べたときにも表示されます。

 

Googleで検索した時の例

 

Googleで検索した時

 

要するにIndeedを利用する人が多いのは、Googleなどで検索したときにも表示されるからです。

求職者を自社採用ページまで飛ばす

上述した画像の赤枠に記載してある文字が、スポンサーもしくは企業名の求人をクリックすると自社採用ページまで移動します

 

ただし無料サービスを利用してIndeedを利用している場合は、自社採用ページへは移動しません

 

自社採用ページから応募してくれる求職者は、企業理念などの他のコンテンツも見てからくれるためミスマッチが起こりにくい人材の可能性が高いです。

あらゆる端末に対応している

インターネットを通じて多くの人から応募してもらうために、Indeedはどんなモバイル端末にも対応しています。

 

【対応している端末】

  • パソコン
  • スマホ(スマートフォン)
  • タブレット
  • スマホ以外の携帯電話(ガラケーもしくはフィーチャーフォン)

クリックされなければ費用は発生しない

有料でIndeedを利用している人に限りますが、募集している求人がクリックされなければ費用は一切かかりません

 

画像例

費用は発生しない

 

 

Indeedの料金システムは期間毎ではなくクリック課金制を採用しているからです。

 

Indeedで検索をされて求人情報が表示されるだけでは費用は発生しないため、広告費を削減したい人は利用してみてもいいかもしれません。

 

興味のない求人はクリック自体されないため、Indeedから応募してくれる人は企業理念を理解してからの応募するケースが多いです。

 

Indeedの料金体系に詳しく知りたい人はこちらの記事をクリックしてください。

Indeedの料金って安い?支払い方法・料金体系・採用単価の実績を解説

Indeedを有料で利用した場合の仕組み3つ

有料

有料でIndeedを使うと求人を募集する側としてメリットとなる仕組みが3つあります。

※知りたい部分を先に知りたい人は読みたい箇所をクリックしてください

  1. 検索結果で上位表示される
  2. 条件を満たすと拡大広告が表示される
  3. Indeedに載せたデータを集められる

①検索結果で上位表示される

Indeedを有料で利用すれば、募集している求人が上位表示される傾向にあります。

 

すべての求人が上位表示されると断言できないのは、クローラーが求人を調べた人に対して適切ではない場合もあるから。

 

募集している求人をできるだけ上位表示させるには、クローラーが認める採用ページを作成してください。

 

月の利用者数が約2,070万人いるので上位表示されれば、今より約5倍も求人の応募を増やせます

②条件を満たすと拡大広告が表示される

有料でIndeedを利用していて一定の条件を満たすことで、検索で表示される求人の部分以外にも広告を載せられます。

 

条件は3つ。

 

  1. 自社に採用ページがある
  2. 企業ロゴを持っている
  3. Indeedへ一定の広告費を支払っている

 

このすべての条件を満たすことで、Featured Employer広告という求職者の目につく部分に求人情報を載せることで応募を増やせます。

 

Featured Employer広告

 

Featured Employer広告

③Indeedに載せたデータを集められる

有料でIndeedを利用すると求人アナリティクスというデータから、募集した求人に対して求職者がどんな動きをしたのかが丸わかりです。

 

求人アナリティクスで集められるデータは6つ。

  1. どんなキーワードで募集した求人を調べたか
  2. 募集した求人が表示された回数
  3. 募集した求人がクリックされた回数
  4. 募集した求人のクリック率
  5. 募集した求人から実際に応募された回数
  6. 募集した求人からの応募率

 

現状応募が少なくても、データを活用することで応募者を増やす対策を立てられます

Indeedで求人を上位表示させる2つの仕組み

上位表示させる方法

Indeedで掲載される求人を他の会社より上位表示させて、求職者にもっと閲覧してもらうには2つの方法があります。

①クリック単価を上げる

クリック単価(※)を高額に設定すればIndeedで募集した求人を上位表示できるかもしれません。
(※)クリック単価・・・1クリックされる度に支払う金額

 

ただしクリック単価は募集する業界や職種などによって相場は違います

募集した求人で上位表示を狙いたいなら、相場より少し高い金額を設定してください。

 

高額にしたからといって絶対に上位表示されるとは限りません

 

(関連記事:Indeedのクリック単価ってどのくらい?相場や業界別の事例をご紹介!)

②採用ページを強化する

Indeedで掲載される求人情報を求職者が知りたい内容に採用ページを強化することで、他の会社の求人より上位表示されやすいでしょう。

 

上述しましたが、クローラーが検索した人に対して最適な情報を提供しているからです。

 

Indeedで上位表示を狙うには、募集する求人へ求職者が知りたい内容やキーワードを含めましょう

 

資料ダウンロードすれば、Indeedの“掲載条件”や求職者を増やす【採用ページの作成方法】が分かります。

 

資料ダウンロードはこちら

 

Indeedは検索エンジンと仕組みはほとんど同じ

Indeedを利用する人が月に約2,070万人いるのは、Googleなどの検索エンジンで調べものをしている人へも呼びかける仕組みがあるからです。

 

Indeedの仕組みは大きく分けて4つ。

 

  1. 求人情報を自動で掲載する
  2. 求職者を自社採用ページまで飛ばす
  3. あらゆる端末に対応している
  4. クリックされなければ費用は発生しない

 

この仕組みがあるので有料にすることで求職者からの応募を今の5倍は増やせるでしょう。

また予算を自由に決められるのもポイントの1つ。

 

今すぐ応募者を増やしたい or 採用ページを強化したいのであれば、Indeedの認定パートナーであるインビジョンへ下記からお気軽にご相談ください。

 

 


電話でのお問い合わせは03-5794-5433まで
※クリック or タップで発信します


 

メールでのお問い合わせはこちらへ



営業のお問い合わせはお電話にてお願い致します。

電話でお問い合わせお問い合わせフォーム
合わせて読みたい
このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の執筆:棚網 SEOライター

「読みやすくて理解しやすい文章を届けられるように誠心誠意頑張ります!」

Popular

 

Category

Writer

instagram写真を見る

Home

PAGE TOP

All Rights Reserved / インビジョン株式会社