インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

企業ブランディング

インスタグラムのログイン・ログアウトの使い方と乗っ取り回避の方法

 

インスタグラムを使って、商品の販売促進やブランディングにつなげる企業は国内だけでも1万社を突破。

 

企業もインスタグラムで商品PRを使うことが増えてきました。

 

ですが、いざ導入しようと考えても、初めて使う方も多く、ログイン方法も分からない人もいるでしょう。

 

そこで今回は、インスタグラム超初心者の方へ向けて

 

  • インスタグラムのログイン方法
  • 多くのインスタグラムユーザーが使う時間
  • 万が一ログインができなくなった場合の対処方法
  • アカウント保護のための対策

 

などログイン方法を中心に徹底解説していきます。

 

この記事を読んで、インスタグラムの使い方をマスターしましょう。

インスタグラムへログインする方法

事例

それでは早速、インスタグラムにログインする方法をご紹介していきます。

 

インスタグラムはアプリやブラウザからログインでき、複数端末からでも同時ログインが可能です。

ログインには下記の2つの情報が必要になります。

 

  1. ID(ユーザーネーム)
  2. パスワード

 

この2つを持っていない場合は新規登録が必須です。

アプリ

まずインスタグラムのアプリをインストールしましょう。

 

インストールが完了してアプリを起動すると、IDとパスワードを入力するフォームが表示されるので入力します。

 

入力が完了したらログインをタップして完了です。

 

Facebookアカウントからログインする場合は、画面下にある「Facebookでログイン」をタップしてください。

 

Facebookのページに移動後にIDとパスワードを入力すればインスタグラムにログインできます。

ブラウザ

safariやchromeなどのブラウザからインスタグラムへのログインする方法です。

 

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで『インスタグラム』と入力すると検索結果が表示されます。

 

インスタグラムのログイン画面にクリックして移動したら、ユーザー名とパスワードを入力してログインしましょう。

複数端末

インスタグラムは、同じアカウントで複数端末(スマホ・PC・タブレット)へログインできます。

 

ログイン方法は、上述したアプリやブラウザと同じです。

 

ただし複数端末からのログインが多いと、エラーメッセージ(「Too many users have been registered on this device」)が送られますので注意しましょう。

【ケース別】インスタグラムへログインする方法

ファーストビュー

スマートフォンの機種変更や、いつもと違う状況になった時にインスタグラムへログインする方法をまとめました。

スマホを機種変更した場合

ユーザー名とパスワードを覚えていれば、スマホを機種変更してもアカウントを引き継いで使えます。

 

ただ機種変更前のスマホでインスタグラムにログインしたままの状態だと、複数端末でのログインになるためインスタグラムに入れないかもしれません。

 

機種変更してスムーズにログインしたいなら、前のスマホはログアウトしてからにしましょう。

アカウントをビジネスプロフィールに変更したい場合

インスタグラムには、ユーザーと企業間の連絡をスムーズにする『ビジネスプロフィール』というサービスがあります。

 

まず『設定ビジネスプロフィールに切り替える』を選びます。

 

次に、ビジネスプロフィールの説明が出てくるので下部の『次へ』を選択。

 

そしてFacebookと連携させる場合は、Facebookの情報を入力しましょう。
しない場合は、『スキップ』をタップ。

 

プロフィールのカテゴリを選択』で自分の企業にあうカテゴリを選択し『次へ』を押します。

 

最後に『ビジネスプロフィールを設定』で『メールアドレス・電話番号・住所』のいずれかの情報を入力して『完了』をタップすれば終了です。

もう一つのアカウントでのログインは切り替えをする

インスタグラムには、複数のアカウントを使う度にログインとログアウトを繰り返す必要のない『マルチアカウント機能』があります。

 

最大5アカウントまで登録でき、サブアカウントはアプリ内のオプション設定画面で追加可能です。

 

プロフィール画面へ進み、『設定アカウントの追加』を選択します。

 

アカウントを切り替える際は、プロフィール画面にアクセスして画面上部のユーザーネームをタップ。

 

切り替えアカウントの候補がリスト表示されます。

別のアカウントを選ぶと切り替わります。

インスタグラムでログインが多い時間帯

ユーザー

商品PRやキャンペーンにインスタグラムを活用したいときには、より多くのユーザーに投稿を閲覧してほしいですよね。

 

