インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

チーム・組織開発

働き方改革のメリット・デメリットは?経営者・従業員の視点から

「働き方改革ってデメリットってあるの?」
「リモートワークのメリット・デメリットは?」

働き方改革について聞いたことはあるけれど、実際取り組むに当たってメリット・デメリットを知りたい方は多いのではないでしょうか。
実際に企業で働き方改革を進める上で、メリット・デメリットを理解して色々な取り組みをしていきたいですよね。

そこで、今回は経営者と従業員からの観点から、また多くの企業が導入しているリモートワーク、フレックスタイム制の観点からメリット・デメリットをご紹介します。

働き方改革のメリット・デメリット

オススメな理由

経営者から見た働き方改革のメリット・デメリット

働き方改革のメリット・デメリットを経営者からの視点で紹介します。

[メリット]

  • 長時間労働の見直しによる生産性が高まる
  • 従業員の定着率の向上

  
[デメリット]

  •  管理職への負担になる場合がある
  • 企業や担当者が書類送検されてしまう可能性がある

  

メリット① 長時間労働の見直しで生産性が高まる

長時間労働を見直すと、所定の時間の中で業務を終わらせる意識を従業員に持つようになります
仕事の効率化を図ることで社員一人あたりの生産性の向上が期待できます。

メリット② 従業員の定着率の向上

働き方改革によって、従業員は多様な働き方を選択できるようになったり、有給休暇が取りやすくなったりします。

従業員が働きやすい職場を作ることで離職率を減らせるでしょう。
また、育児や病気のため仕事を辞めなければいけなかった人にも働くことができるような環境を提供できれば従業員の定着率の向上が見込めます。

デメリット① 管理職への負担になる場合がある

従業員の残業時間削減によって、業務が就業時間内に終わらない可能性も考えられます。
その仕事の埋め合わせが管理職や従業員の上司にくることが多く、管理職や上司の負担になってしまうことが考えられます。

デメリット② 企業や担当者が書類送検されてしまう可能性がある

働き方改革関連法案(※)が成立して『時間外労働の上限規制』が定められました。
この法律を違反をした企業には罰則が課されてしまい、違反が発覚したら書類送検をされていまう可能性があります。

(※)働き方改革関連法案:労働基準法・労働契約法・雇用対策法・パートタイム労働法・労働時間等設定改善法・労働者派遣法・労働安全衛生法・じん肺法の労働法の改正を行う法律の通称のこと。

働き方改革関連法案について詳しく知りたい方はこちら
  • 時間外労働の上限設定
  • 有給取得の義務化
  • 高度プロフェッショナル制の導入:年年収1,075万円以上の一定の業種の人を労基法の労働時間、休日等の規制の対象から外す制度
  • 同一労働同一賃金の導入:仕事内容が同じ、同等の労働者には同一水準の賃金が支払われる制度
  • 労働基準法の改正

従業員から見た働き方改革のメリット・デメリット

従業員から見た働き方改革のメリット・デメリットを紹介します。

[メリット]

  • 有給が取りやすくなる
  • プライベートの時間を確保できる

[デメリット] 

  • 残業ができなくなり収入に影響する可能性がある

 

メリット① 有給が取りやすくなる

働き方改革関連法案によって、年間有給休暇の消化日数が5日未満の従業員には、会社が有給休暇を取得するべき日を指定することが義務付けられました。

2019年4月から施行が決定していて、企業は義務化に対応できていないと場罰金の対象にもなります。
この法律により、従業員は有給休暇の義務化だけではなく有給休暇を取りやすい職場になっていくことが期待できます。

メリット② プライベートの時間を確保できる

長時間労働の見直しや有給休暇取得の義務化で今までよりプライベートに時間を使えるようになります。

従業員の仕事以外の、活動できる時間を確保できれば育児や家事だけではなく趣味の時間にもあてられるようになりワークライフバランスが取れるようになります。
ワークライフバランスを充実させることで従業員の仕事へのモチベーション向上にも繋がるでしょう。

