インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

Indeed関連

Indeedの有料広告って高い?掲載の料金体系や無料との違いを解説

───────────────────────────────────────────

取り急ぎ、Indeedの料金・実績について知りたい企業様へ
『Indeed無料資料(全3種)をWeb限定公開!』

───────────────────────────────────────────
新規CTA

無料資料のダウンロードは↑↑↑
インビジョンでは、採用お役立ち資料を随時更新中!

 

「手っ取り早くIndeedについて知りたい」「料金・実績について気になる」という方は
ぜひ、ダウンロードしてみてください!

───────────────────────────────────────────

CMソングの定番になりつつある「お仕事探しはIndeed(インディード)、チャッチャ♪」。
CMのセリフでもあるように「Indeedってなに?わからない」状態になっていませんか?

 

この記事では、Indeed有料広告とはどんなものか・利用するメリット掲載料金についてIndeedの代理店であるインビジョンの小山がお届けしていきます。

 

Indeedに興味はあるけれど利用するか迷っている人事や採用担当者の手助けになれば幸いです。

Indeedの有料広告とはどんなもの?

?
Indeedで検索した時に上位表示され集客数がアップするのが有料広告(スポンサーと記載があるもの)です。

【画像:Indeedの求人広告(有料広告・無料広告)】

有料広告と無料広告

増える集客数は無料広告に比べて約5倍。
※この画像は有料と無料広告の違いがわかるように作っています。

あなたもGoogleやYahoo!などの検索エンジンで調べものをする時には、上から閲覧していきますよね。
Indeedを利用する人は月間に約2,070万人いるからこそ、有料と無料では集客数に差がでます

ちなみに、Indeedで掲載されるためには条件をいくつか満たさなければなりません。

indeedの有料広告を利用するメリット3つ

メリット

①採用単価を削減できる

Indeedの広告費はクリックされた分しかかかりませんので、採用単価の削減が可能です。
加えて、Indeedの広告費は企業が自由に設定できます。

Indeed が広告費を決めるのではなく、掲載したい企業が予算に合わせて設定できるからこそ無駄な費用の削減が可能です。

②企業が求めている人材の確保ができる

Indeedで検索をすると、履歴(職種名やキーワード)や場所、その人の状況にマッチした登録されている求人情報を優先的に表示します。

検索者が求めている情報を優先的に表示するようにIndeedが対策をしているからです。

例えば、東京都中目黒に住むAさんと宮城県気仙沼市に住むBさんが“営業”など同じキーワードで検索しても住んでいる場所が違うため表示結果は異なります
求職者と企業のお互いがマッチするような情報を優先的に表示させてくれるからこそ、会社は欲しい人材の確保が可能です。

③どんなユーザーが流入したかのデータがわかる

有料広告を利用している状態で、求職者がIndeedから応募したい企業へクリックすると、どんな検索キーワードを入力したのかなどのデータを確認できます。

データが集まれば、さらに集客数を増やしたり企業が求めている人材の確保ができたりと活用できますし、採用がうまくいかない時に対策することも可能です。

今すぐIndeedについて聞いてみる

Indeedの有料広告の料金体系

料金体系
Indeedの有料広告の仕組みについて解説していきます。

有料広告の料金は15円〜999円で設定できる

上述しましたが、Indeedの広告費はクリック課金制で、いくらにするかは企業が15〜999円から自由に設定できます

ただ職種や業種ごとに相場がありますので、あまり安すぎても上位表示できないかもしれません。
※相場は企業の支払う値段によって変動します

料金はチャージ制

Indeedの広告費は先にお金をチャージ(デポジット)してもらって、クリックされる度にドンドン減っていく方式です。
採用人数を確保できて広告する必要がない場合には電話1本で、いつでも掲載をストップできます。

したがって、余計なコストの削減が可能です。
採用コストを予算内で抑えたい企業は試しに利用してみてください。

クリック単価について詳しく知りたい方はこちらの記事もチェックしてみてください。
Indeedのクリック単価ってどのくらい?相場や業界別の事例をご紹介!

Indeedの有料広告を利用するときの豆知識

豆知識
Indeedの有料広告を利用する際に知っておくべきことをまとめました。

Indeedからの応募は自社の採用ページに移動する

自社に採用ページがあるのなら、Indeedからクリックしてきた求職者をそのページに誘導できます。
【例】
Indeed検索ページ

INVISION
自社のサイトにアクセスしてもらい、気に入ってもらえれば採用率や別のページを見てもらえる可能性がグーンと上がるでしょう。

実は求人サイトもIndeedの有料広告を出稿

上述しましたが、Indeedは自社の採用ページに誘導できるとご説明しました。

厳密にいうと、“採用ページならなんでもOK”(掲載基準はあります)です。

そのため大手求人サイトもIndeedの有料広告を活用して、求職者を集めています。
【イメージ図】
イメージ図

有料広告を使うと特典がある

有料広告には、さらに集客を増やせるFeatured Employer広告を掲載できるという特典があります。
利用できる条件は2つ。

1つ目は、自社の採用ページを持っていることと会社のロゴがあることです。
2つ目は、一定の料金を支払っていること。

【図:Featured Employer】
Featured Employer
会社情報をより正確に求職者に伝えたいならIndeedの有料広告を利用してみてもいいかもしれません。

無料掲載の効果は薄い

直接投稿の機能を利用すれば、Indeed内で求人を無料で載せられますが、有料広告と違って効果は薄いでしょう。
有料広告より下に表示されてしまうからです。

迅速に人員を確保したいなら有料広告でIndeedを利用したほうがいいかもしれません。

応募の人数を増やしたいならindeedの有料広告がオススメ!

それではIndeedの有料広告のメリットのおさらいです。

  • 集客数が約5倍アップ
  • 採用単価を削減できる上に費用を予算内に抑えられる
  • 企業が求めている人材の確保ができる
  • どんなユーザーが流入したかのデータが分かる

求職者を予算内で増やしたいならIndeedの有料広告を使ってみてもいいかもしれません。

Indeedについて少しでも興味がある方は下記からお気軽にご相談ください。

 

 


電話でのお問い合わせは03-5794-5433まで
※クリック or タップで発信します


メールでのお問い合わせはこちらへ



営業のお問い合わせはお電話にてお願い致します。

Contactコンタクト

ざっくばらんにご相談(無料)ください。