インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

採用戦略

インバウンドマーケティングを活かした採用手法をご紹介します!

インバウンドマーケティングとは、ブログやSNSなどを利用して潜在的に興味のある人へ呼びかけて顧客にするマーケティングのこと。
インターネットを駆使したインバウンドマーケティングを活用すれば潜在層(※)に呼びかけられるので採用力を強化できる傾向にあります。
(※)潜在層・・・自分たちのことを知らない人

そこで、今回はインバウンドマーケティングを活用して応募者を増やす採用手法をご紹介します!

インバウンドマーケティングのポイント3つ

インバウンドマーケティングで大事になるポイントを3つお伝えします。

ポイント1:ターゲットを決める

まずインバウンドマーケティングでやることは、具体的にターゲットを決めることです。

  • 年齢層
  • 就活生 or 転職者
  • 未経験 or 経験者 など

多くの人に知ってほしいか、企業にマッチした人に出会いたいかの目的も重要になってきます

ポイント2:戦略を立てる

ターゲットはどうすれば自社を知ってくれるのかを戦略を立てましょう。

【例】

  • 若い人に知ってもらいたい:SNS・動画配信
  • 多くの学生に魅力を感じてほしい:InstagramやTwitterなどで自社らしさを配信
  • 新卒を採用したい:LINEアカウントを作成し、友だちになってもらいメッセージを送る など

ターゲットに合わせて戦略を立てるのがポイントです。

ポイント3:データを分析する

インバウンドマーケティングで大事なのはデータを分析して改善を繰り返すこと。
データを分析することで、【ターゲットからの応募はあるのか・今の方法で応募者を増やせているか】は一目瞭然です。
効率の良い採用ができるのがインバウンドマーケティングといえます。

インバウンドマーケティングを活かした採用手法

具体的な採用手法をご紹介します。

SNSで応募者の興味をそそる

潜在層に認知してもらうためには、多くの人が利用しているSNSが効果的です。
SNS利用率は2016年時点で全世代の71.2%。
20・30代に限定すると約95%がSNSを利用していることが分かっています。


引用:SNSがスマホ利用の中心に|総務省
若い人を採用したい企業様はSNSを活用してみてください!

(関連記事:SNSの求人募集機能の紹介&採用への活用方法)

ブログを書いてコーポレートサイトのアクセスを増やす

ブログを書くのもインバウンドマーケティングの1つ。
ターゲットが興味のありそうなブログを書くことで、潜在層から訪問してもらえる可能性が高いからです。
ブログで、あなたの会社へ興味を持ってもらえれば応募へとつながります。

Indeedを使い検索エンジンからコーポレートサイトへ流入させる

Indeedを使うことで、あなたの会社のサイトを見てもらえるかもしれません。
Indeedに登録すれば、求職者がGoogleやYahoo!で職種などを検索したときに下記の画像のように表示されるからです。
求職者情報に検索されそうなキーワードを載せる必要があります。

グーグル

Indeedのページへジャンプして、そこからあなたの出している求人情報をクリックすることで企業のコーポレートサイトへ移動できます

indeedについて興味を持たれた方はこちらの記事もチェックしてみてください。
Indeedパーフェクガイド|仕組み・メリット・費用・実績を徹底解説

インバウンドマーケティングを活用して応募者を増やす!

人材不足で悩んでいるならSNSやブログ、indeedなどを活用したインバウンドマーケティングで応募者を獲得しましょう。
潜在層の方にも興味を持ってもらえますので、今より多く人と繋がることができます。
またインバウンドマーケティングは会社の資産になりますので今後の採用にも活用できるのも強みです。

The following two tabs change content below.

Contactコンタクト

ざっくばらんにご相談(無料)ください。