デメリット① 残業ができなくなり収入に影響する可能性がある

働き方改革によって、残業時間ができなくなり収入が減る可能性があるでしょう。

働き方改革は短い時間で生産性向上を目的としていて余計な残業は削減されて、残業代が減ってしまいます
残業代を生活費に含んだ上で生計を立てている人にとっては残業代で得られる収入が減るのでデメリットと言えます。

働き方の制度のメリット・デメリット

メリット
働き方改革に取り組む企業は主にフレックスタイム制度やリモートワークに取り組む企業が多いです。

フレックスタイム制度のメリット・デメリット

フレックスタイム制度(※)のメリット・デメリットを説明します。
(※)従業員が自分で始業・終業時間を決めれる制度

[メリット]

  • 通勤ラッシュを避けれる
  • 残業削減に繋がる

[デメリット]

  • 制度を導入していない会社と連携が取りにくい場合がある
  • 自己管理が求められる

 

メリット①通勤ラッシュを避けられる

フレックスタイムの導入で朝の電車やバスが混雑する時間を避けられる社員が増えます。
通勤ラッシュによるストレスや疲労がなくなります。

メリット② 残業の削減に繋がる

フレックスタイム制によって残業を減らせるようになります。
従業員の各個人が自分に効率のいい時間配分がおこなえるで、業務が効率化して残業を減らせるようになります。

また、夕方以降に仕事がある場合は出社時間を遅らせることで残業を防げるでしょう。

デメリット① 制度を導入していない会社と連携が取りにくい場合がある

フレックスタイム制は制度を導入していない会社との連携が取りにくくなる可能性があります。
従業員の出社時間が定まっていないので、顧客や取引先から連絡があった時に不在の場合があると考えられます。

取引先からの緊急な連絡に対応できなかったり、返信が遅れてしまったりするので制度を導入していない会社との連携が取りにくくなってしまう可能性もあります。
  

デメリット② 自己管理が求められる

フレックスタイム制は、従業員自身の自己管理が求められます。
タスクの管理や計画性を持って仕事に取り組むのが苦手な人には、時間にルーズになるのが懸念されるでしょう
自己管理が苦手な人にとってはデメリットになります。

リモートワークのメリット・デメリット

リモートワーク(※)のメリット・デメリットをご説明します。
(※)会社のオフィスに出社せずに、カフェや自宅で作業ができる勤務形態

[メリット]

  • 優秀な人材を確保しやすくなる
  • 通勤の時間をなくせる

[デメリット]

  • コミュニケーションが円滑に取れない

 

メリット① 社内の優秀な人材の離職を防げる

介護や育児で仕事を辞めなければならなくなった人にも、通勤せずに働けるような職場環境を作れれば離職を防げます。

その企業での経験が長い人や、やむ終えず仕事を辞めなければいけなくなった人の離職は会社にとって大きな損失に繋がります
場所を選ばずに働けるようになればそういった人材の離職を防げるでしょう。

メリット② 通勤の時間をなくせる

仕事の場所を選ばないリモートワークは自宅やカフェ、共同のワーキングスペースで仕事ができるようになります

今まで通勤のために使っていた時間を睡眠やプライベートの時間に使えたり、通勤時の余計なストレスをなくせたりするので結果、業務の効率化・生産性向上にも繋がります。

デメリット① コミュニケーションが円滑に取れない

リモートワークのデメリットとして、コミュニケーションが円滑に取れなくなってしまいます。
会議やミーティングなどでは顔を直接合わせた方がコミュニケーションが円滑にいったり、活発に意見が出たりします。

直接コミュニケーションが取れないと、進捗状況の確認や急ぎの対応が求められる時には支障が出てしまうでしょう。

働き方改革はメリットだけではない

ポイント
働き方改革によって、従業員が働きやすい職場を作るのはこれからとても重要です。
ただし、改革を進める上で従業員にとっても経営者にとってもメリットだけではなくデメリットも存在します。
働き方改革関連法案が施行されたら、最悪罰金の対象にもなります

これから働き方改革に取り組む企業の担当者にとって、今回の記事で働き方改革のメリット・デメリットが参考になれば幸いです。

The following two tabs change content below.

【インビジョン広報隊長】ちあき

最新記事 by 【インビジョン広報隊長】ちあき (全て見る)

Contactコンタクト

ざっくばらんにご相談(無料)ください。