TEAM × MARKETING × BRANDING

インビジョン株式会社

企業文化をデザインする
採用マーケティングチーム

03-5794-5433

お問い合わせフォーム

HOME>コラム>採用マーケティング

Category " 採用マーケティング "

20113" class="post-20113 post type-post status-publish format-standard hentry category-column category-marketing"

2016/10/20(Thu)

サッと解説!リファラル採用のメリット、デメリット

採用課題を企業全体で取り組む文化をつくりましょう。

前回のコラムでは「ダイレクトリクルーティング」について、
少し前にはマックの「友人紹介採用」についてご紹介しました。
 
応募がこない。求人媒体だけでは採用できない。
これらの課題にぶつかると、
多くの企業様が「まずは人を集めること」に注力します。
しかし本来、採用とは「企業の成長を促進するためのもの」。
しっかりと質的なものも重視していきたいですよね?
 
近年よく耳にするようになった採用手法の一つに
「リファラル採用」があります。
今回はこちらを紹介していきたいと思います。

リファラル採用とは?

社員の友人、元仕事仲間などのつながりで採用候補者を集める採用手法です。
すでに働いている社員の人脈ですから、
まずある一定の信頼を置ける人が集まります。
 
リファラル採用のメリット&SNS活用に関する記事はこちらをぜひ!
【新・採用手法】リファラル採用の応用「〇〇作戦」
 
ここで一つポイントになってくるのは、
会社の社員の協力が必要不可欠!ということ。
でもそれって実際うまくいくんでしょうか・・・?

リファラル採用の課題

いくら「良い人を紹介してください!」と呼びかけても、
採用担当以外の社員には別の業務があり、
よっぽど部署内の人材面で課題を感じている社員でなければ、
自ら動く人はほとんどいないでしょう。
 
リファラル採用はとにかく「社員の協力」がないと
何も始まりません・・・。
その仕組みをどう動かしていくかが、人事の腕の見せ所になります!

社内で採用課題を共有する場をつくる

株式会社サイバーエージェントのリファラル採用では、
「つながり会」というものを実施しているそうです。
参考記事:「自分の仲間は自分で見つけてくる」リファラル採用の文化を創るための挑戦」 
「つながり会」とは、社員をミーティングルームに集め、
採用課題の共有→その場で良いと思う人を教えてもらう、というモノ。
 
このつながり会に呼ぶメンバー構成にも工夫を。
・同じ大学出身の社員
・プロジェクトに人が足りない、などの課題を感じている社員

など、話が共有されやすい環境を作っているようです。

社員紹介の人限定イベントを実施

同じくサイバーエージェントでは、
社員の紹介で集まった人限定の社内イベントを実施。
企業理解ができる場を提供しています。
 
このようなイベントの実施によって、
社員は友人などを誘うキッカケが生まれ、
紹介された側も応じやすくなります。

会社全体で課題共有できる「リファラル採用」

リファラル採用のメリットは、
・媒体や人材紹介などを使うコスト削減
・現場の社員が感じている課題から必要な人材を集められる
・社員からの紹介という効果でミスマッチが少ない
などの採用面での課題が解決されることはもちろん、
社内で採用課題を共有する場が持てることにあると思います。
 
通常の採用手法以上に、社内の協力が必要になってくるリファラル採用。
しかしそれは裏を返せば、「採用」という課題に会社全体で取り組む文化を作ることができるわけです。
そんなリファラル採用、ぜひ取り入れてみませんか?


関連記事:
【新・採用手法】リファラル採用の応用「○○作戦」
採用ブランドの確立~選ばれる会社へ~
【実例】採用戦略のPDCAサイクルはこう回す。

電話でお問い合わせお問い合わせフォーム
合わせて読みたい
このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の執筆:大塚 プランナー 兼 人事

「人生一番の災難は馬に噛まれたことです。」

Category

Writer

Media

  • SNS


         

    instagram写真を見る

    Home

    PAGE TOP

    All Rights Reserved / インビジョン株式会社