インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

Google for jobs

HRテック

5分でチェック!採用体制の強化でGoogle for jobs、Google Hireの波に乗る

───────────────────────────────────────────

取り急ぎGoogle for jobsについて知りたい企業様へ
Web限定資料公開!

───────────────────────────────────────────

無料資料のダウンロードは↑↑↑
インビジョンでは、採用お役立ち資料を随時更新中!

 

「手っ取り早くGoogle for jobsについて知りたい」「競合他社より先にはじめたい」という方は
ぜひ、ダウンロードしてみてください!

───────────────────────────────────────────

GoogleのHR領域本格参入~採用市場の変化待ったなし~

Googleforjobs GoogleHire

この頃HR業界ではどの記事も【AI採用】か【Google参入】か、
で分けられるくらいには2つの話題でもちきり。(言い過ぎ)

特にGoogleのHR領域参戦に向けてどんな手を打つべきか、ご存知ですか?

はっきり言って「へぇ、そうなんだ」ではもう済まされません。

GoogleのHR領域サービス【Google for jobs】【Google Hire】

Googleの求人情報専門のサービスといえば、Google for jobsと、Google Hireです。

一言ずつだけ説明すると、
Google for jobsとは、Googleの検索結果に直接検索者に合わせた求人情報が出てくるというジョブサーチ機能です。まずは米国でリリースされており、今後拡大が期待されています。

次に、Google Hireは、

「企業が求人情報を登録し、その求人に対する応募を受け付けることができるプラットフォーム」
引用:「海外SEO情報ブログGoogle Hire――求人・転職サイトをGoogleが公開、リクルーティングサイトの脅威になるか?」

です。要はGoogle版求人サイトですね。いまのところ米国企業向けのサービスで今後の展開が注目されています。

採用力の強化=自社採用体制の強化という新常識

Google for jobs、Google Hire、これらにより何が変わるのかというと、
採用力の強化=自社採用体制の強化という傾向が新しい常識になっていきます。

求職者をいかに自社採用ページに集客し、ファンになってもらうか。
そんな採用体制づくりができるようにならなければいけないということ。

採用市場の変化、いよいよ採用力強化が不可欠に

「検索エンジンを使った集客施策から、求職者を考えつくされた自社コンテンツに遷移させ採用する」
という自社の採用体制を強化するタイミングは、まさに今。

そんな今後を見通して、最近のインビジョンでは最強の求人検索エンジンであるIndeedの拡販や、
経営ボードメンバーとの抜本的採用体制づくりをお手伝いさせていただいているわけです。

求人検索エンジンの先駆者、Indeedの強さは自明

a94310ed4de4a08528a026f0badfdb2f_s

Indeedの話になったついでに少しだけ。

「初めに世界最大となったものがひとまず最強」というセオリー

やっぱり最初にシェアを勝ち取ったものがまずは最強、という話で。
Indeedと同様に求人検索サービスを扱うサイトといえば、キャリアジェットやスタンバイなどがありますが、まさにIndeed一人勝ち。
これら求人検索サイトの全体流入数のうち8割以上はIndeedとの情報も。
参考:「SimilarWeb日本公式ブログ:求人検索「indeed」の後は追えない!? 日本国内アグリゲーションサイトの限界」

GoogleのHR領域参入はIndeedとしても想定の範囲内

米Indeedのクリス・ハイアムズ社長は、Googleが求人検索に乗り出すことについて、

「違いがあるとすれば、当社には求職者支援に専念する社員が5000人在籍していることだ。グーグルは巨大な組織だが、職業分野のみに専念する人材はそんなに多くはない。」
引用:@人事グーグルが求人検索サービスを開始 「インディード」社長は競争を歓迎

と、自信をもって競争する姿勢を見せています。

5分でできる!採用ページのクオリティーチェック簡易版

checklist-2313804_600

ではIndeedについてはいったん置いといて、
結局自社採用力の強化って何をすればいいのか、と。

まずは、今の自社採用力がどれくらいのクオリティーか、チェック!

【1】自社採用コンテンツ、充実してますか?

IndeedだろうとGoogleだろうと、集客施策の先にある採用コンテンツ(採用ページ内の記事・採用メッセージや、さらにその先のコーポレートサイトのコンテンツなど)は充実していますか?

「あ、採用ページすら無い…!」と、ドキッとされた方、最短1週間で作れますよ!
こっそりご相談ください^^

【2】GoogleAnalytics、入れてますか?

現在の採用ページにどれくらいの流入があるのか、どこからの遷移が多いのか、などなど現状把握はできていますか?

例えばGoogleAnalyticsなどのサイト分析ツールは自社採用体制のPDCAには不可欠!

【3】集客施策(Indeed)、生きてますか?

コンテンツもしっかり作ったし、現状把握もバッチリという方、さすがです!
あとは求職者にたどり着いてもらうだけ。あと一歩。

Indeedのような求人集客施策、生きてますか?

まとめ:採用ページのクオリティーチェックならインビジョン

Googleforjobs googlehire

Google for jobs・Google HireというGoogleのHR領域本格参入から採用コンテンツの充実、採用ページへの集客施策…。
すでに自社採用体制の転換期に入っているのは明らかです。

変化の中で今までの採用戦略をとりあえず繰り返すのか、
今後の採用市場を見通した採用戦略を立てるのか。
せっかくならインビジョンと一緒に未来ある選択をしませんか?


電話でのお問い合わせは03-5794-5433まで
※クリック or タップで発信します


メールでのお問い合わせはこちらへ



営業のお問い合わせはお電話にてお願い致します。

Contactコンタクト

ざっくばらんにご相談(無料)ください。