インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

人材採用

中途採用をまとめて理解!〜特徴・おすすめの求人手法・面接の仕方〜

「中途採用で使った方がいい手法はどれ?」「面接ではどんなことを聞けばいいの?」

そんなお悩みを抱えている人事担当者さんもいらっしゃるんじゃないでしょうか?

そこで今回は、中途採用のおすすめ求人手法から面接の仕方までをまとめました!
いろんな求人媒体社や広告代理店から話を聞くけど結局何が大事かわからない・・・そんな方も必見です!

中途採用の特徴・新卒採用との違い

中途採用のメリット

中途採用のメリットは、大きく3つです。

  • 即戦力になる
  • 教育コストがかからない
  • 新しいノウハウや人脈をもたらしてくれる

中途採用のデメリット

逆に、中途採用のデメリットは下記2つがあります。

  • 組織全体の年齢層が上がりやすい
  • 自己流の仕事術を引きずってしまうことがある

新卒採用との違い

当然ですが中途採用は新卒採用と違い、経験を持っている分即戦力になります。
さらに働き方のルールや社会人としてのマナーを教える必要がほとんどないため、新卒と違いその分の人事工数が削減できます。

しかしその反面、絶対的な自分ルールを持っていると、うまく組織に当てはまらないこともあるのが中途採用の現実です。
仕事に対する価値観や理念・ビジョンへの共感度は、採用する前にしっかりと確認したいですね。

(関連記事:人事向け!新卒採用と中途採用の違いとは

中途採用おすすめ求人手法Indeed

おすすめ手法Indeedとは

Indeedとは、月間で2350万人(※2019年3月調べ)が利用している最強の求人検索エンジンです。
求職者は『営業 正社員 東京』などのフリーキーワード&勤務地の検索だけでマッチングの高い求人に辿り着けるようになっています。

また求人をみられた時にだけ料金が発生する”クリック課金制”になっているので、マッチングの高い人に対して無駄なく費用を使うことができます。
掲載企業側にとってもうれしい手法ですよね。

中途採用にIndeedがおすすめな理由

なぜIndeedが中途採用におすすめなのかというと、Indeedは自社のオリジナル採用ページからの応募を獲得できるからです。
求人原稿の条件的・表面的な情報だけでは、応募がきてもその後の採用への繋がりにくさが課題になります。

Indeedなら、自社のコンテンツでしっかりと企業理解を深めたマッチングの高い応募を獲得できるので、採用にも繋がりやすいというわけです!

その他のオススメ求人広告が気になる方はこちらも要チェックです!
中途採用におすすめの求人広告はこれだ!5つ厳選してご紹介します!

中途採用面接で聞くべき3つのこと

①前職をやめた理由

転職をする理由は人によって様々ですが、自社に入社したときにそれが解決できるのかどうかを明確にする必要があります。

お互い面接の時点で入社後のミスマッチは防ぎたいですよね。

②働くことに対する考え方

仕事選びでどこに重点を置いているのかも、人によって異なります。
採用後希望が満たされた状態で働ける職種、条件なのかを確かめておきましょう。

おまけ:仕事選びで大事にしたいことの例
プラベートを大事にできるか
残業もたくさんして稼げるか
やりたい仕事ができるか
自己成長ができるか
メンバーと波長が合うか

③企業理念への共感度

チームとして同じ目標を持って働けるかどうかは、企業理念やビジョンへの共感度で確かめることができます。

例えばインビジョンではこんな風に質問することがあります。
「働く幸せを感じる、かっこいい大人を増やしたいっていう理念に”共感してる度”を10段階で例えるとどれくらい?」

これに対する回答が高いにしろ低いにしろ理由を聞けばどこに共感ができ、どこにできなかったのかがわかりますよね。
応募者の人となりも見えてくる質問です。

(関連記事:中途採用を実施する企業様必見!面接で必ずすべき質問と流れを解説

中途採用は理念ビジョンに共感した人を獲得できるかどうかがカギ


中途採用のポイントは、いかに理念ビジョンに共感してくれる人との繋がりを作るか、にあります。

そのためには、自社の採用サイトと、そこにしっかり呼び込めるIndeedをうまく活用していきましょう!

The following two tabs change content below.

Contactコンタクト

ざっくばらんにご相談(無料)ください。