インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

採用戦略

海外データから見るリファラル採用のメリット

リファラル採用とは?

リファラル採用とは

リファラルとは紹介や推薦のこと

リファラル(Referral)とは紹介や推薦(された人)という意味です。
ビジネスでは選考の際に誰かを推薦する・されるという場面でよく使われます。

リファラル採用とは友人や知人を紹介すること

リファラル採用とは、社員が友人や知人を会社に推薦をすること。
Jobvite(アメリカの企業)の調査によると、アンケートに答えてくれた60%が勤め先で友人・知人を推薦した経験がありました。

また60%の中の35%が友人・知人の推薦で入社しています。

リファラル採用のメリット

リファラル採用のメリットは時間費用をかけないで済むという点です

通常の採用ですと、求人の掲載やエージェントへの委託などの費用や面接の時間がかかります。

しかしリファラル採用は、会社をよく知る信頼のある社員が推薦してくれますので、履歴書や面接でも確認程度で済みます

リファラル採用をする社員のメリット

リファラル採用社員のメリット

採用プロセスが短くて済む

上述しましたが、リファラル採用は時間をかけないで済むメリットがあります。

  • リファラル採用:29
  • 求人掲載:39
  • キャリアサイト:55

この結果は、Linkedin(シリコンバレーの企業)の調査から分かりました。

また会社や業務内容も紹介者から説明を受けているのも採用プロセスが短くて済むポイントです。

仕事に慣れるのが早い

リファラル採用された社員が仕事になれるのが早いのは、会社に対してのイメージが既にあるからです。

上述しましたが、会社を紹介してくれた社員から仕事内容や職場環境について説明を受けています。
会社の業務内容をイメージできた上で働いているので、仕事の飲み込みが早いです。

友人・知人が職場にいるのも仕事に早く慣れる要素になっています。

離職率が低い

リファラル採用で会社に入社した社員は離職率は低い傾向にあります。
Firstbird(ドイツの会社)の調査によると、社員の保持率は以下です。

  • リファラル採用:45%
  • キャリアサイト:33%
  • 求人掲載:22%。

社員の定着率は、求人掲載に比べてリファラル採用だと約2倍。

実際に働いている社員から業務などについて聞けますし、紹介する人も一緒に働きたい方を選ぶからです。

リファラル採用導入法

リファラル採用導入法

準備段階

リファラル採用の準備するべきことは社員に求めている人物像や業務内容を理解してもらうこと
紹介する人に、社員が会社のことを説明するからです。

リファラル採用をするときは、どんな人材が必要かを明確にして社員に伝えましょう。
メールのテンプレートなどで採用プロセスを作っておくと、スムーズにリファラル採用ができるでしょう。

リファラルボーナスプログラム

リファラルボーナスプログラムとは、友人や知人を紹介してくれた社員に報酬が入るシステムです。
報酬はお金のケースが多いですが、企業によっては有給の場合もあります。

リファラル採用で効率よく良い人材を獲得する

リファラル採用で効率よく良い人材を
会社に適した人材の確保ができる上に、時間や採用コストを抑えられるリファラル採用。
海外では日本より採用に人と人との繋がりを重要視している傾向にあります。
インターネット上で簡単に人材を探せる現在だからこそ、人づてに紹介してもらえるリファラル採用の導入を考えてみるのはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.

【インビジョン広報隊長】ちあき

最新記事 by 【インビジョン広報隊長】ちあき (全て見る)

Contactコンタクト

ざっくばらんにご相談(無料)ください。