インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

おダシ

戦略人事・経営

ツイッターでの採用、ブランディングは有効?

言葉:吉田誠吾(@hi-seigo

2018年12月某日、インビジョンの最高機密機関である鬼門委員会で12期のテーマ「自己ベスト」という方針を打ち出した。自己ベストという言葉がインビジョン全体を駆け巡り、まず先陣を切って颯爽と動いたのが、マーケティングチームだ。

 

マーケティング戦略の方針は実に明快。
「マネージャー自らコラム、資料ダウンロードを作成、オダシをだすこと」

先陣を切ったのはGoogle for Jobs

Google for Jobsのコラムがバズり、快調に問い合わせ数が記録的更新。マーケティングチームは歓喜の渦にいた。バズったのには理由がある。そもそも「Googleさんの動きにみんな敏感」「記事を取り上げてくれたビズヒントさんのおかげ(ありがとうございました)」など因数分解すると複数あるが舞台裏で伏線として活躍していたのがそう、ツイッターだったのである。

バズった記事はこちら↓https://www.invision-inc.jp/column/2019/01/07/google_for_jobs/
Google for jobs

戦略人事mtgで、ツイッター採用、ブランディングがお題に

吉田(代表):ネダテさ〜、今どんなコラム準備してるんだっけ?

根建(戦略人事):こないだの想いをカタチに会でみんなに共有した「インビジョン採用状況まとめ」をアウトプットしようと思って。タイトルはこんな感じです。「応募単価151円?!SNS採用よりも効果があったのは○○。」あと、横綱人事プロジェクトですかね?

武神(マーケティング):横綱人事プロジェクト、早くカタチにしたいっすね〜

吉田(代表):ネダテ、俺、見えたわ〜

根建(戦略人事):何見えたんですか?怖いんですけど

吉田(代表):「SNS採用よりも効果があった」ということは、SNSはまだまだ伸びしろがあるってこと。インビジョンのSNS、インスタグラムInstagramは徐々にいい感じになってきてるけど、ツイッターもっと活用できそうだよね。オダシもっとましましでいきたいなぁ〜。

武神(マーケティング):俺も、見えてます。あんだけ石井さんのコラムバズったのはツイッターの力があった訳で。ツイッターで採用とかブランディングをぶち上げちゃった方が良さそうですね。

根建(戦略人事):じゃあ、マネージャーは全員ツイッターを再開。でいきましょうよ?

 

武神(マーケティング):いいすね。誠吾さん、ツイキャスとかやってくださいよ。

吉田(代表):ツイキャスって、俺個人のツイッターの方向性まだ定まってないし・・・

根建(戦略人事):みんなツイッター、再開ってことで。誠吾さん、武神、いつからツイッター開始しますか?

武神(マーケティング):今日からやるよ

吉田(代表):前のツイッターアカウントは削除して、俺も今日アカウント作るよ。久しぶりすぎてツイッターのアカウント編集のやり方とか調べちゃたりしながら。だけど、8年ぶり1回目のツイートって、ものすごく恥ずかしい。42歳のおじさん、何つぶやいてんだか、みたいな。

 

武神(マーケティング):いや〜、めちゃわかります。来週の鬼門委員会でみんなの第1ツイートについて、オダシが出てるかどうかお題にあげましょうよ。

根建(戦略人事):それ、マジでこわい。笑

武神(マーケティング):誠吾さん、ツイッターはコツコツ、めげずに継続っすよ。野球でいう素振りみたいなもんです。

吉田(代表):すでにめげそう。でも今年のテーマは自己ベスト、だもんね。

 

ーーーーー ここで会話おしまい。もとのテイストに戻します。 ーーーーー

こんな会話から「マネージャーはツイッターを再開。自らの体験、経験をつぶやくこと」
がミッションに追加された訳です。

ツイッター採用、ブランディングを再開した理由 その1


従来の求人広告から、採用マーケティングに軸足がずれてきた今、オウンドメディアリクルーティングという言葉と、昔からお世話になっているHR系の先輩が登壇している記事を日常的に見かける。

 

Indeed、Grassdoor、Google for Jobsの登場は何を意味するのか?採用はどこに向かっていくのか?それは、企業が発信する求人情報よりも、実際に働いている人の口コミ情報が信用される、評価経済社会へのシナリオを描いているのでは?そう予測できる。

 

評価経済社会に突入していくにあたり、組織戦略、採用戦略系のビジネス本などで「ストーリーを語れ」という活字をよく目にする。ただ、それよりももっと深いところ、根本を経営者、人事は考えた方がいい。企業が未来の採用戦略で準備しなければならないのは、一択しかない。それは
いい会社を作ること。

