TEAM × MARKETING × BRANDING

インビジョン株式会社

企業文化をデザインする
採用マーケティングチーム

03-5794-5433

お問い合わせフォーム

HOME>コラム>採用マーケティング

Category " 採用マーケティング "

26291" class="post-26291 post type-post status-publish format-standard hentry category-column category-marketing"

2017/11/28(Tue)

【第三回】インターンの内容とは!?3ヶ月目の事例を紹介

広報ガールとしてのインターンも3ヶ月目になりました。

多くの企業が実施しているであろうインターンですが、
19卒の学生に向けて新たに始めようとしていらっしゃる人事担当の方も多いのでは?

今回は、インターンの具体的にどんな事例があるのかを紹介します!

リターゲティング広告配信がついに始まる

前回のコラムでお話しした、リターゲティング広告。
今月、これがついに配信される!!

と思いきや…?

トラブル発生!まさかの「配信停止」

いつものようにビデオ通話で打ち合わせをしていた時のこと。
「リタゲ広告どうなってるか見てみようか」という佐藤さんの一言で、Yahoo!の管理場面をチェックすることになりました。
そして見てみると…

配信停止

「え…配信停止になってるんですけど!?怖い怖い!!」

赤字になっているところです、分かりますか?
「配信停止(画像が掲載不可)」の文字が。

どうやらバナーに問題があって配信されていないようです。
「なんでだ〜〜〜〜〜〜」と言いながら管理画面のいろんなところをクリックしていると、見つかりました、原因が。

ロゴ必須!?掲載基準は落とし穴

配信停止の原因は、「Yahoo!JAPAN広告掲載基準に抵触する箇所があった」こと。

掲載不可
よく読んでみると、「すべてのクリエイティブにおいて、視認可能な大きさで主体者名を明記する必要があります」という文がありました。
要するに、インビジョンのロゴをバナーに入れてなかったことが原因らしい!

すぐに佐藤さんからインビジョンのロゴ素材を頂いて、バナー画像を再作成しました。

苦節2週間…やっと配信スタート!

そんなトラブルを乗り越えて、やっとリターゲティング広告の配信をスタートすることができました。
今回気づかないうちに配信停止になっていた原因は、「掲載基準をしっかり確認しなかったこと」だけではなく、
「配信した広告を定期的に確認することを怠っていたこと」にあります。
物事を発信して終わり!ではなく、そのあとどうなっているか、どんな効果をもたらしているか、しっかり管理・分析していくのも仕事のうちなんですね。

リターゲティングの後はFacebook運用?

広告配信の次にわたしに課せられたお仕事は、Facebookのインビジョン企業アカウントの運用!
facebook

こちらのページのいわゆる「中の人」になったのです!

コラム投稿&ニュース記事のシェア!

運用といっても具体的に何をするのかというと、主にコラム投稿とニュース記事のシェア。

運用するときに考えたのは、「いつ投稿すればいいんだろう?」ということ。
調べてみると、Facebookユーザーが投稿を見る時間帯は、朝の始業前または終業後、就寝前らしい…という記事を見つけたので、
最初は試験的に投稿を19時にしてみました。

が、しかし。
やっていくと19時よりも21時のほうが、投稿に対するリアクションが多いという結果が!
なので、今は21時の投稿を心がけています。
さらに、1日に2回の投稿で、時間帯におけるリアクションの差を見ることにしました。

いいね!を増やす有料広告も配信、のはずがまたまたトラブル!

ページへのいいね!を増やすために、Facebookでも有料広告を配信することに。
広告配信の目的や、範囲(どの地域に住む人か・性別・年齢)、広告の予算等を設定して、いざ配信!

と、思いきや。またまた悲劇。配信できていない!?

広告金額を調整して配信スタート!

