インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

企業ブランディング

動画

動画マーケティングの成功事例と効果をだすポイントとは?

「動画マーケティングって成功するの?」

「動画マーケティングはどうやったら成功するの?」

 

動画マーケティングをやってみたいけど、前例がないとなかなか導入に踏み切れませんよね。

そこで今回は動画マーケティングの成功事例と、効果を出すためのマーケティング手法をご紹介します。

 

 

動画マーケティングの成功事例3つをご紹介

野村不動産アーバンネット

商品である家ではなく、そこに住む家族にスポットを当てたCMです。

感動的なストーリーとユーザー視点での動画は、youtube広告で150万回再生を獲得しました。

ダスキン

認知症や介護サービスの事業をされているダスキンのアニメーション広告です。

介護サービスは実写化してしまうと、生々しい感じになってしまうため、あえてアニメ化してライトに伝えるように制作しました。

動画マーケティングの効果として、問い合わせ件数は動画を出す前月の倍に増えました。

エースコックスーパーカップ

キヨドラという、ゲーム実況を中心に動画を投稿しているyoutuberとラーメンのスーパーカップのコラボ企画動画です。

荒野行動というゲームで、「お湯を入れて麺が出来上がるまでの3分間で10人倒すことができるか」というチャレンジ企画です。

 

 

この動画の面白いところは、スーパーカップについて一切触れずにPRしているところです。

 

どれほどの効果が得られたのかは、情報がなくご紹介できませんが、個人的に面白いユーザーへのアプローチだと思いましたので、ご紹介しました。

 

面白いのでぜひ見てください。

 

動画マーケティングの効果的な手法

ユーザーが楽しめることを第一優先

動画ではもちろん自社のことや、商品サービスの告知が目的です。

しかし、ユーザーが楽しめるものでないとすぐに離脱されてしまいます。

したがって商品紹介という視点よりも、ユーザーが楽しんでくれるということを軸に、その中に商品PRを盛り込むことが大事でしょう。

動画のクオリティは必ずしも高くなくて良い

動画というと、CMのようにどうしてもクオリティの高い物を作ろうとしてしまいますよね。

しかし、必ずしもハイクオリティな動画を作る必要はありません。

 

逆に企業によっては、手作り感満載のアプローチ手法もあります。

オフィシャル過ぎない感じが、ユーザーに親しみを持ってもらえる可能性もあります。

動画の時間は5分がオススメ

ついつい色々な情報を盛り込みたくなって、動画の時間が長くなることもありますが、長くても10分くらいに抑えましょう。

オススメは5分くらいです。

 

伝えたい情報が数多くある場合は、テーマによって個々に動画を作るのがオススメです。

動画マーケティングの分析ポイント

重要なのは再生回数だけじゃない

動画は主に再生回数で評価されるケースが多いですが、再生回数が多いから成功したと必ずしも言い切れません。

 

もちろん再生回数は重要な指標にですが、目的別に効果測定するのが大事になってきます。

コンテンツ評価は視聴完了率

動画コンテンツの質はユーザーからどのように評価されているかを確認したいときは、視聴完了率を指標にしましょう。

 

動画の入りで、ユーザーの関心を引けなければ即離脱されてしまうので、視聴完了される動画コンテンツはユーザーの興味関心を引けてるものでしょう。

ブランド訴求はシェア数

シェア数とは、SNSでいうといいねやコメント、リツイートやリポストなどの他ユーザーへのシェアになります。

 

シェア数が多くなればなるほど、ブランドとしての認知度が上がります。

ブランド訴求で大事なのは、単に再生回数を測るのではなく、シェアというアクションを訴求できるコンテンツを作ることです。

まとめ

動画マーケティングの効果出しのポイントをまとめました。

  1. ユーザーが楽しめることを第一優先
  2. 動画のクオリティは必ずしも高くなくて良い
  3. 動画の時間は5分がオススメ

1番最初に紹介しました3つの成功事例はどれも、ユーザーが楽しめるコンテンツになっています。

つまり、視聴時間が伸びて、商品やサービスのことを知ってもらえるチャンスが増えるということです。

編集のクオリティはもちろんですが1番大事なのはアプローチ手法と企画ということですね。

 

動画マーケティングのノウハウは、弊社インビジョンにはこの記事以外にもまだまだありますので、気軽にお問い合わせください!

 

【関連記事】

動画マーケティングのメリット|絶対に知っておくべき7つのメリット

動画マーケティング会社を選ぶ基準は動画制作だけじゃない!

 


電話でのお問い合わせは03-5794-5433まで
※クリック or タップで発信します


 

メールでのお問い合わせはこちらへ



営業のお問い合わせはお電話にてお願い致します。

Contactコンタクト

ざっくばらんにご相談(無料)ください。