インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

インビジョンニュース

内定式準備「たこ作り編2」

今週から、凧作りの実践がはじまりました!

作る模様をちょこっとお見せしておりますが、あまりにもちょこっとすぎましたね。雰囲気しかわからない…(涙)
動画配信前日に「とった動画データが無くなっている!!!」という事件が起こり、どうにか最低限用意できたソースだけでつくったら…いきなり始まったかと思えば嵐のように消え去るこの動画が完成しました。反省。

凧の骨組み作り

この日は何をしたかというと、凧の土台となる骨組みを作りました。
IMG_1418IMG_1419
クロスしている実線の部分が骨です。割竹がここにくるわけです。さあ、例のごとく、この日も理系の吉水がひっぱってくれました!
よしみー「根建さんは割竹を切断する部分に印と長さ書いて。」
わたし「はい!!!」(言われるがまま)
「こんな感じ」と見せてくれました。
IMG_1244
私は黙々とこの作業。地道…
よしみーはというと、私が印をつけた割竹をカッターで切っていました。(ちょっと楽しそう…。)この人、子供の時は自分で竹とんぼつくってたらしいです。小学校のイベントとかじゃなくて、日常でつくっていたそうです。昭和な男吉水。「え、家の周りに竹林ないの?」と言われました。無いです。さすが九州男児。(全然そんな風に見えないけど)
IMG_1246
ちまちま長さを図る作業を終え、わたしも竹を切らせてもらえることに!でもいざやってみるとこの作業が結構な難関。最初から任せてもらえなかった理由をこの時理解。硬い竹はもちろんカッターでさくっといくはずなく、かといってカッターで少し線がはいったからと言って手でバキッとやると、竹の繊維にそってさけてしまいそうになります。
そこでどう切るかというと…

①印の部分にカッターで線を入れる、手でほんの少し負荷をかける
②ほんの少し折れてきた部分に沿ってさらにカッターで線を入れる。①と②を繰り返す。

バキっといってぎざぎざにならないように慎重に。だんだん慣れてきてこの表情!
IMG_1253
「よしみー!できたよ!」
すると手作りスタジオ制作が終了し、創作意欲を持て余しているノウチさんが様子を見に来ました。
「俺にもちょっとやらせてよ~!」(子供か!)
やってみるとやっぱり難しかったらしく…
インスタでおなじみ『のうちさんのセルフィー』が始まりました。
INVISION Instagram
IMG_1255
IMG_1260
IMG_1262
そうこうしているうちに切り終わった竹がこちら!
IMG_1422IMG_1421
なんとなくイメージが湧いてきた?!お次は…そう、和紙です!
IMG_1414
この大きさで二個分の凧ができます。ここでの吉水ポイントが一つ。初心者は「方眼付きの和紙」を選ぶこと!ぐんっと作りやすく、正確にできるそう。このへんの機転がさすがです。
IMG_1416
この日の凧作りはここまで!次回、和紙のカットと竹の組み立て、貼り付けを経て凧完成の模様をお伝えします!完成品、かなりいい感じの凧に仕上がります。こうご期待!!!

次回の【広報プレス3分レシピ】

9月28日(月)朝 08:00〜
内定式準備「凧作り完成編」


Invision
Channel

 

【新卒採用の企業課題】最近の小話

ここ最近、内定者フォローの仕方が分からないという企業の声をよく耳にします。
内定者とどんなやり取りをすればいいのか?懇親会、内定式の準備はどんな流れでするのがいいのか?
インビジョンでは、そんな企業の悩みを解決すべく、週に一度、学生の「エントリーから入社まで」の全体のポイントや、各フローで企業のすべきことの意見交換を行っています。10月2日のコラムでは≪懇親会の準備と当日のポイント≫についてお教えしますよ!採用のノウハウとしてためて頂きたいです!
ちなみに。今年のインビジョン懇親会はこんな感じでした↓
内定者懇親会はこれで決まり!内定者と企業を繋ぐ3つの企画【実録】インビジョンの裏側、全部見せます

The following two tabs change content below.

メールでのお問い合わせはこちらへ

Contactコンタクト

ざっくばらんにご相談(無料)ください。