インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

採用戦略

求人の応募者を増やす方法は7つある!集まらない理由と時期も解説

「求人を出しても中々応募者が集まらない」
「新規事業を立ち上げるから求職者の応募人数を増やしたい」

 

会社によって理由は異なりますが、何とかして求人の応募者を増やしたいのはないでしょうか。
欲をいえばコストをかけずに求職者が増やせたら最高ですよね。

 

結論からいうと、費用を抑えて応募者を増やすことは可能です。

 

この記事では、費用に合わせた応募者を増やす方法求人が集まりにくい理由、時期についてお伝えしていきます。

 


【費用別】応募者を増やす方法7つ

方法
費用別に求職者を増やす方法をまとめました。

※クリック・タップで読みたい箇所にジャンプします。
無料で応募者を増やしたい方】
ハローワークを利用する
採用ページを強化する
SNSで拡散する

有料でも応募者を増やしたい方】
月に10万円の予算で收めたい方はこちら
月に20万円の予算で收めたい方はこちら
50万円以上かけても応募者を集めたい方はこちら
予算内(自由)に広告費を利用したい方はこちら

①無料でやるならハローワークを利用する

費用をかけないで求人を出したいならハローワークを利用しましょう。

 

ただ複数応募(2〜5社)があまり認められていないため、求人を出しても思い通りに人数を集められないかもしれません。
※複数応募はハローワークの拠点によって数が異なります。

②費用を抑えたいなら自社の採用ページを強化する

求人費を抑えたいなら自社の採用ページを編集してGoogleやYahoo!から応募者の流入を増やすのも1つの方法です。

 

ただしホームページを編集する知識がないと難しいでしょう。

 

他社に採用ページの編集を依頼する場合は、強化度合いで費用は変わります。

ちなみに当サイトを運営しているインビジョンなら月15,000円で採用ページから流入を増やす仕組みを作ることが可能です。※6ヶ月契約から

 

詳しく知りたい方はこちら

③費用をかけたくないならSNSで拡散する

あなたがTwitterなどのSNSで求人を募集すれば、無料で求職者の応募を増やせるかもしれません。
しかし時間をかけても成果が出ないかもしれませんので注意してください。

 

Twitterならお金を支払えば広告を使える

 

Twitterには広告があり、費用はクリックされるたびに費用が発生するシステムです。
※お金は先に振り込む必要があります(チャージ制)

 

ただし画像が表示されただけでは費用は発生しません

 

Twitter広告画像の例
※プロモーションと記載されたものが広告です

 

注意すべきことは、チャージした額に応じて最適な価格が自動的に決定すること。
Twitter広告は思った以上に費用が発生する場合もあります。

 

実際にSNSで応募者が増やせた事例:Twitter

 

当サイトを運営するインビジョンでは、Twitter広告で求職者を獲得できましたので事例をご紹介します。
インビジョン社員紹介
求職者はTwitter広告から採用ページを見て、社員紹介ページの“酒豪”として混ざりたいと応募してくれました。

 

SNSで応募者が増やせた事例:Instagram

 

インビジョンがInstagramで公開している“#広報ガール募集!”の文字と仕事を楽しんでいる写真にビビッときて、メールをしてくれました。
インビジョンInstgram
発信する方法がある今の時代、ホームページの他にSNSを活用するのも1 つの方法です。

 


④5〜10万円の予算なら求人誌を利用する

地域によって費用は違いますが月に5〜10万円の予算が使えるならタウンワークなどの求人誌を利用してもいいかもしれません。

 

求人誌(タウンワーク)への掲載費用は1週間10,000〜19,000円

月に換算すると40,000円〜76,000円の費用がかかります。

 

タウンワーク広告掲載費
引用:タウンワーク 料金について|タウンワーク

⑤月の予算が20万円以上ならネット求人もアリ

求人費用の予算が月に20万円以上使えるなら、リクナビNEXTなどのネット求人を利用してみてもいいかもしれません。

 

