インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

チーム・組織開発

働き方改革関連法案とはどんなもの?今さら聞けない法案の内容を解説

「働き方改革関連法案について知りたい」
「いつから法案は施行されるの?」

働き方改革関連法案という言葉は聞いたことがあるけれど、実際に具体的な内容やいつから施行されるのかを知りたくてこのページを訪れたのではないでしょうか。

あなたの働き方に関わることなので、具体的な法案の内容を知っておきたいですよね。

そこで今回の記事では、働き方改革関連法案の内容やいつから施行されるのかをわかりやすく解説しているで参考にしてみてください。

働き方改革関連法案とは

採用管理システムとは業務改善を図るもの
働き方改革関連法案とは、長時間労働の見直しや多様な働き方を実現を目指す、8つの労働法改正案の総称です。

8つの労働法は以下の法律があります。

  1. 雇用対策法
  2. 労働基準法
  3. 労働時間等設定改善法
  4. 労働安全衛生法
  5. じん肺法
  6. パートタイム労働法(パート法)
  7. 労働契約法
  8. 労働者派遣法

働き方改革関連法案で決まった制度

おすすめ
働き方改革関連法案で決まった6つのポイントをご紹介します

時間外労働の上限規制

時間外の労働上限を月45時間かつ年360時間を限度に設定されました。
繁忙期などには、単月100時間未満(休日労働を含む)、2~6ヵ月の平均80時間(休日労働を含む)、年720時間を限度に残業労働の延長ができます。

この上限を違反した企業や労務担当者は、6ヵ月以下の懲役または30万円以下の罰金が課されてしまいます。

有給休暇取得の義務化

有給の日数が年に10日以上の従業員に対して、必ず年に5日以上取得させることを企業に義務付けました。

同一労働同一賃金制の推進

同一労働同一賃金制とは、正規・非正規の労働形態に関わらず、同じ内容の仕事に対しては同じ水準の賃金が支払われる制度です。

企業において正規労働者と非正規労働者との賃金格差が広がっている中、非正規労働者は給料が上がる可能性があるでしょう。

勤務間インターバル制度

勤務間インターバル制度とは、勤務終了時間と翌日勤務の開始を一定時間空ける制度です。
この制度によって、従業員はプライベートの時間や睡眠時間を確保できるようになります

高度プロフェッショナル制度

高度プロフェッショナル制度とは、年収1,075万円以上の専門職として働く人を対象に労働時間ではなく仕事の成果に対して賃金が支払われる制度です。

この制度では、対象になる人は残業代や休日出勤をしても賃金が支払われないという問題もあります。

高度プロフェッショナル制度の適用条件について知りたい方はこちら
  • 労使委員会での5分の4以上の多数決議
  • 行政官庁への届け出
  • 本人の同意
  • 在社時間・社外での労働時間を把握できる措置
  • 年104日以上、4週間で4日以上の休暇の付与
  • 有給の付与
  • 健康診断の実施

産業医・産業保険機能の強化

企業は産業医(※)に対して、従業員の健康管理に必要な労働時間などの情報の提出を義務付け、長時間労働者を産業医との面接に繋げる規定が定められました。

過重労働やメンタルヘルスの不調が現在課題となっていて、産業医強化によってそれらの改善が期待されています。

(※)従業員の健康管理などを、専門的な立場から指導をする医師。

働き方改革関連法案はいつから施行されるか

働き方改革関連法案がいつから施行されるのかをまとめました。

働き方改革関連法案 大企業 中小企業
時間外労働の上限規制 2019年4月 2020年4月
年次有給取得の義務化 2019年4月
勤務間インターバル制度
産業医の機能強化
同一労働同一賃金の義務化 2020年4月 2021年4月
高度プロフェッショナル制度 2019年4月 2019年4月

働き方改革関連法案で施行が延期した法案

Intel
働き方改革関連法案では裁量労働制の拡大(※)が延期されました。

政府が提出した裁量労働制の拡大をおこなう理由としていた厚生労働省のデータが不適切であると相次いで発覚し、首相がこのデータに関する国会答弁を撤回した理由から法案から該当部分が削除されました。

(※)実際の労働時間ではなくあらかじめ決めた時間から給与が支払われる仕組みです。

働き方改革関連法案は労働環境をよくする法律

ここで働き方改革関連法案のポイントのおさらいです。

  1. 時間外労働の上限規制:時間外の労働時間を月45時間・年360時間を限度に設定
  2. 有給休暇取得の義務化:従業員に年5日以上の有給を取得させる企業に義務付け
  3. 同一労働同一賃金制の推進:同じ内容の仕事に対しては労働形態に関わらず、同じ水準の賃金が支払われる制度
  4. 勤務間インターバル制度:勤務終了時間と翌日勤務の開始を一定時間空ける制度
  5. 高度プロフェッショナル制度:専門職として働く人を対象に、成果物に対して賃金を支払う制度
  6. 産業医・産業保険機能の強化:産業医に対して従業員の労働時間や健康管理に必要な情報の提出の義務付け

働き方改革関連法案が実際に施行されると、残業が減ったり有休を取りやすくなったりします
大企業では2019年の4月には始まるので、働き方改革はそう遠い話ではありません。

実際に自分が働いている企業ではいつから始まるのか、法律によって働き方がどう変わるのかを理解して準備しましょう。

The following two tabs change content below.

ちあき

最新記事 by ちあき (全て見る)

Contactコンタクト

ざっくばらんにご相談(無料)ください。