今回の配信できなかった原因は、広告を配信する際に設定した入札価格が、推奨価格の範囲より大幅に低くなってしまっていたことでした。
入札

Facebookでは、この入札価格を使用して同じターゲット層を指定している別の広告主と競い、広告を配信することになります。
なので、入札価格が低すぎると、他の広告主に負けてしまって結果として広告が配信されない!という今回のような悲劇が起こってしまうんですね…

悲劇の原因がわかったので、広告金額を調整して、無事に配信することができました。

Facebook目標いいね数1500!工夫した2つのポイント

さて、Facebookを運用するときに考えたのは、「いかにインビジョンの存在をアピールするか」ということでした。

時間帯を工夫してアピール!

上にもちらっと書きましたが、まずは投稿する時間帯。
やっぱり多くのユーザーが利用する時間に投稿した方が、多くの人にインビジョンの存在を知ってもらえる確率があがりますよね。
わたし自身、あまりFacebookを利用していなかったこともあり、ユーザーが活発に利用する時間帯がわからず調べるところからスタートしました。

さらに、1回でも多く投稿した方が多くの目に触れますよね。
「時間帯におけるリアクションの差を見てみたい」ということもあり、1日2回の投稿をすることにしました。

広告を配信してアピール!

時間帯と投稿数の工夫だけじゃ限界がある!

ということで、有料広告を利用して、さらにインビジョンの存在をアピール!!

今回は2パターンの広告を出しました。
違いは、広告とともにに表示されるテキスト文章。
インビジョンらしさを短い言葉で伝えるか、少し長めの文章で伝えるか、ということです。

2つの広告で、どちらがより広告として効果が出るかを調べています。

目的はページへのいいねを増加させること

運用目標にしたのは、ページへのいいね!数1500を達成すること!
1週間ごとにいいね!数やリーチ数(いずれかの投稿を見てくれた人の合計)を調べて記録しています!
そうすることで、より効果的に運用をするための分析ができるというわけです。

インターンシップ三か月目を振り返ってみて

わたしの広報ガールとしてのインターンも3ヶ月がすぎ、色々なことをやらせてもらいました。
ここで、現段階でのわたしの思うところを述べていこうと思います!

インターンってもっとつまらないものだと思ってた

虚無
「インターンって絶対にやらなきゃいけないのか…?」

来年就活かぁ…(めんどくさそう)というわたしのような学生がもつ疑問の一つだと思うんですが、
周りの子はいっぱいやってるし、先輩も行ってたし…って感じでインターンに応募する人も多いはず。
なんとなく、「企業に行って仕事を体験して…グループワークとかもあるらしい…絶対に楽しくないだろ…」という思いがありました。

そんなわたしですが、インビジョンのインターン、楽しんでいます!!
なんでだろう??と思って考えた結果がこちら。

会社の一員に加わってる感

つまんないだろうなぁと思っていた理由の一つとして、「インターン程度じゃその会社のこと何も分かんないでしょ?」というのがあったんですが、
インビジョンの場合、コラムを書いたり、広告配信の裏側を見て分析したり、お客様案件を任せてもらったり。
(今までわたしがやらせてもらったことはコラムを見てほしいです↓)(コラムアピール)
本当にインターンのプログラム?広報ガール1カ月の成果と反省
広報ガール、2ヶ月目!インターンシッププログラムの事例を紹介

結構がっつり仕事に関わっている感じがあるんですよね。
だからこそ、業界の裏側だったり、インビジョンの仕事の雰囲気だったりを感じることができて楽しめているのです。

win-win!なインターン事例、ここにあり!

インターンは学生にとっては「業界について知るための場」であり、ある種「職業体験」のような意味合いもある気がします。
しかし企業にとっては「学生に自社をアピールする場」!

その業界ならではの仕事はもちろん、その会社ならではの仕事や、ちょっとでも会社に貢献できたりするような仕事を任せることで、
自社の魅力も伝わるし、学生もインターンに対するモチベーションが上がってwin-win!!というわけです。

インターンの企画に悩んでいる担当者様、少しでも参考になれば嬉しいです。

電話でお問い合わせお問い合わせフォーム
合わせて読みたい
このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の執筆:加藤 広報ガール インターン

「10月からお酒控えます。」

Category

Writer

Media

  • SNS

         

    instagram写真を見る

    Home

    PAGE TOP

    All Rights Reserved / インビジョン株式会社