1ヶ月の掲載だとリクナビの場合20万円かかります。

 

リクナビNEXTの広告料金
引用:価格(通常企画)|リクルートキャリア

⑥50万円以上の予算があるならイベントに参加する

求職者と直接会って話しをしたいなら費用は50万円以上かかってしまいますが、イベントに参加してもいいかもしれません。
求職者に企業のことをアピールできるチャンスです。

 

ちなみに、2018年6月2日に東京ビックサイトで開催されるキャリタスのイベントでは以下の金額がかかります。

  • ブース(シングル):50万円
  • ブース(ダブル):100万円
  • セミナー:65万円

※現在は終了しています。

⑦予算を自由に決めたいならIndeedを利用する

広告費を自由に決めて採用単価も抑えたいならIndeedを利用することをオススメします。

Indeedの広告費は、上述したTwitter広告と同じでクリックされない限り費用は発生しないシステムです。

 

つまり、求人に興味がある人だけにしか費用はかかりません

 

求人の興味がある人にだけしか費用は発生しないからこそ採用単価を抑えて広告費を使えます

 

Indeedの料金体系について詳しく知りたい人はこちらの記事をチェックしてみてください。
Indeedの料金って安い?支払い方法・料金体系・採用単価の実績を解説

 


求人が集まりにくい理由

落ち込む
求職者が応募しない理由をまとめました。

そもそも求人が見られていない

求人メディアに掲載していても求職者に求人が見られていない可能性があります。

 

というのも、平成30年3月の求人メディアの総掲載数は150万2,458件
(参考:調査発表/求人広告掲載件数|全国求人情報協会)

 

応募者を増やしたいなら、求職情報に求職者が調べそうなキーワードを入れて募集をしましょう。
当サイトのインビジョンなら月15,000円(6ヵ月契約)で採用ページから流入を増やす仕組みを作れます。

 

検索される採用ページを作りたい方はこちら

何年もホームページが更新されていない

求職者は採用ページの他にも応募する会社のコンテンツを見ていますので、できる限りホームページを更新した方が求人は集まる可能性は高い傾向にあります。

 

なお労働条件以外に求職者が気になるのは以下です。

  • どんな人が働いているか
  • 社風はマッチしているか
  • 具体的な仕事内容

他社と差別化を図るホームページを作り、求人の応募の数を増やしましょう。

時期に合わせた対策が弱い

決まった月だけでもいいので、時期に合わせた対策をしないと求職者を集めにくいかもしれません。

求職者の応募状況は月によって変化するからです。

 

月によって求人情報の内容を変えたり集まりにくい時期は広告費を多くしたりするなどの対策をしないと、希望する応募者の人数の獲得は難しいでしょう。

求人が集まりにくい時期

時期
以下に求職者の応募が少ない時期をランキング形式でまとめました。

1位:11月
2位:1月
3位:8月

中途採用の募集が多い月
引用:中途採用の募集が多い月|DODA

結果、ボーナスをもらった後や年末は求人が集まりにくい傾向にあります。

求人は費用を抑えても増やせる!

それでは、費用ごとに求人を増やす7つの方法のおさらいです。

  1. ハローワークを利用する(無料)
  2. 自社の採用ページを強化する(無料 or 予算次第)
  3. SNSで拡散する(無料 or 予算次第)
  4. 求人誌を利用する(月5〜10万円)
  5. ネット求人を利用する(最低月20万円)
  6. イベントに参加する(50万円)
  7. Indeedを使う(予算内)

 

予算に合った金額でいずれかの方法を試してみてください。

 

また現在は多くの求職者がネットで企業情報を確認しますので、採用ページはできる限り強化することをオススメします。

 

採用ページを強化したい方やIndeedについて知りたい方は下記からお気軽にお問い合わせください。


 


電話でのお問い合わせはこちら↓↓↓

※クリック or タップで発信します


採用活動に関するご相談はお気軽に

Contactコンタクト

Invisionは採用に関するお困りごとを解決。お気軽にご相談を