インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

HRテック

HRtech は人事の強い味方!

どーも!インビジョンの新井でございます!
東京の方も梅雨に入りましたね。梅雨はあまり好きじゃないです。。。
今回のコラムは「HRtech」について。
HRtechなんて聞いたことがないし難しそうと思ってる人事にはぜひ読んでいただきたいです!
HRtechの基本情報からオススメのHR techサービスまでご紹介します!

HRtechについて

事例

HRtech とは

最初にHRtechとはどういうものなの?というところから説明していきます。
HRtechは造語でこれを分解してみると
HR=Human Resources+Technologyになります。
人工知能やビッグデータ解析、クラウドなどのテクノロジーを使って
採用・育成・評価・配置など人事業務の効率化と質の向上を目指すサービス全般を指します。
要するに最先端のテクノロジーを使って人事業務の負担を減らして
「人事を助けよう!」といったところですね!

HR techがなぜ必要?

ファースビュー
海外では以前からHRtech導入に活発な動きをみせていました。
しかし日本でもここ数年でHRtechへの関心は高まっています。
HRtechが必要とされる背景は大きく3つほどあります。
1.クラウド型サービスやテクノロジーの普及
以前は各種テクノロジーなどは先端技術者のみが使いこなせる特別なツールでしたが
現在では特別な知識や技術がない人でも使えるツールが増えた。
2.人材の多様化
これまで多くの日本企業は国内の人材獲得に注力してきました。
しかし最近では国内外の優秀な人材獲得にシフトしている企業が増えた。
グローバルに視野を向ける企業が増えたため多様なバックグラウンドを持つ人材確保を求められている
3.デバイスの変化、発展
スマホやタブレットの普及が増えたので会社にいなくとも
サービスを使えるようになったのも理由の1つです。
いつでもどこでもデータ管理がようになりました。

HR techは具体的に何ができるようになるのか?

人事データの可視化


これまでは人事データは人事の肌感覚で行われていてブラックボックス化されてたケースが多かったのですが、
それらを正確な数値として目に見えるようにできます。
全員がデータを数値で見ることができ、情報共有ができるのがHRtech導入の利点です。
例えば、人事評価制度の詳細を正確な数値で全員に情報共有できるようになります。

勤怠管理を一元化

社員の勤怠管理、有給取得などHRtechを使えば全て一元管理できるようになります。
出退勤時間、残業時間などを全て見える化できます。

そのほか様々な形で人事を助けます

社員のモチベーション管理、採用管理など様々な形で人事業務を助けてくれます!
いちいちエクセルで社員データ、採用を管理するのが面倒臭いと思ってる方もいるでしょう。
HRtechはそんな人事のお悩みを解決してくれるツールです。

オススメのHR techサービスをご紹介!


HRtechと言っても様々な種類があり、それぞれ特徴があります。
数ある中でオススメのHRtechツールをご紹介していきます!

BetterWorks

BetterWorksは、ゴールを「見える化」でき、従業員の目標設定やその進捗がリアルタイムで把握できます。
HRtech導入しないと各個人の目標値とその進捗を正確に把握するのは難しいですよね。
実際にその進捗状況から達成に向かうために作戦を立てたりと現状の把握から将来を見据えての可視化ができます。
個人目標だけでなく、会社全体の目標進捗の確認。
さらに従業員エンゲージメントやパフォーマンス向上の改善に向けて、従業員のあらゆるデータをもとに事前に分析可能です。

Work day

ワークデイは人事領域のみならず、財務領域、そしてそれらの分析をひとつのプラットフォームで行えるツールです。
人事関連、福利厚生、タレントマネジメント、リクルーティング、給与計算、タイムトラッキングをカバーする人事管理、
そして収益や経費、調達などをカバーする財務管理の機能を備えており、
それらが1つのプラットフォームに統合されているため、導入企業は各領域の自社のビジネスプロセスを効率化できます。

HUE

HUEは、AIやビッグデータを組み込んだ世界初の人工知能型ERPシステムです!
企業内に眠る膨大な業務のログを解析・学習し、
社員が次に入力する情報を予測でき、それに加えてクリックのみで帳票や分析レポートが作成できます。
また、人事や会計のデータをエクセルシートのように、追加・削除、並び替えをしてくれて
その結果が、そのままデータベースに反映されます。
またグローバル化にも対応しています。

HR techで人事はより生産性が上がる!


HRtechは人事業務をテクノロジーを用いてお手伝いしてくれるツールですが、
範囲が広いので今回のコラムでは全部をお伝えするのは難しかったですが少しでも
参考にしていただければと思います!
ぜひ、HRtechを導入して事務的な面では打ち込み作業、事務作業を短縮し、
社内マネジメントにも有効活用し、生産性を上げましょう!

The following two tabs change content below.

Contactコンタクト

ざっくばらんにご相談(無料)ください。