インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

チーム・組織開発

【働き方革命】リモートワーカーが語る。リモートワーク問題点とは

リモートワークを導入したいけれど、いろいろと問題もあるという意見を聞いたことがあって、挑戦してみようかどうか迷っていませんか?

「よくあるリモートワークの問題、実際のところどうなの?」という疑問を、当サイトを運営しているインビジョンで実際にリモートワークをしている筆者の経験をお伝えしていきます。

勤務面の問題

勤務面の問題

労働時間は長くなるのか

リモートワークは慣れるまで労働時間以上に作業をしていました。

しかし少しずつ作業ペースを上げられるようになり、時間のコントロールが上手に。
リモートワークの経験がないなら、自分のペースを安定させるまで少し時間がかかるかもしれません。
最初のうちは、会社の人と綿密にコミュニケーションをとって仕事の仕組みを覚えて労働時間を短くできるように心がけましょう。

勤怠管理はキチンと行えるのか

リモートワーカーは勤務をしているかどうか会社側は確認できませんが、勤怠管理はキチンと行えます。
筆者の場合は、クラウド型タイムカード(ネットで入力できる勤怠システム)に労働した時間を入力しているからです。
このように働いた時間をクラウド型タイムカードに入力するだけなので、リモートワークでも勤怠管理はしっかり行えます。

効率は良いのか悪いのか

私は家で仕事をしていますが、ハッキリ言って会社で働いていた時より効率は悪いかもしれません。家だと集中力が欠くことが多いからです。

しかし、リモークワークをしているうちに効率良いルーティンや方法を発見できました。
今ももっと効率を良くするにはどうすればいいのかを模索中しています。

イギリスのカーディフ大学の調査によると、リモートワーカーは怠けていると思われたくないという傾向にあるので必要以上に努力し、オフィスで働く人と比べ生産的だという結果も出ています。

コミュニケーション面の問題

 コミュニケーション面の問題

リモートワーカーは孤独なの?

筆者はリモートワークで作業していても孤独を感じることはありません。
筆者の場合、リモートワークの友人がいるので悩みをシェアできるからです。

悩みをシェアできる友人がいない場合は孤独を感じるかもしれません。
しかし企業によっては、社内やチームのKPI(業績評価指標)をリモートワーカーにも共有し、同じ目標に向かって進むという意識を高めて孤独を減らす方法もあります。

会社からの疎外感は感じるのか?

筆者が疎外感をそんなに感じないのは、インビジョンへ訪問したことがあるのが大きいです。
実際にインビジョンの人達と会っていなければ、疎外感を感じてしまうだろうし信頼感もないかもしれません。
信頼感があると多少のコミュニケーション不足もカバーできますし、問題が起こっても相談しやすいです。

リモートワークをしたいのであれば実際に会社へ足を運んでみてはいかがでしょうか。
もし難しいのであれば、skypeなどのビデオ通話で定期的に顔を合わせもいいかもしれません。

筆者はインビジョンでリモートワーカーを始めた頃、自己紹介ビデオを社員の方々に見ていただく機会がありました。
自分のことを会社の方が知ってくれているだけで何かと心強いです。

コミュニケーション不足について

リモートワークで問題になりがちなのがコミュニケーション不足。
コミュニケーションがうまく取れていないと問題が起こることも少なくありません。
リモートワークで問題を起こさないためにも円滑なコミュニケーションは大切です。

例えば、メールなどの文字だけではなくビデオ通話を定期的に行いましょう。
すると文字でのコミュニケーションより信頼や安心が生まれます。

リモートワークの問題を防ぐためにしていること

リモートワークの問題を防ぐためにしていること

本音で話す

リモートワークであっても本音で話すことは必要です。
例えば無理なものはNoとハッキリ言いましょう。
最初のうちは“何でも仕事をこなさなければ”という意識は強く受け入れていました。

しかし無理なことも受け入れてしまうと、仕事の効率は落ちてしまいますしストレスも溜まります
結果、リモートワークを辞めたという人も少なくありません。

全てを受け入れなくなってから余裕も生まれ、とても働きやすくなりました。
信頼関係があるからこそ本音も言い合えるので、普段のコミュニケーションは大切です。

積極的になる

何か分からないことがあったら積極的に連絡することを心がけています。
確かに1人で調べて分かるようになるのも大切です。
しかしずっと1人で悩んでいても時間だけが過ぎるだけ。

積極的に行動することでコミュニケーションが取れますので、何か問題が起きる前に解決できます。

自分を管理する

リモートワークという形態で働く以上、自分の管理は必要です。
自分の管理がしっかりできていないと仕事は全然進みません
作業が進まないと、せっかく仕事を任せて頂いているのに会社に迷惑をかけてしまいます。

会社に迷惑をかけないためにもタイムスケジュールを組むなど管理しましょう。
キチンと管理すれば、リモートワークの進捗遅れ問題などを回避できます。

リモートワークの問題点は『安心感』で解決できる

 リモートワークの問題点は「安心感」で解決できる
筆者は、オフィスから遠く離れて1人でやっているけれど安心感があるからこそ、問題が起きても“相談しよう”という気になれます。
1人で作業をモクモクしていても安心感は生まれません。

会社のサポートがあるからこそ信頼が生まれ、安心感に繋がります。
リモークワークであっても会社の人と定期的にコミニュケーションを取り、安心して働ける環境作りが大切です。

The following two tabs change content below.

メールでのお問い合わせはこちらへ

Contactコンタクト

ざっくばらんにご相談(無料)ください。