TEAM × MARKETING × BRANDING

インビジョン株式会社

企業文化をデザインする
採用マーケティングチーム

03-5794-5433

お問い合わせフォーム

HOME>コラム>待遇・制度

Category " 待遇・制度 "

22229" class="post-22229 post type-post status-publish format-standard hentry category-column category-treatment"

2017/2/28(Tue)

人が採れない時代に、人を辞めさせない方法

残業ゼロがもたらす採用面での効果もお伝えします!

昨今の長時間労働や過労死が問題視されている中で、
社員の生産性を上げ、残業削減しながらも、過去最高益を更新した企業があります。

また、その企業は2015年度新卒25名採用し、未だに誰一人辞めていないそう。

本日は、採用にも成功しているその企業の策略をご紹介したいと思います。

株式会社武蔵野

掃除用品の販売やレンタルを手がける株式会社武蔵野は、数十年前は超ブラック企業だったそう。
しかし、残業改革により、2年強で平均残業時間「56.9%減」、1.5億円もの人件費を削減しながら「過去最高益」を更新。
小山昇社長が「売上が下がってもいいから、残業を削減する」と発信し、そこから残業削減への取り組みが行われたそう。

その残業削減への取り組みとは・・・

ボーナスアップ

働く時間が短いほど評価が上がり、ボーナス額がアップする仕組みを取り入れたそう。
その取り組みにより、以前は平均60時間ほどだった従業員の残業時間が半分以下にまで減り、売り上げも上がったという。

残業
参照:報道ステーション

各チームごとに残業をしないで早く帰ると、高いポイントをもらえるそう。

社員の方は自分の時間も増えて、さらにお金も増えて、モチベーションに繋がり仕事に取り組めるそうです。

アウトソーシング

パート・アルバイトを入れると約850名に及びますが、なんと経理部門はわずか3名しかいないそう。

さらに、これだけの人数がいる会社なのに、総務はたった一人のみ。
どうして、この状況が可能かというと、アウトソーシング(外注)に補ってもらっているからだとか。

経理も総務も、最少人数でできるのは、社員に完璧さを求めておらず、
経理や総務に求めるスキルが、他の会社が100とするなら、株式会社武蔵野では「90」の仕事をしてくれればいい。

専門的なことや非生産的な作業は、社内でやらずに、その残りの「10」を外注に頼むそう。

どうして、外注に頼むようにしたかというと、担当者をつけてノウハウを覚えても、人事異動で担当者が変わると、またイチからやり直しになるからです。

離職率低下

株式会社武蔵野の代表は、何もかも、すべての仕事を社内でやるべきだと思っていないと話します。
効率がいい仕事・生産的な仕事だけを社内で行い、効率が悪い仕事・非生産的な仕事を外注に頼むようにすることで、ムダな仕事が減らし、残業削減につなげ、社員が早く帰ることができるようになったみたいです。

人が採れない時代に大切なことは、人を辞めさせないこと。

この取り組みによって、新卒採用にも成功し、新人も辞めずに人材育成にも成功しているのだと感じました。

残業削減は採用にも繋がる

残業を減らすことは、社員のモチベーション向上に繋がると証明しているのが、株式会社武蔵野の取り組みだと思います。

株式会社武蔵野のスゴイところは、「奨学金補助制度」や「親孝行手当」など、新卒向けの福利厚生も充実しています。
こういった社員に優しい環境作りをすることで、採用面でも強くなれるのだと、改めて実感しました。

「残業ゼロ」「福利厚生の充実」この2つは採用面でも強いです。


参考資料:yahooニュース「単純で生産性の低い仕事を外注して残業を減らす方法」

電話でお問い合わせお問い合わせフォーム
合わせて読みたい
このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の執筆:廣澤 経営企画チーム 総務

「最近ハマっているお酒のおつまみはいぶりがっことクリームチーズです」

Category

Writer

Media

  • SNS


         

    instagram写真を見る

    Home

    PAGE TOP

    All Rights Reserved / インビジョン株式会社