TEAM × MARKETING × BRANDING

インビジョン株式会社

企業文化をデザインする
採用マーケティングチーム

03-5794-5433

お問い合わせフォーム

HOME>コラム>採用マーケティング

Category " 採用マーケティング "

23262" class="post-23262 post type-post status-publish format-standard hentry category-column category-marketing"

2017/5/17(Wed)

【決定版】採用管理システム(ATS)比較・まとめ2017

採用管理システム(ATS)をまとめてみました。

最近目にする採用管理システム(ATS)。今後は採用管理システム導入有無で採用力に差が出るかもしれません。今回は採用管理システムのメリットや注意点、そして各サービスをまとめてみました。

採用管理システムとは?

twitter_採用ターゲット-(1)
採用管理システムのまとめを紹介する前に、そもそも採用管理システムとは何かを説明します。
採用管理システム、英語ではATS(Applicant Tracking System)、Googleで直訳すると「応募者追跡システム」。
ではその追跡とは具体的にどういうことでしょうか。

応募から採用までの流れを一元管理するシステム

応募者の追跡、つまり応募者の状況を管理すること。
一般的には採用管理システムの機能として、履歴書の管理、応募者の選考状況の管理、応募者の条件別絞込、応募者の評価データの管理、応募者とのやり取りする機能、メール通知など多岐にわたります。
これまではエクセルなどで管理していた応募から採用に至るまでのプロセスを1つのシステム上で一元管理できるのが、採用管理システムです。
ざっくりいうと「求人管理(求人案件)」、「応募者情報管理(履歴書など)」、「選考プロセス管理(どこまで進んでいるか)」、「内定者管理(内定者フォロー)」の4つが管理できるシステムです。

最大のメリットはコスト削減・データの見える化

採用管理システムのメリットは、なんといっても人事工数の削減です。さきほど説明したとおり、応募から採用までの一連のプロセスを一元管理できます。どんな求人案件を出して、どれだけ応募が来て、選考はどこまで進んでいるかが一目瞭然になります。
たとえば人事の引き継ぎ等が発生したとしても、採用管理システムの使い方がわかればOK。エクセルなどで属人的に管理しているという状況は発生にくくなるのです。

採用管理システムまとめ!新卒採用に特化型ATS

ラジオ-(1)
採用管理システムの概要を説明しました。はじめは新卒採用に特化型採用管理システムを紹介します。

ACCESS ON LINE:マイナビが提供する学生管理データベース

mainabi
特徴
・就職情報サイト「マイナビ」とのシームレス連携を実現。
就職サイト「マイナビ」からの会員情報を引き継いでのシームレスエントリー機能に加え、
「マイナビ」の会員ID・パスワードでのログイン機能により、ユーザビリティの格段の向上を実現
・採用管理システム:ACCESS ON LINE
・提供企業:株式会社マイナビ
URL:https://saponet.mynavi.jp/service/service08/database/

GJコミュニケータ:学生の志望動機を強化する会員制採用ホームページシステム

GJコミュニケータ
特徴
・One to One(1対1)コミュニケーションを実現。応募してきた学生を逃さず一元管理が可能のため、適切なタイミングでの適切な情報を提供。
・動画コンテンツの掲載、エントリーシートのカスタマイズ、オリジナルの集計表、適性テストとの連動など、フレキシブルなカスタマイズ対応。
・採用管理システム:GJコミュニケータ
・提供企業:株式会社学情
URL:https://service.gakujo.ne.jp/newgraduate/gjc

e2R:企業ごとの採用フローに合わせ、応募学生の情報をきめ細かく管理

特徴
・企業それぞれのイベント開催や採用スキームに合わせ、“オンリーワン”の最適なシステムの構築を実現。
・大学・専攻・イベント参加状況など、さまざまな属性の学生にピンポイントにマッチした情報提供が可能
・カスタマイズ性の高い「マイページ」を持つことが可能
・採用管理システム:e2R
・提供企業:株式会社ワークス・ジャパン
URL:http://www.worksjapan.co.jp/service/applicant.html

