TEAM × MARKETING × BRANDING

インビジョン株式会社

企業文化をデザインする
採用マーケティングチーム

TEL:03-5794-5433

お問い合わせフォーム

HOME>コラム>採用マーケティング

Category " 採用マーケティング "

29027" class="post-29027 post type-post status-publish format-standard hentry category-column category-marketing"

2018/6/11(Mon)

高校生向けに”職業体験”を実施するメリットとは?

高校生向け職業体験、受け入れ企業側の3つのメリット!

一週間の始まりは佐藤のコラムから!前々回くらいから新卒高校生の職業体験・インターンシップについて書いている佐藤ですが、

ここまでで明らかになったのが、高校生の採用活動って結構ヘビー・・・(そこだけ切り取らないで)

もしかすると、「高校生の職業体験?そこまでして良いことあるのかね?」なんて思われる方もいらっしゃるかもしれません。

はっきり言って、あります!!!

今日はそんなみなさんに、高校生向けに職業体験を実施するメリット!これをお伝えしたいと思っております!

 

新卒高校生向けの職業体験企業側の3つのメリット

高校生向け職業体験のメリット

早速ですが、高校生向けに職業体験をやることには、企業にとって大きく3つのメリットがあります。

①日本の労働力の底上げに繋がる

②社内のモチベーション向上

③新卒高校生の採用に繋がる

①から何を言ってるのかわからない、みたいな方もいらっしゃるとは思いますが、これからご説明しますね。

 

高校生向け職業体験で働くかっこいい大人を増やす

若年層の離職理由トップが「仕事が合わない」「つまらない」だという事実

引用:文部科学省

”新卒高校生が離職をしてしまった理由”としてもっとも多いのが、「仕事が合っていない」から。ついで「職場の人間関係」。

また”初めて就いた職業を離職した理由”で多いのは「仕事が合わない、またはつまらない」、「人間関係がよくない」の2つです。

どちらも1位になっている「仕事が合わない」というのは、要は入社前のマッチングの問題。やってみたら思ってたのと違った!というのを防げればいい。

職業体験やインターンシップでは、業務の全てを体験というわけにはいかないかもしれませんが、「やってみてどうだったか」を考えることができるチャンスです。

職業体験は「なりたい像」「仕事の面白さ」が見つかる貴重な機会。

そしてもう一つ、同アンケートでは約7割の高校生が「働く」ということについて気がかりなことがある、と答えているんです。

「就きたい職業に就くことができるかどうか」「十分な収入が得られるかどうか」という不安も多い中、26.9%の高校生が「就きたい職業が思いつくだろうか」という不安を抱えているんです。

引用:文部科学省

職業体験って、まさに「こんなふうになりたい」「仕事って面白いかも」と高校生が感じられる機会ですよね。

これから社会に出て行く高校生たちが、「こんな風になりたい像」をもって、「仕事に対してポジティブに」感じられるような機会の一つが職業体験なんじゃないか。そこがもっと当たり前になれば、日本の労働力は盛り上がっていくんじゃないか、とインビジョンでは、こういうことを真面目に考えているわけです。

 

高校生向け職業体験で社内のモチベーションをあげる

職業体験は、全社を巻き込んで行う一大採用イベント

職業体験は、人事担当だけじゃなく全社を巻き込んで行うイベント。

高校生に対してのキャリア教育、という側面はもちろん、社内にとっても良い刺激をくれる機会であることに間違いありません。

文部科学省でも「受入事業所のメリット」として

指導に当たる社員の意識の向上

をあげているほか、愛知県からも、

学生に接したり教えたりすることで、 受入れ側の社員・職員も「働く意味ややりがいを再認識」できる。

と、受け入れ企業の社内メリットとしてアナウンスしています。

じゃあ、実際のところ、どうなのか??↓↓

日本システムウエア株式会社の場合

日本システムウエア株式会社さんの場合、中学生に対しての職業体験や、高校生の修学旅行訪問、専門学校・大学のインターンシップを受け入れていて、積極的に学校・地域と関わりを持っている企業です。

そんな日本システムウエア株式会社さん、なかでも職業体験を行う社内メリットとして下記をあげています。

若手社員の勤労感/職業観の醸成

これまでの職務経歴の棚卸

インタビューを通じて、自分のキャリアを考える

引用:https://www.jisa.or.jp/Portals/0/resource/it-education/download/nsw.pdf

若手社員が学生の指導にあたったり、インタビューの対象に割り当てられていて、この職業体験を通じて自分の業務のやりがいを感じたり、これからのキャリアについて考える機会にできているようです。

 

インビジョンでも、大学生や内定者にインターンとして参加してもらっていますが、

改めて業務をお願いするときにもっと良いやり方がわかったり、良い動きをしてくれたときに連絡用のチャットが盛り上がりまくったり。間違いなく良い刺激をもらっています^^

 

高校生向け職業体験で、新卒高校生を採用する

職業体験=新卒高校生を採用する絶好のチャンス

そうなんです。職業体験を実施する大きなメリットとして、「新卒高校生を採用できる」というのがあります。

高卒生を採用するメリットとしては、

・ゼロから技術や経験を積んでもらい、長期的な戦力になってもらえる

・何もかもが未経験なので、愛社精神をもって働いてもらいやすい

といった具合ですが、1つ目のメリットをメインに将来組織の中心メンバーとなってもらえるように採用する場合もあるようです。

 

職業体験〜アルバイト採用〜社員採用という採用黄金ルートもある

また前回ご紹介した「バイターン」のように、職業体験からお互いのマッチングが高ければそのままアルバイト採用〜高校卒業と同時に社員採用、という採用ルートもあるようです。

企業側としては入社前の段階から戦力になってもらえますし、卒業後、即戦力として正社員採用人数も確保できる。まさに採用黄金ルート!

こうして見ると、結構企業側でも手間をかけるに値するメリットが多いですよね!

 

高校生向け職業体験で、社内外を盛り上げる&採用する

今日は「高校生向けに”職業体験”を実施するメリットとは?」という内容でお送りしました。

高校生向けの職業体験の企業側のメリットをまとめると、こんな感じです。

・日本の今後の労働力を盛り上げることに繋がる

・社内のモチベーションも向上させられる

・即戦力を採用できる

 

やった方がいいのはわかった、じゃあどうすれば?

そんなときは、インビジョンにご相談ください^^

電話でお問い合わせお問い合わせフォーム
合わせて読みたい
このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の執筆:佐藤 Indeed300プロモチーム

「歯並びを気にしがちです。」

Popular

 

Category

Writer

Media

  • instagram写真を見る

    Home

    PAGE TOP

    All Rights Reserved / インビジョン株式会社