インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

チーム・組織開発

ブランディング

パパッと分かるインナーブランディング|効果・手法・成功事例まとめ

「インナーブランディングってどんな効果があるの?」
「インナーブランディングする方法を知りたい」
「実際にインナーブランディングを取り入れて成功している企業があれば参考にしたい」

このページを訪れたということは、インナーブランディングについて知りたい or 取り入れたいのではないでしょうか。
インナーブランディングをすることで、今の会社が成長するのなら活用してみたいですよね。

そこで今回は、インナーブランディングとはどんなものかや効果方法成功事例を解説していきますので参考にして頂ければ幸いです。

インナーブランディングとは社内に経営理念を浸透させること

オススメ

インナーブランディングとは、企業が一緒に働いている社員に経営理念やビジョンを理解してもらうための活動のこと。
経営理念やビジョンが社員へ浸透すれば、みんなが同じ考えを持って仕事をするため一致団結した企業になります。

みんなが同じ志で仕事をするため目標達成がインナーブランディング後は増え、企業の価値は上昇
企業をステップアップさせたいならインナーブランディングをしてみてもいいかもしれません。

ちなみに、アウターブランディング(企業ブランディングなど)するなら企業の顔を作るインナーブランディングは必要です。

アウターブランディングとは?
アウターブランディングは、社外に向けたブランディングのこと。
アウターブランディングが成功すれば、作った商品に付加価値をつけられます。

インナーブランディングの効果

効果
以下にインナーブランディングの効果をまとめました。

  • 一体感のある企業を形成できる
  • みんなが一丸となって仕事をするため仕事の質やサービスが向上する
  • 長く働いてもらえるため離職率が減る

社員全員が同じ考えで仕事ができるため、このような効果を得られます。

社内にインナーブランディングを浸透させる手法

どうやってインナーブランディングをすればいいのかを以下にまとめました。

  • 経営理念やビジョンの再確認
  • アンケート調査などで現在の社員のモチベーションをチェック
  • 考えや行動をまとめた行動指針のハンドブックを作成
  • 社員同士の意見を交換する場を設ける

インナーブランディングの施策には時間が必要

時間
社員全員が企業理念を理解して仕事をしているとは限りませんので、インナーブランディングを浸透させるには時間がかかるのがデメリット。

上述しましたが、インナーブランディングを浸透させるには社員とコミュニケーションをとる必要があります

どこかの時間で相談という形で意見交換する場を設けたりパソコンのチャットツールでコミュニケーションを取ったりなど、あなたの会社に合う方法で社員と交流をしましょう。

インナーブランディングの成功事例『スターバックス』

スタバ
スターバックスがインナーブランディングに成功したのは、『従業員が満足できていない企業ではお客様を満足させられない』という考えを持っているからです。
だからこそ、決まったマニュアルもありません

自主性を重んじて従業員が満足する環境で働けるような仕組み作りをしています。
また新人の研修期間は80時間と人材育成に注力しているのも特徴の1つ。

長い研修を経て自信を持ってお店に立って働けるからこそ、従業員のひとりひとりが一丸になって仕事をしています。

企業を成長させるならインナーブランディングをするのもアリ!

企業をステップアップさせたいならインナーブランディングをしてみてもいいかもしれません。
それではインナーブランディングの効果のおさらいです。

  1. 一体感のある企業を作れる
  2. 従業員のパフォーマンスが上がるため高いレベルで仕事ができる
  3. 社員の退職が減る傾向にある

ただインナーブランディングを浸透させるには時間がかかってしまうので、本当に今行うべきなのかは検討してみてください。

当サイトを運営しているインビジョンのインナーブランディングの方法に興味がある人はこちらの記事もチェックしてみてください。→インナーブランディングって?【インビジョンの場合】

The following two tabs change content below.

メールでのお問い合わせはこちらへ

Contactコンタクト

ざっくばらんにご相談(無料)ください。