Peace!:コスパ抜群の採用トータル管理システム

特徴
・内定者フォローSNSで内定者とナチュラルに交流が図れる
・年間利用料30万円程度から利用可能の低コストシステム
・内定者・新入社員向けのお得なeラーニングパックのご提供が可能
・採用管理システム:Peace!
・提供企業:株式会社パフ
URL:http://www.puff.co.jp/service/service03.html

jinjer新卒採用:インターン~本採用~内定者フォローまで一気通貫で管理・分析

jinjer新卒採用
特徴
・ワンクリック、ツークリックで自動的にグラフや表を出すことが可能のため、戦略的・効率的な採用業務を実現可能
・業種業態に合わせてKPI(目標値)を設定し、見たい・し選りたい数字データを分析することが可能。

・採用管理システム:jinjer新卒採用
・提供企業:株式会社ネオキャリア
URL:https://hcm-jinjer.com/service/saiyo/

採用管理システムまとめ!アルバイト採用に特化型ATS

アルバイト採用に特化型ATS

新卒採用特化型ATSに続いて、つぎはアルバイト採用に特化型ATSを紹介します。

HITO-Manager:アルバイト・パート採用の悩みを解決

HITO-Manager
特徴
・検索エンジン最適化(SEO対策)、求人まとめサイトと連携した自社採用HP作成、応募者情報の一元管理で採用状況の見える化を実現。
・採用コストの削減・最適化を支援します!

・採用管理システム:HITO-Manager
・提供企業:株式会社インテリジェンス
URL:https://hitomgr.jp/index.html

リクログ:導入社数600社!安心・実績のクラウドシステム

リクログ
特徴
・母集団形成、応募者情報一元化、採用効率化、振り返りの機能が豊富。
・採用業務を「見える化」し、PDCAサイクルを回しながら、業務効率化と迅速・的確な意思決定を支援可能

・採用管理システム:リクログ
・提供企業:HRソリューションズ株式会社
URL:https://www.reclog.jp/

リクオプ:導入者数No.1!アルバイト・パートの採用管理システム

リクオプ
特徴
・オリジナル採用サイト作成、独自ドメインなど成長を続けるお客様のアルバイト・パート採用を支える機能が豊富
・主要求人広告媒体と連携も可能。そのため全応募を一元管理ができる。
・採用管理システム:リクオプ
・提供企業:HRソリューションズ株式会社
URL:https://recop.jp/

アルバイト戦力化コンサルティング:アルバイトを戦力化して、人件費をカット

アルバイト戦力化コンサルティング
特徴
・母集団形成、応募者対応、アルバイトの定着・戦力化の課題をワンストップサービスで効果的かつ効率的な成果を生み出します。

・採用管理システム:アルバイト戦力化コンサルティング
・提供企業:株式会社ノーザンライツ
http://www.n-lights.com/

採用管理システムまとめ!中途採用に特化型ATS

最後は中途採用、オールマイティな人事採用システムを紹介します。

ジョブカン採用管理:人事が「良い人を採る」ことに集中するための採用管理
ジョブカン採用管理
特徴
・求人サイトやカレンダーとの連携、候補者・社内のやりとりなど機能をワンパッケージに。
・「誰でも使える」を実現したインターフェイス
・毎月の候補者新規登録数に応じた段階的な変動プランのため、採用活動の状況に応じて低コストで利用可能。
・採用管理システム:ジョブカン採用管理
・提供企業:株式会社Donuts
URL:https://ats.jobcan.ne.jp/

Salesforce:人材採用管理:人材採用プロセスの追跡、管理が容易

salesforce 人材採用管理
特徴
・応募者や候補者、連絡方法に関する情報を管理が可能
・採用活動の初期段階の応募者や、採用確実な最終段階の候補者を
細かく分類することが可能。そのため、採用の動向や、どのポジションが早く埋まるかを確認することができる。

