インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

Indeed関連

Indeed有料掲載|金額を決めるロジックをご紹介

 

こんにちはー!
今日は4月2日新年度の始まりですね!新卒生や4月入社の仲間が増えた!という企業さんも多いのではないでしょうか?^^
(そう言う佐藤もちょうど1年前にインビジョンに入社したわけですが、感慨深いですね、、!)
さてさて!そんな今日のコラムはというと、
「Indeed有料掲載金額の決め方」について!(新年度なにも関係ない)
「Indeedの有料掲載ってどのくらいの金額なの?」ってお問い合わせも多くいただくのですが、
その際にどんな風に金額感を決めてご提案させていただいているか、ご紹介します!

Indeedの料金体系「クリック課金型」

Indeed 金額3

チャージ金額内で、クリックされた時にだけ課金!

Indeedの有料掲載は、「先にチャージをした金額内で、求人がクリックされた分だけ課金される」という料金体制。
これまでの「○週間掲載したら○万円」「1人応募・採用したら○万円」という金額設定とは異なります。
課金のされ方について、詳しくはこちらのコラムに!
今回大事なポイントとしては、その最初のチャージ金額については、自由に決めることができること!
※一回のチャージ金額は12万円〜という下限設定があります。
じゃあどうやって金額を決めればいいのか??
「とりあえず最低金額から、、」では、十分な結果が得られないかも、、!

金額は、「目標値」をどこに置くかによって決まる!

Indeed 金額2

まずは募集背景とこれまでの採用状況を整理

Indeedの金額を設定する際に、まずはこんなことを伺わせていただきます。
「募集する職種は?」
「勤務地は?」
「これまで何人に会ったら1人採用できていたか?」

採用目標と、応募目標を設定

その次に、「いつまでに、何人欲しいか?」という目標を一緒に設定しましょう!
例えば、
「7月の新店舗オープンに向けて、6月中にアルバイトを5人、社員を2人採用!」という採用目標、
それにあわせて、「5月〜6月でアルバイト20応募、社員15応募」という応募目標を設定!といった具合です。
ちなみにこの場合「だいたいアルバイトなら4人に1人、社員なら7,8人に1人採用できる」くらいの採用率ですね。

「想定応募単価」を元に金額をご提案!

目標が決まったら、
Indeedを使った時に「だいたい1応募に何円かかるか」という想定応募単価もとに予算を設定!
例えば、
飲食店アルバイト1応募¥8,000なら ¥8,000×20 = ¥160,000
社員1応募¥12,000なら ¥12,000×15 = ¥180,000
→ ¥160,000 + ¥180,000 = ¥340,000
この場合は2ヶ月で34万円の広告金額をご提案!という結末ですね^^
(一例ですので、企業さんによりご提案金額は異なります!!)
ちなみに、こういうIndeedの金額設定の仕方は、
Indeedの公式ブログでも紹介されていますよっ!

インビジョンオリジナルのIndeedプランもあります!

Indeed 金額4

Indeedトライアルプラン

とはいえ、Indeedを初めて導入する企業様だと、
「目標はあるけれど、まずはどんなもんかやってみたい」という場合も、あると思います。
そんな時には、逆にインビジョンの金額プランからお選びいただくことも。
多くの企業さんにお選びいただくのが、まずはここから!「Indeedトライアルプラン」です。

広告費20万円+運用費4万円プラン

「Indeedトライアルプラン」は
広告金額¥200,000 + 運用金額¥40,000 の合計¥240,000のプランです!
こちら、掲載期間は1ヶ月間を想定しています。
「まずやってみたい」「Indeedからの応募者に会ってみたい」「今の求人の弱点を知りたい」
そんな時はこのプランでスタートっ。

採用数・応募数目標が、設定金額を決める!

Indeed 金額
今回は「Indeed有料掲載金額を決めるロジックをご紹介」と題して
Indeed掲載金額のご提案ロジックをご紹介しました!
インビジョンは、掲載中も「目標に対して現状値はどれくらいか、達成するにはどうすれば良いか」
ひたすら追っていきます!
うちの募集ならどれくらい??と気になった方は、一度インビジョンにご相談くださ〜い!
//

The following two tabs change content below.

【インビジョン広報隊長】ちあき

最新記事 by 【インビジョン広報隊長】ちあき (全て見る)

Contactコンタクト

ざっくばらんにご相談(無料)ください。