インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

HRテック

採用管理システムの市場規模は?中途向け・新卒向けのおすすめ

採用管理システムを導入する企業が増え続け、市場規模は年々増加しています。
一方で採用管理システムを導入してみたいけど、数字的根拠が少ない、なにを導入したらいいかわからないという担当者もいらっしゃいます。
今回は採用管理システムを導入検討中の担当者必見!
採用管理システムの市場規模と中途向け・新卒向けのおすすめを紹介します。

採用管理システムの市場規模は?

採用管理システム市場規模
応募から採用までの流れを一元管理する採用管理システム。ATS(Applicant Tracking System)とも呼ばれることもあります。
最近、採用管理システムについて営業の電話やダイレクトメールが増えてきたと思いませんか?
それもそのはず採用管理システムの市場規模をみれば一目瞭然です。

2017年度は、前年比46.0%増の52.7億円

市場規模は増加
採用管理システムの市場規模について、ミック経済研究所が2月9日に発表した「HRTechクラウド市場の実態と展望 2016年度版」によると「人事・配置」「採用管理」「労務管理」「育成・定着」などを含む2016年度のHR(Human Resources)Techクラウド市場の規模は前年比54.0%増の119.2億円が見込まれているとのこと。
その中でも採用管理システムは人材確保のための情報一元化ニーズが急拡大しており、前年比45.5%増の36.1億円が見込まれている。
2017年度は、前年比46.0%増の52.7億円になると予測を立てています。
参照元:https://japan.zdnet.com/article/35096476/ 

やがてデータ・ドリブン・リクルーティングに

情報一元化のニーズの高まりにより採用管理システムの市場規模は増加しています。
情報一元化とともに注目されているのが採用データの分析です。
人事の推測や経験に基づく勘ではなく、データに重きを置いて分析を行い、より合理的なマーケティングのPDCAサイクルを確立する、
データドリブンマーケティングのリクルーティング版の「データ・ドリブン・リクルーティング」
アメリカでは、「データ・ドリブン・リクルーティング」の概念が確立されていてソリューションも多く存在しています。
世界の人材採用活動にもビッグデータの活用するのが当たり前になってきている風潮がありますが、日本ではなかなか定着していないのが現状です。
「一元管理ができて楽になった」ではなく、「データ分析に基づいた採用活動によって、一元管理を含めた人事工数が楽になった」が理想ですね。

採用管理システム(中途採用向け)

採用管理システム(中途採用向け)
はじめに採用管理システムの中途採用向けを紹介します。
採用管理システムについては、以前のコラムでざっと紹介しました。
今回は【決定版】採用管理システム(ATS)比較・まとめ2017 で登場しなかった採用管理システムを見ていきましょう。

ジョブオプ採用管理

ジョブオプ採用管理
株式会社リクルートジョブズが提供する「ジョブオプ採用管理」。
さまざまな求人広告からの応募を一元管理、応募数の増加、歩留まりの改善、採用業務の工数削減、採用コストダウンなど、
求人・採用業務に関するさまざまな課題をオールインワンで解決できる採用管理システム。
費用は利用人数が増えても、費用が変動しない定額制を採用しています。

Talentio

talentio
株式会社タレンティオが提供する「Talentio」。
採用管理システムの基本である求人・採用業務に関するさまざまな業務のをオールインワン化に加えて、Googleカレンダーとの同期、
Talentioから応募者へスムーズな連絡機能があります。
さらに応募者からのメールに未対応のものがあるとメールボックスに印がつくので連絡漏れを防ぐ機能も実装しています。
料金は月間2万円とやや安め。しかも月間50名の候補者追加までなら無料です。

採用管理システム(新卒採用向け)

採用管理システム(新卒採用向け)
続いて採用管理システムの新卒採用向け。
新卒採用向けの特徴としては採用管理システムと新卒媒体との連携、WEBセミナーが簡単に設定できるなど。
新卒採用向けも【決定版】採用管理システム(ATS)比較・まとめ2017 で登場しなかった採用管理システムを紹介します。

LePMOS

lepmos
株式会社ヒューマンセントリックスが提供する「LePMOS(レプモス)」。LePMOSは「WEBセミナー」を軸としています。
新卒媒体との連携はできませんが、説明会を動画撮影し、WEBセミナーとして配信することができるのが特徴です。
料金はシンプルプラン3ヶ月400,000円、年間プラン700,000円となっています。

i-web

i-web
株式会社ヒューマネージが提供する「i-web」。最大の特徴は「リクナビ」「キャリタス就活」との連携可能な点。
リアルタイムでエントリーデータ自動同期できるおかげもあり新卒採用向け採用支援システムでは導入シェア第1位を誇っています。
7月にはAIエンジンを搭載した「i-web AI」を発表し、10月ローンチする予定です。
料金はその都度問合せで、公表はしていません。

「市場規模が増加」=採用管理システム選びをより慎重に

今回の「採用管理システムの市場規模は?中途向け・新卒向けのおすすめ」はいかがでしたか。
採用管理システムの市場規模が増加しているということはシェアの取り合い、新サービスの登場と、人事担当としてどれを選べばいいか判断に迷うかもしれません。
その際は@採用管理システムは一元管理できる」からの先を見通したときに必要となってくる機能が見えてくるはずです。
短絡的ではなく、採用全体を見渡す視点が必要。ではその視点って具体的に何?と知りたい担当者様は採用マーケティングチームのインビジョンにご相談ください。
(function(){
var w=window,d=document;
s=(‘https:’ == document.location.protocol ? ‘https://’ : ‘http://’) + “app.chatplus.jp/cp.js”;
d[“__cp_d”]=(‘https:’ == document.location.protocol ? ‘https://’ : ‘http://’) + “app.chatplus.jp”;
d[“__cp_c”]=”f2cab6de_16″;
var a =d.createElement(“script”), m=d.getElementsByTagName(“script”)[0];
a.async=true,a.src=s,m.parentNode.insertBefore(a,m);})();

Contactコンタクト

ざっくばらんにご相談(無料)ください。