インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

その他

5分でわかる!マーケティングとは?

「マーケティングって何か説明してみて?」と言われてスラスラと説明できる人は意外と少ないのではないでしょうか?

ビジネスにおいてかかせない要素である『マーケティング』。まずは『マーケティングの意味』、『マーケティングをする理由』、『主なマーケティングの手法』を5分間で押さえていきましょう!

マーケティングの意味

原因と特徴

マーケティングとは、”営業活動をしなくても売れる体制をつくること”です。究極を言えば、こちら側から、いい商品だよ、買ってね!という直接的なアクションをしなくても、お客さん側から勝手に買いにきてくれるような状態を作ること。

とはいえ全く何もしない、ということではなく、商品を買いたくなるようなWEBページを用意したり、商品に興味を持ちやすい人に向けて広告を打って認知を広げたりします。(具体的にはのちほど)
ひたすら効率的に成果が得られる体制を作っていくこと、とも言えますね。

〜ここまで1分〜

マーケティングをする理由

豆知識

なぜマーケティングをする必要があるのか?
先ほども少し触れましたが、とにかく効率的に成果が得られる体制を作るためにマーケティングをします。
最終的には営業活動にかけるコストや工数をいかに少なく、かつ質の高いユーザーと繋がりを持てることが、そのまま利益になるからです。

みんながマーケティング、マーケティングと騒ぐ理由がわかりますよね。
では、その大事なマーケティングって、どうやってやるんでしょうか??

〜ここまで1分30秒〜

マーケティングによく使う3つの手法をご紹介

①WEB広告

一つめはWEB広告を使ったマーケティング。

WEB広告と言っても様々ですが、身近なものでいうと
”リスティング広告”と”ディスプレイ広告”ではないでしょうか?

簡単に説明すると・・・
リスティング広告=検索した時に一番上に出てくる【広告】がついた箇所
ディスプレイ広告=サイトを見ている時に右端や一番下に出てくる画像・動画などのバナー広告
と言ったところでしょうか。(もちろん種類は色々)

広告をまいておいて、それらをクリックした人が用意したページに飛んできて、そこでサービスを利用したりお問い合わせをしたりするわけですね。

②SNSマーケティング

2つめは、SNSを使ったマーケティングです。

今やSNSは立派なビジネスツール。タイムライン常に広告を流すこともできれば、強い影響力を持つ”インフルエンサー”にPRをしてもらうこともでき、なによりお金をかけずに特定のページをシェア(拡散)することもできます。

とはいえTwitterやInstagramなどはプライベート利用が多く、そもそも興味関心の強い層にアプローチできるため、BtoCの購買マーケティングの手法に選ばれることも多いようです。

③SEOマーケティング

3つめは、SEOマーケティングです。

これは一番わかり安い手法かもしれません!
SEOとは、”ググった時に一番上に来るようにする”マーケティング手法です。だって一番上に出て来るサイトって、とりあえず見ますよね?笑

そのためには、ひたすらトライアンドエラーを繰り返して質の良いWEBサイトを作る必要があるので、わかりやすいわりにはとっても手がかかる手法だったりします。

〜ここまで4分〜

マーケティングとは、売れる仕組みを作ること

ネットワーク

今回は『5分でわかる!マーケティングとは?』と題してお送りしました!

まとめ

  • マーケティングとは、”営業活動をしなくても売れる体制をつくること”である。
  • 効率的に成果が得られる体制を作るためにマーケティングをする。
  • WEB広告・SNS・SEO、様々な手法がある。

これで、いつ『マーケティングとは?』なんて質問がきてもバッチリですね^^

〜はい、5分!〜

The following two tabs change content below.

Contactコンタクト

ざっくばらんにご相談(無料)ください。