インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

人材採用

新卒

人事向け!新卒採用と中途採用の違いとは

どーもインビジョンの新井です。
今回は、新卒採用と中途採用の大きな違いをご紹介していきます。それぞれのメリット、デメリットを中心に書いてます。人を増やしていきたいけど新卒採用と中途採用どっちが良いの?そんな時に見ていただきたいコラムです。

新卒採用のメリット

ファーストビュー
まずは新卒採用のメリットについてです。

大きなマーケットからの大量採用が期待できる

新卒採用は基本的には、毎年3月に卒業する学生をある程度決められたスケジュールに則って採用活動ができます。人事としては計画的に進めやすいですね。

新しい発想が期待できる

長期的に会社を続けていく上で社員の若返りは必須です。一番の魅力は、年齢だけではなく若い人が入ることによって若い人ならではの今までにない新しい発想や価値観も期待できます。

将来大きな戦力になる可能性が高い

新卒採用は基本的にポテンシャル採用です。
しっかりと教育や経験を積ませれば、将来は大きな戦力になるのが期待できます。
所謂いい意味で古株みたいな感じになれます。
企業理解の高い幹部が増えるのは、会社としても次の新人教育につながるので、そういった社員を増やすためにも手厚く教育していきましょう!

新卒採用のデメリット

失敗事例
次に新卒採用のデメリットのご紹介です。

即戦力としては期待できない

先述した通り、新卒採用はポテンシャル採用なので即戦力としては期待できません。
当たり前のことですが最初は教育、研修がメインになります。教育や研修がおろそかになると、ますます戦力として見込めなくなってしまいます。
さらにあまりにも雑な研修や教育だと最悪の場合新人がやめてしまう可能性もありますので手厚く教育しましょう。

インビジョンでは、内定者の時点で少しずつ仕事に関わらせることで入社前から業務内容だったり、企業理解を深められるように内定者インターンの制度を設けています。

内定者インターンのコラムについてはこちらから
↓↓↓
内定者が書く!内定者インターンによるメリット、デメリット

新卒採用は長期戦

新卒採用はスケジュールがある程度決まっており、マーケットから大量の採用も見込めますが年間を通しての長期戦になります。

例えば、20卒の新卒採用でしたら2018年の夏頃から動き始める企業がほとんどです。
そう考えると、新卒採用は期間が長いですよね。
そしてまた次の新卒採用が始まるので、一息つく暇もありません。新卒採用と中途採用を兼任されている人事の方は相当ハードでしょう。

ミスマッチが起きやすいことも、、、

最近は新卒の離職率が高いと言われています。
3年以内にやめるのが3割です。
しかしこの離職率実は30年以上前から変わらないのです。それほど新卒採用はミスマッチが起きやすいということですね。「新卒採用でミスマッチが起こらないためには」っていうコラムも書こうかな、、。

離職率の高さがわかる記事はこちらから
↓↓↓
新卒の離職率|3年で3割辞めるのは、我慢が足りないせい?|転職HACKS

中途採用のメリット

良い評判
続いて中途採用のメリットについてです。

即戦力として期待ができる

中途採用は、新卒採用と違い即戦力として期待ができます。なので、今すぐ足りないポジションを局所的に補えます。どちらかというと何か1つに突出したスペシャリスト採用が中途採用には適しているでしょう。

教育コストがかからない

中途採用は、即戦力として数えられるのが一般です。
新卒とは違い、社会人としてのスキル、知識、経験があるのですぐに業務に取り組んでもらうことが可能です。

例えば、営業の場合はすぐ現場に配属して売り上げを作ってもらえる見込みがあります。

新卒に比べ内定までが早い

新卒採用は、長期戦と先述しました。
中途採用は新卒採用に比べたらだいぶ短くなります。
場合によっては、一回の選考でその次の月から入社なんてこともあります。面接して次の月から戦力が増えるなんてことも十分あり得ます。

新しいノウハウ、人脈がついてくることも

中途入社した人がそれまでのキャリアで培ってきたノウハウや人脈を得られるケースも多いです。
会社としてはもしかしたら新しい出会いや、ビジネスチャンスが生まれる可能性も期待できます。
即戦力を獲得できるかつ新しい人脈、ノウハウが増える可能性もある。一石二鳥ですね!

中途採用のデメリット

コミュニケーション面の問題
次は中途採用のデメリットです。

中途採用中心だと若返りが難しい

中途採用は即戦力として期待できますが、ある程度の経験を積まれている方だと30代を過ぎている方が多いです。そうするとベテランが多くなり、会社の平均年齢は高くなります。

平均年齢が高いのが悪い訳ではありませんが、新卒採用ができる余裕のある会社規模になったら新卒採用を実施するのがオススメです。

前職のやり方を引きずってしまう場合がある

新卒採用は、全くの未経験から始まるのでこういう心配はありませんが、前職を長く経験している中途採用の方だと、今までやってきた手法を引きずってしまうケースがあります。
まあ、無理に自社のやり方に強制する必要もないのですが、ある程度は自社のやり方にフィットしていただきたいですよね。
そこにうまくフィットさせるのが出来ずに辞めてしまう可能性もありますので、程よくフィットさせていくのが大事になります。

他業種からの転職は即戦力になるかわからない

他業種から社会人としては経験があるものの、その職種に関しては未経験の転職となると即戦力として数えるのが難しくなります。
前職の経験を活かせる新しい職種であれば適応期間はそこまでかからないですが、全くの未経験だと研修だったり資格の勉強期間などを要するので入社して3ヶ月は準備期間として与えてあげなければなりません。

自社の現状にあった採用手法で会社を強化していきましょう!


新卒採用と中途採用のメリット、デメリットをご紹介してきました。それぞれ得られるメリットが違いますので、自社の人員状況、会社の状況を整理して採用活動をしていきましょう!

The following two tabs change content below.

メールでのお問い合わせはこちらへ

Contactコンタクト

ざっくばらんにご相談(無料)ください。