TEAM × MARKETING × BRANDING

インビジョン株式会社

企業文化をデザインする
採用マーケティングチーム

03-5794-5433

お問い合わせフォーム

HOME>コラム>採用マーケティング

Category " 採用マーケティング "

20873" class="post-20873 post type-post status-publish format-standard hentry category-column category-marketing"

2016/11/28(Mon)

Likedinの「SlideShare」で採用プロモーションをやってみた。

Likedinの「SlideShare」について解説

おばんです。
小山です。

前回紹介した「Likedin」
今回は「Likedin」の特徴の1つである「SlideShare」について触れていきます。

SlideShareとは「プレゼンテーションファイルの共有サービス」

linkedin-1007071_640

SlideShareとはパワーポイントやキーノートなどで作成したプレゼン資料をWeb上で共有・閲覧できるサービスです。
平たく言うとWebでパワポが見られますよというサービスです。(アニメーションなどの動きはありません。)
Likedinのホーム画面からSlideShareの画面に飛ぶことができます。

アップ手順はいたってシンプル

slideshare01

LikedinのアカウントがあればSlideShareにプレゼン資料をアップ可能です。
アップロード画面でパワーポイントやPDFなどで作ったプレゼン資料を選択しアップするだけです。
その際にタイトルやタグ、カテゴリ、公開制限などを設けます。
公開したい情報のデータがあれば、ものの5分で完了します。

スライドシェアのメリットとデメリット

SlideShareの基本的なルールがわかったところで次はメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット:情報の共有がしやすい

slideshare02

SlideShareのメリットは何といっても情報の共有がしやすいことです。
SlideShareのコミュニティの中でスライドを共有できます。
またWebサイトにも埋め込み可能のため、SlideShareのサイトにいかなくても閲覧できます。
さらにスライド中のテキストをGoogleが読み込んでくれる(インデックスしてくれる)ので、SEO対策にも効果がでます。

デメリット:画面が見づらい、日本語対応がまだ

SlideShareで情報発信すれば、多くのユーザーに共有されて、Googleの検索画面でも上位に表示されるといいこと尽くしにも聞こえますがデメリットもあります。

最大のデメリットは「画面が見づらい」
と本末転倒な気がしますが、とくにグラフが見づらいです。
必要な情報を必要最低限の文字で伝える作業は大変かもしれません。

もう一つのデメリットは日本語フォントに対応しきれていません
アップしてみると文字化けしている!ということがあるのでPDF化する必要があります。
日本でまだ普及していないのはこの問題が大きいと考えられます。

「SlideShare」が採用の有効手段になるにはまだ時間がかかる。

「SlideShare」についてはいかがでしたか?
Likedinが採用ツールとして確固たる地位を築けたら自ずと「SlideShare」は重要視されるはずです。
従来の採用ツールにプラスでLikedinを導入する手法も有効です。

ただし、すべての企業が同じとは限りません。
具体的に何が合っているかわからない!と思うかもしれません。

そこはご安心を!弊社インビジョンなら一社一社に合わせた採用計画を考えるプロ集団です。
採用手法について不安がある企業様はご相談ください。

電話でお問い合わせお問い合わせフォーム
合わせて読みたい
このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の執筆:小山 働くかっこいい大人研究所 制作 兼 ライター

「『おやま』ですが、『こやま』でも反応します。」

Category

Writer

Media

  • SNS

         

    instagram写真を見る

    Home

    PAGE TOP

    All Rights Reserved / インビジョン株式会社