・採用管理システム:salesforce 人材採用管理
・提供企業:salesforce
URL:https://appexchangejp.salesforce.com/

HAMOS:“3年後に活躍しているか”を分析できる戦略人事システム

HAMOS
特徴
・業務の一元化、応募者の情報や人材紹介会社とのやりとり、面接の評価など、採用に関するすべてを一つに
・可視化・分析、応募者数や面接実施数、面接官の評価など、
採用のあらゆる情報をリアルタイムに見える化
・母集団の形成、SNS連携、リファラル採用、タレントプールなどで会社の魅力を最大限に引き出す求人票を作成し、応募者や人材紹介会社へ情報発信。
・採用システム:HAMOS
・提供企業:株式会社ビズリーチ
URL:https://www.hrmos.co/

SONAR:新卒・中途採用の多様な募集チャネルからの応募者を一元管理

SONAR

・採用ホームページ、就職ナビやダイレクトリクルーティングツール、イベント、人材紹介会社(エージェント)など、さまざまなチャネルからの応募者を一元管理。
・応募者のプロフィール情報や選考ステータス、選考で使う書類等をすべて一元管理。
・応募者とのコミュニケーションを一元管理。

・採用管理システム:SONAR
・提供企業:イグナイトアイ株式会社
URL:http://www.igniteeye.com/sonar/

採用管理システム導入前の注意点

採用管理システム導入前の注意点
は「自動化」、「一元管理」です。
求人広告の出稿、応募管理、面接日程、面接、結果通知、内定者フォローなど実際に行っている業務がどこまで採用管理システムに対応しているかをきちんと把握する必要があります。確認しないまま導入してしまうと採用管理システムとエクセルの併用と言う事態になってしまうかもしれません。

規模感に合ったサービスかどうか

採用管理システムの注意点の2つ目は「規模感に合ったサービスかどうか」。
夢のような機能が満載の採用管理システム。ですが、無料ではありません。(一部例外はあります)。1年に数回しか求人を出さない企業にとっては、もしかしたら不要なシステムかもしれません。企業の規模感に合ったサービスかどうかを把握する必要があります。

使い勝手いいかどうか

なんといっても使い勝手がいいかどうか。慣れ親しんだエクセルから採用管理システムへ移行。前のほうが使いやすい!という状況だけは避けてください。
サービスは基本的にテスト期間が設けられているはずです。その間に担当者以外の方にも採用管理システムを操作してもらってください。

データ分析できるかどうか

最後の注意点はデータ分析ができるかどうか。採用を戦略的に進めなければ求職者は獲得できない時代になりました。そのため、蓄積した採用状況データを活用できるシステムが採用管理システムの機能に搭載している必要があります。求人媒体別、内定者の経歴の特徴や傾向、応募から採用までにかかった費用・時間などをすべて分析することが必要となります。

採用管理システム(ATS)によって人事から戦略人事に変わる

【決定版】採用管理システム(ATS)比較・まとめ2017はいかがでしたか?
ミスが許されない採用プロセス。これまでの採用プロセスは属人的な要素が多く、さらに時間がかかっていました。
「新しいことがしたいけど時間がない!」という課題を突破するシステムになる可能性があります。しかし、使い方次第では管理するシステムが増えて、余計時間がかかるという結果になるかもしれません。
ルーティン作業の時間をカットする採用システム。うまく使いこなすことで時間が空き、クリエイティブな時間にあてられ、戦略を描く人事へ変わります。

採用プロセスにストレスに感じる部分をどうにかしたい!という企業様がいましたら、採用マーケティングチームのインビジョンに一度ご相談ください。
人事から戦略人事に変わりましょう。

電話でお問い合わせお問い合わせフォーム
合わせて読みたい
このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の執筆:小山 働くかっこいい大人研究所 制作 兼 ライター

「『おやま』ですが、『こやま』でも反応します。」

Category

Writer

Media

  • SNS

         

    instagram写真を見る

    Home

    PAGE TOP

    All Rights Reserved / インビジョン株式会社