インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

チーム・組織開発

働き方改革とはどんなものでいつから?影響・デメリットをQ&Aで解説

「よく耳にはするけど、そもそも働き方改革って何?」
「働き方改革って、いつから始まるの?」

世間で話題に上がることの多い働き方改革
イマイチどんな改革なのか分からない人も多いのではないでしょうか。
どうせ調べるのなら手っ取り早く知りたいですよね。

そこで今回は、働き改革をQ&A形式でよくある疑問をまとめてみました。
ピンポイントで働き方改革のことを知りたい人は参考にしてみてください。

Q1:働き方改革とは?

特徴
A労働者が働きやすくなる環境を作る改革のことです。

例えば、会社への出社回数・1日の労働時間を減らしたりなど、国民1人1人にあった働き方で仕事の生産性の向上を目指します。
現在(※2018年6月)多くの企業が、労働者を会社に週5日出社させて1日8時間の勤務をさせていますが今後はどうなるか分かりません

つまり働き方改革とは、労働基準法などの働き方改革関連法案(※)を変えることで、労働者が働きやすくする環境を整えています
(※)働き方改革関連法案・・・労働基準法・労働時間等設定改善法・労働契約法などの8つの法律を改正する案

働き方改革関連法案の8本を知りたい人はクリックしてください
  1. 労働基準法
  2. 労働時間等設定改善法
  3. 労働契約法
  4. 労働安全衛生法
  5. 労働者派遣法
  6. 雇用対策法
  7. パートタイム労働法
  8. じん肺法

Q2:働き方改革っていつから?

A:現在(※2018年6月)の段階では、早く施行される制度で2019年4月予定です。
ただ大企業と中小企業では施行期間に違いがあります。
表にしましたので参考にしてください。

働き方改革 中小企業 大企業
高度プロフェッショナル制度(※1) 2019年4月 2019年4月
裁量労働制(※2)の拡大 2019年4月 2019年4月
時間外労働(残業)の上限規制 2020年4月 2019年4月
同一労働同一賃金 2021年4月 2020年4月

(※1)高度プロフェッショナル制度・・・高収入(年収1075万円)の一部専門職を労働時間規制の対象から外す制度
(※2)裁量労働制・・・業務の遂行方法が大幅に労働者の裁量に委ねられる一定の業務に携わる労働者について、労働遂行手段や時間配分を個人の裁量で決定してもよいとする制度

Q3:働き方改革が社会に及ぼす影響って?

A過労死を防いだり正社員と非正規社員の隔たりをなくしたり能力がある人はドンドン稼げる仕組みが構築される社会になります。

簡単にいうと、今までの年功序列という仕組みは減り、アメリカみたいな成果主義に近い社会になるでしょう。

(基本理念)

第二条 労働者の職務に応じた待遇の確保等のための施策は、次に掲げる事項を旨として行われなければならない。

 

一 労働者が、その雇用形態にかかわらずその従事する職務に応じた待遇を受けることができるようにすること。

 

二 通常の労働者以外の労働者が通常の労働者となることを含め、労働者がその意欲及び能力に応じて自らの希望する雇用形態により就労する機会が与えられるようにすること。

三 労働者が主体的に職業生活設計(職業能力開発促進法(昭和四十四年法律第六十四号)第二条第四項に規定する職業生活設計をいう。次条第三項及び第八条において同じ。)を行い、自らの選択に応じ充実した職業生活を営むことができるようにすること。
引用:労働者の職務に応じた待遇の確保等のための施策の推進に関する法律第2条

長時間労働の見直しについて知りたい人はクリックしてください

①休日労働を含み、2か月ないし6か月平均で 80 時間以内
②休日労働を含み、単月で 100 時間未満
③原則である月 45 時間(一年単位の変形労働時間制の場合は 42 時間)の時間外 労働を上回る回数は、年6回まで

引用:時間外労働の上限規制等について(建議)|厚生労働省

Q4:働き方改革のデメリットとは?

失敗事例
A給料が安くなる可能性があります。
長時間労働が制限されることにより残業代が減るからです。

他にも働く時間が制限させることにより、優秀な人材へ仕事が回ってくる可能性もあります。

労働者の時間が制限されることで、管理職や経営者が長時間労働することになるかもしれません。

Q5:働き方改革の事例って何かある?

A:働き方改革の事例はフレックスタイム制朝型勤務などのことです。
今までの働き方を変えることで仕事の効率や育児との両立を目指します
表にまとめましたので参考にしてください。

働き方改革の制度 意味
フレックスタイム制 1カ月の労働時間を自由に設定できる制度。
ただしコアタイムという必ず働かなければいけない時間もある
朝方勤務 残業を禁止して早い勤務から業務を行う制度。
生活を改善させて仕事効率を上げられる
在宅ワークの導入 企業によって週の回数は異なりますが在宅で仕事をする制度。
通勤のストレスをなくしたり、1人で集中して作業ができる
短時間勤務 3歳未満の子供がいるときに利用できる制度。
労働時間を6時間にすることで育児の負担を減らします。
育児休暇 子供を産んだときに会社を欠勤しても給料が受け取れる制度。
ただし給料の金額は、今まで受け取った金額の50〜67%です。
※期間によって受け取れる金額は変わります。

働き方改革とは労働者の労働環境を救うもの!

働き方改革は2019年から本格的にスタートします。
ただし企業が実行しなければ根本的には改善しません。
実行しない企業は社員が離れていくかもしれませんので、できるだけ取り入れて気持ちのいい環境の中で労働者に働いてもらいましょう。

The following two tabs change content below.

【インビジョン広報隊長】ちあき

最新記事 by 【インビジョン広報隊長】ちあき (全て見る)

Contactコンタクト

ざっくばらんにご相談(無料)ください。