インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

インフルエンサー

インフルエンサーマーケティングは効果が出るの?指標にすべき数値は?

インフルエンサーマーケティングをやってみたいけど、これって本当に効果はでるの?何が指標になるの?
という疑問は多いんじゃないでしょうか?

フォロワー数やいいねがついた数くらいならわかりやすいですが、それ以上の表面上にでてこない指標となるとちょっとややこしいですよね。。笑

そこで今回はインフルエンサーマーケティングでよく使う指標と、効果を出すための方法をご紹介します。

インフルエンサーマーケティングは効果が出るのか?

結論:効果は出ます。

はっきり言って、インフルエンサーマーケティングは効果が出ます。
なぜなら、インフルエンサーマーケティングは、お腹が空いた魚しかいない池で釣りをするようなものだからです。(かえってわかりにくい)

要は狙ったターゲットしかいないようなコミュニティに自然に宣伝することができる方法なので、効果が出るんです。
そりゃもちろん、なんでもかんでもやれば当たるっていう話ではないですが。笑

(実際に効果が出た成功事例を知りたい方はこちら→インフルエンサーマーケティング事例〜ツイッター編〜

大事なのは”効果が出た状態とは何か”ということ。

インフルエンサーマーケティングで効果を出すために大事なのは、どんな状態をもって”効果が出た”というのか、という点です。

企業の皆さんは様々な目的でインフルエンサーマーケティングを導入するわけですが、効果測定の指標とそのゴールをはっきりさせることが成功への第一歩です。闇雲にやってもしょうがないですからね。

効果測定に使う5つの指標をご紹介


では実際に効果測定で使う指標を、目的別に5つご紹介します。

①投稿、画像・動画が見られた数を知りたい

投稿物が見られる=情報が行き届いたということになりますから、認知を広げる目的であればまずこれを測リましょう。

画面上に表示された総数であるインプレッション数、投稿を見たユーザー数を表すリーチ数などが指標です。

②投稿に反応があった数を知りたい

投稿に対してシェア、いいね、リプライなどが反応があった数を測ることもできますよね。

表示されただけでなく何かしらアクションをしてくれた数を測るには、エンゲージメントという指標を使います。

インフルエンサーとターゲットとの親和性や投稿内容のクオリティを精査したいときに使いましょう。

③ウェブサイトへの流入数を知りたい

TwitterやFacebookでは投稿内容にウェブサイトのリンクを貼ることができます。
(Instagramならプロフィールやストーリーに貼れます)

そのリンクからウェブサイトに流入してくれた数を測るにはクリック数を計りましょう。
特設のサイトを作ってそこにユーザーを呼び込みたいときによく使います。
投稿で概要やポイントを伝える→リンク先のサイトで詳細を伝える→サービスを利用してもらうという流れは当たり前になってきていますよね。

④商品の購入やイベントへの参加数などを知りたい

③のようにサイトに流入し、実際に宣伝した商品を買ったり、イベントに参加してくれたユーザーがどれくらいかを測る指標です。

インフルエンサーマーケティングを導入する企業はここを最終目的にする場合が多く、コンバージョン数という指標で計ります。

⑤自社アカウントのブランディングをしたい

宣伝元企業アカウントのブランディングをしたいときは、フォロワー数を指標にすることもあります。

『今回は、@****さんからいただいたバッグについて投稿します☆』みたいな投稿を見たことありませんか?
大抵@****を押すと企業アカウントに飛べるようになっていて、そこでフォローしたり他の商品を見られたりするはずです。

インフルエンサーマーケティングで効果を出す方法

目的をはっきりさせる

まあ指標はわかったよ、ということで、ここからはどうすれば効果を出せるのかについてです。

冒頭でお伝えした通り、まずはインフルエンサーの力を使って何がしたいのかをはっきりさせましょう。
例えば、、

  • サイトから秋の新商品を買ってもらいたい
  • 店舗のキャンペーンイベントに来場者を増やしたい
  • 自社アカウントのフォロワーを1000人にしたい

などなど。

これを設定することで、選ぶべきインフルエンサーや見るべき指標が決まります!

インフルエンサーを正しく選ぶ

インフルエンサーには色々なタイプがいるので、最適なインフルエンサーを選びます。
主婦、学生、Youtuber、読者モデル、イラスト系など、今回のターゲットに合わせて探してみましょう。

これが結構効果の出方を左右します。フォロワー層や投稿ジャンルをしっかり調べて、情報を届けたいターゲットが支持しているインフルエンサーかどうか見極めましょうね。

最適な指標を使って効果改善のPDCAを回す

実際にインフルエンサーに投稿をしてもらったら先ほどの指標を使って、効果測定をしましょう。

特設ページにたくさんアクセスを集めたいとき、いいね(エンゲージ)がたくさんついているけれどサイトへの流入(クリック)がほとんどない、なんてもったいないですからね。

状況がわかったら早速改善ですよ!

インフルエンサーマーケティングは5つの指標で効果が出る


インフルエンサーマーケティングは目的をはっきりさせた上で、5つの指標を使って効果を出していきましょう!

 

  1. インプレッション・リーチ数
  2. エンゲージメント数
  3. クリック数
  4. コンバージョン数
  5. フォロワー数

 

当サイトを運営するインビジョンでもインフルエンサーマーケティングで実際に効果を出した実績があります。

 

初回に限り3万円でお手伝いさせていただいていますので、興味のある方はご相談ください!

 

(関連記事:インフルエンサーマーケティングの全知識|効果・費用・事例を公開!)

 


電話でのお問い合わせは03-5794-5433まで
※クリック or タップで発信します


 

メールでのお問い合わせはこちらへ



営業のお問い合わせはお電話にてお願い致します。

The following two tabs change content below.

Contactコンタクト

ざっくばらんにご相談(無料)ください。