TEAM × MARKETING × BRANDING

インビジョン株式会社

企業文化をデザインする
採用マーケティングチーム

03-5794-5433

お問い合わせフォーム

HOME>コラム>採用マーケティング

Category " 採用マーケティング "

4549" class="post-4549 post type-post status-publish format-standard hentry category-column category-marketing"

2015/1/16(Fri)

女性が活躍する時代に!!2015年度予算案「女性活躍へ1000億円増」

政府も働くママを応援しています!

安倍政権が成長戦略の柱と位置付ける女性活躍推進法案の来年度予算の総額は前年度当初比1000億円増の9000億円となりました。
これは政府が「女性の活躍」に本気で力を入れている証拠です。

政府が働くママの活躍を積極的に応援!?

安倍総理は昨年末の衆院選で、17年度末までに「約40万人分の保育の受け皿を確保する」と約束しました。そして今回、待機児童解消に向け、15年度は保育関係に約7000億円を配分し、新たに約8万人分の保育環境を確保するとのことです。
この数字は政府が働くママの活躍を積極的に応援しているといっても過言ではないと思います。

働きたいけど働けない女性は大勢いる

実際、下記グラフは内閣府男女共同参画局が出しているデータです。

就業希望者:315万人

これを見ると、30〜44歳までの女性が働きたくてもなんらかの事情で働けないという結果になっています。

待機児童解消加速化プラン

30〜44歳といえば、子育てをされている女性も多くいらっしゃると思います。

待機児童問題といわれ、働きたいけど、子供を預ける場所が見つからないから働けない方が大勢いる中、今回の15年度予算1000億円増はこの層にきちんと働けるような保育環境を用意するために組まれたものだと思いました。

待機児童解消加速化プラン

まとめ

政府としても、「ありのママ」と呼ばれる働くママの価値を十分理解しているということですね。

企業の皆様も政府が今力を入れている「女性の活躍推進」に便乗して、助成金や税制優遇などの様々な恩恵をうけつつ、働くママの価値を感じていただけたらと思っています。

電話でお問い合わせお問い合わせフォーム
合わせて読みたい
このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の執筆:マキ メディアチーム 新卒スペシャリスト

「ありのママです」

Category

Writer

Media

  • SNS

         

    instagram写真を見る

    Home

    PAGE TOP

    All Rights Reserved / インビジョン株式会社