そこで、投稿するのにベストな時間があるのを知っておきましょう。

 

インスタグラムのログインが活発になる時間は19〜24時で“ゴールデンタイム”と呼ばれています。

 

ゴールデンタイムにインスタグラムへ投稿すれば、ユーザーから閲覧される確率はアップするでしょう。

 

しかし企業でインスタグラムを運用したいときは、ゴールデンタイムに投稿できない場合も少なくありません。

 

ゴールデンタイムに投稿したいときは予約投稿を設定しましょう。
※予約投稿はビジネスアカウントかつHootsuiteのアプリを使えばできます。

インスタグラムにログインできない場合の対処法

インスタグラムは、全世界で多くのユーザーが利用することから、アカウントの乗っ取りやシステムの不具合などにより「突然ログインできなくなった! 」という事態が発生しています。

 

そんなハプニングでも手っ取り早い解決方法を知っていれば、楽チンですよね。

 

インスタグラムは、次の5つの方法を試すと突然のトラブルでも安心して対処できます。

 

  1. インターネットへの接続を確認する
  2. ユーザー名とパスワードを確認し、忘れたなら再設定する
  3. ログインリンク機能を使う
  4. 複数の端末でログインしていないか確認する
  5. サポートリクエストに連絡する

 

詳しくは【インスタグラム】突然ログインできなくなったときの原因と対処方法でもご紹介しているので、あわせて読んでみてください。

インスタグラムをログアウトする方法

taisyo

インスタグラムのログアウトが手間で、ログインしたままアプリを終了している方も多いのではないでしょうか。

 

ログアウトは『プライバシーを守る』大切な役割を担っています。

 

操作手順は、iPhone・Androidともに一緒です。

 

今回はiPhoneで試してみます。

自分のプロフィール画面から「設定オプション」に進みます。

 

オプションメニューの一番下「(ユーザーネーム)からログアウト」をタップ。最終確認が出てくるので、「ログアウト」を選択すれば完了です。

 

PCからのログアウトも簡単。

自分のプロフィールページにアクセスしたら、ユーザーネームの横にある歯車マークをクリックします。

出てきたメニュー内の「ログアウト」をクリックすれば完了です。

自分のインスタグラムへの不正ログインを防ぐ対策3つ

利用者が多いインスタグラムでは、アカウントの『乗っ取り被害』も多発しています。

万が一の危険に備え、不正ログインを防ぐ方法を3つご紹介します。

①分かりづらいパスワードにする

不正ログインを防ぐためには、パスワードを複雑にしましょう。

 

インスタグラムではユーザー名が公開されているため、パスワードさえ分かると不正ログインされてしまいます

 

不正ログインを回避するためには、パスワードを設定するときに3つを組み合わせて複雑なものにしてください。

 

  1. 数字や記号を混ぜる
  2. 文字数を多くする
  3. 他とは同じパスワードは使わない

②定期的にパスワードを変更する

パスワードは定期的に変えると、不正ログインのリスクを軽減できます。

同じパスワードを使い続けると解読される可能性があるからです。

 

パスワードは1〜3ヶ月と自分で期間を決めて、定期的に変更しましょう。

③二段階認証を設定する

インスタグラムには、セキュリティを高めるために二段階認証を設定することもできます。

 

二段階認証とは、ログインする際にIDとパスワードの他に、6桁のセキュリティーコードが必要になる認証方法のこと。

 

IDとパスワードが流出しても、二段階認証を設定したスマホを手に入れない限り6桁のセキュリティーコードは分からないため不正ログインはされません。

 

二段階認証は「設定プライバシー設定とセキュリティ」から「二段階認証」を選択すれば設定できます。

まとめ

インスタグラムへは、アプリやパソコンからもログインできます。

 

ただし、ログインした状態でアプリを終了すると不正ログインされる可能性もゼロではありません。

 

アカウント乗っ取りに遭わないためにも、分かりづらいパスワードにして二段階認証を設定しましょう。

 

念のために定期的にパスワードを変更するのも対策の1つです。

 


電話でのお問い合わせはこちら↓↓↓

※クリック or タップで発信します


メールでのお問い合わせはこちらへ

Contactコンタクト

ざっくばらんにご相談(無料)ください。