インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

戦略人事・経営

マーケティングリサーチを採用に活かす!?

今回はマーケティングリサーチについてです!
いかに良い製品、サービスがあったとしても
消費者のニーズに合わせたマーケティングをしないと売れる見込みが低いですよね。
採用に関しても同じように言えます。
一般的には物販として使われるマーケティングリサーチですが、採用活動に活かす方法をご紹介していきます!人事必見です!

マーケティングリサーチについて

マーケティングリサーチとは?

まず、マーケティングリサーチについてご紹介します。
マーケティングリサーチとは、
企業が商品開発や、マーケティング施策を行うにあたって、ユーザーから情報を得る調査です。

自社の商品、サービスを効率よく売るために、マーケティング施策を取るのが一般的です。
しかし、消費者ニーズ、ターゲットが明確でないと、マーケティングではなく、「企業から一方的に売りこむ」という形になってしまいます。
そんな時に役立てられるのが、マーケティングリサーチ。
主にアンケート、webサービスを用いて、ユーザーの動向や、ニーズを掴めます。

マーケティングリサーチで得られる情報

ユーザー、ターゲットから得られる情報は大きく3つです。
「なぜ?」「どのように購入?」「購入後のリアクションは?」
このように様々な視点から、消費者の動向を調べられます。
一気に調べるのは範囲が広すぎて大変なので、リサーチを行なう前にあらかじめ優先順位をつけておくのがオススメです。

マーケティングリサーチのメリット


マーケティングリサーチのメリットは、
消費者やユーザーが何を考え、どのように行動しているか、その行動に移す背景は何なのか。
これらを把握できておくと実際にマーケティングを行なう際に非常に手を打ちやすいです!

マーケティングリサーチの手法は?

ファーストビュー
「マーケティングリサーチできたら、そりゃ良いよね〜」と思われましたよね?
実際にどうやってマーケティングリサーチするのかご紹介します!

定量調査でグループごとの特性を掴む!

定量調査は、複数のユーザーから聞き出し、グループごとの傾向や、特色を掴みます。
つまりターゲット、属性ごとに大まかなデータを取れます。
主に複数のユーザーに向けて、アンケート調査を行ない、情報量を多く取るのを目的とします。

定性調査でよりリアルな情報を引き出す!

定性調査は定量調査とは反対に、よりリアルな情報を聞き出します。
例えば、商品に対する個人の感想やイメージ、定量調査では聞き出せない部分を聞けます。
主に用いられるのが、インタビューなどです。
これらは、定量調査のようにデータ化出来ないところです。
定量調査と定性調査をうまく合わせましょう!

マーケティングリサーチは採用にも活かせちゃいます。


ここからが本題!
マーケティングリサーチをどのように採用に活かせるのかをご紹介します!

採用におけるマーケティングリサーチについて

物販マーケティングではターゲットはユーザー、消費者でした。
採用におけるマーケティングでは、ターゲットは求職者になります。
採用ターゲットにいかに自社の魅力を伝えられるかが肝になります。

採用ターゲットの選定

採用におけるマーケティングリサーチを行なうためにはまずマーケティングするターゲットの選定が大前提となります。
つまり採用ターゲットの選定ですね。
ここがブレてしまうと、誰に何をどのように伝えて良いかわからなくなります。
当たり前のことですが、自分たちはどのようなターゲット属性をどの部署で何人必要なのか?
それらのターゲットはどういう行動傾向があり、どのような会社で働きたいか?希望の働きかたは?
を確認しておく必要があります。

在籍している社員の特色を把握する

採用ターゲットを選定すると同時に、今在籍している社員にアンケートなどを取りましょう。
どのようにマーケティングすれば良いのか参考になります。
ターゲットと社員の傾向の重なるところがマーケティングリサーチの重要な部分になります。
具体的には、なぜここで働こうと思ったのか?どのようにこの会社を見つけたか?実際働いてみてどうか?
この会社の何に満足?どこが不満?会社の方向性、つまり理念、ビジョンに共感できてる?
など各社員のリアルな情報を提供してもらいましょう!

採用もマーケティングリサーチが必須です!


今回はマーケティングリサーチの説明から実際に採用活動にも活かしてみる!
といった内容でご紹介させていただきました!
人事、採用担当の方は日々採用って難しいと思われる方も多いと思います。
昔だと、求人広告出しておけば比較的楽に採用ができたけど今はそう簡単にいかない。。。
そんな時は一度自社の採用活動の見直しましょう!
自分たちが求めてるターゲット、在籍している社員の特色、現時点でどこに何人欲しいのか
あらためて考えて見てください!
そうすれば効果的に採用ターゲットにアプローチできます!
それが採用におけるマーケティングリサーチです!

The following two tabs change content below.

【インビジョン広報隊長】ちあき

最新記事 by 【インビジョン広報隊長】ちあき (全て見る)

Contactコンタクト

ざっくばらんにご相談(無料)ください。