TEAM × MARKETING × BRANDING

インビジョン株式会社

企業文化をデザインする
採用マーケティングチーム

03-5794-5433

お問い合わせフォーム

HOME>コラム>コンテンツマーケティング

Category " コンテンツマーケティング "

19366" class="post-19366 post type-post status-publish format-standard hentry category-column category-content"

2016/9/30(Fri)

メールDM、送ってみた。【送信メール作成編2/テキストメール】

FAX DMの反省点を活かして、今度はメールDMに挑戦!



『メールDM、送ってみた。【送信メール作成編/テキストメール】』では、送信原稿作成時に
どんなことに注意したかをまとめました。


今回は、作成したメールを送信するまでの直前準備、添付資料についてレポートします!

実際にリスト収集をして、注意すべきだと感じたこと

いろいろな求人媒体から情報が取れるのは確かです。
それは間違いないのですが、
その媒体内に果たして自分たちが欲しい情報(FAX番号、メールアドレスなど)が
掲載されていて、それを収集できるようになっているか

というところは実際に見てみないとわかりません。
実際に収集を開始してみて、1000件の情報からメールアドレスが2件しか取れない、
という事態も発生しました。
それを踏まえると、やはり長期間の契約にするよりもまずは1ヶ月フル活用して
そのリスト収集ツールの特性を理解する、というのが得策です。

直前準備

FAXDMと異なり、自分の手元で送信作業もできるという点でメールDMは安心感があります。
また、送信に料金がかからないので、費用を考えずに
送ろうと思った件数だけ送ることができるというのも利点のひとつ。
1つ注意するのは、
開封通知をつけないとどのくらい開封してくれているかがわからない
ということ。
DMに開封通知?と最初私たちも悩みましたが
やはり、どのくらい開封してくれたかなどの統計を取っていくためには絶対的に必要です。
開封通知があるのを見て「何これ」と思われてしまったら仕方ありませんが、
興味のある人は開封通知を送信してでもメールを読んでくれるはずです!

目標送信件数を決めよう

開封通知もそうですが、平均的に統計を取っていくためには件数を決めて送ることも重要です。
インビジョンのDMチームは送信件数2000件
1000件ずつABテストを行なっていくことにしました!

いよいよ送信!

今回は添付資料をAとBの2パターン作成しました。
Aは伝えたいことや数字・価格が目立つように作られたもの、
Bは受信相手に向けて書いたお手紙のような、手書きの文章です。

 Aパターン

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-16-41-29

 Bパターン

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-16-41-41


Aはよく見かける求人媒体の紹介資料のような仕上がり、
Bはあまり目にしないパターンで目を引くようなものにするという目的で作っています。
違和感のない資料で安心感を持ってもらったほうがいいのか、
それとも「なんだろう?」と思ってもらえた方がいいのか、
というところを今回の資料ではテストしていきます。

その結果は・・・?

結果については次回詳しくお伝えしていきますので
お楽しみに!
まだまだDM事業部の苦悩は続いていきそうです・・・

電話でお問い合わせお問い合わせフォーム
合わせて読みたい
このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の執筆:かしまきよみ クリエイティブチーム 書道担当

「『目を大きめにして鼻を描かなければ大抵似る』と言われます。」

Category

Writer

Media

  • SNS

         

    instagram写真を見る

    Home

    PAGE TOP

    All Rights Reserved / インビジョン株式会社