 

小手先の採用手法、制度・待遇では人の心は動くことは少なく、まして、三国志でいう関羽、張飛のような武将級の人材は、微動だりしません。もっと本質的、根本的な改革が企業には必要不可欠になるはずだ。そして

いい会社を作っていくプロセスを
そのまま発信していくこと

まとめると、いい会社とは「社会性のあるビジョン」、発信力とは「マーケティング広報力」この2点が企業の成長戦略、経営戦略の大事な柱になる。だから、さらに発信力を強化するため、マネージャー含めて私吉田も42歳にしてツイッターを8年ぶりに再開。そう決心したんです。

ツイッター採用、ブランディングを再開した理由 その2

スマホの利用人口は10代79.5%、20代94.5%、30代91.7%、40代85.5%と日本国内のほとんどがスマホを所有。(出典)総務省「通信利用動向調査」

 

また、スマホの利用目的としては1位ゲーム、2位天気予報、3位SNSとなっており、SNSが利用されている。(出典)MMD研究所「2018年上半期スマートフォンアプリコンテンツに関する定点調査」

 

そのSNSの中で、Facebookは下降気味だが、Twitterは40%以上を安定的にキープ。月間アクティブユーザー数は4500万人。企業も個人も、より発信力が求められる時代。だから、さらに発信力を強化するため、マネージャー含めて私吉田もツイッターを再開しました。

 

ここまで「ツイッター採用、ブランディングは有効?」に関してツラツラと書いてますが、一言でいうとツイッター含めてSNSはやって方がいいです。有効です。ただ、それを伝えたかったのが目的ではなく、なんかみんなで新たに面白いことしたいなぁ〜という想いを伝えたかったので、久しぶりにコラムを本音で書きました。

横綱人事プロジェクト、はじめます。

「今後、どんな組織体制で採用活動を実施して行けばいいの?」「そもそも人的リソースも足りてなくて?」「採用戦略を根本から見直したい」「本気で採用のこと、考えてくれる人が社内にいなくて孤立状態」など、経営者、人事のみなさまから様々な悩みを聞いているうちに、新しいプロジェクトを立ち上げることを決意しました。それが「横綱人事プロジェクト」です。

 

横綱というワードだけに、最強です、笑。いろいろ、インビジョンが実践していることも交えてセミナーなども実施予定です。でも本当にやりたいことは、本質的な採用、組織課題を共有しながら、ナチュラルにみんなでワイワイ、ノウハウを貯めていくようなコミュニティを作っていきたいと考えております。

 

評価経済社会を乗り越えていく、本質的な採用戦略のカタチ。これをみんなで作り上げられたら、日本全体も本質的な雇用が増えてボトムアップできちゃうし、インビジョンの志である「働く幸せを感じるカッコイイ大人を増やす」にまた一歩、近づけるなぁ〜なんて思っています。

横綱人事プロジェクト、まだ準備中なので

横綱人事プロジェクトは、絶賛、戦略人事の根建がまとめ中なので、
「横綱人事プロジェクト、興味あります」
「コミュニティ、興味あります」

 

という人たちは、インビジョン公式ツイッターで「コメント付きでリツイート」もしくは「DM」いただければ、詳細決まり次第、ご案内させていただきます。

インビジョンツイッターアカウントはこちら

経営者、人事のみなさま。中目黒で、一杯おごります。

同じような価値観の採用・組織戦略系に関わる人と、2019年は積極的に関わっていきたいなぁ〜なんて思っていて、中目黒で週1、2回は飲んでるので、「混ざりたいなぁ〜」と思う人がいたら、声かけてください。

 

「中目黒で酒を飲みながら、未来の採用戦略に関して、意見交換しませんか?」

1軒目の飲み代、おごります。

 

本気で意見交換したい人
1.会社の採用戦略に関わる人事 or 経営陣
2.会社のチームづくりを性善説(みんなやればできる)でおこなっている人
3.自分の会社に誇りを感じている人
4.理念ビジョンが大切だと思っている人
5.中目黒にこれる人
6.ビジネスはスーツじゃなくてもできるよね、というナチュラルな人
7.ポジティブな働くのホンネトーク、したい人

 

あんまり意見交換したくない人
1.採用戦略に全く関わってなく、ただ飲みたい人
2.会社のチームづくりを性悪説(みんなやってもできない)でおこなっている人
3.自分の会社に誇りを感じていない人
4.理念ビジョンはどうでもいい、稼げればと思っている人
5.中目黒にこれない人
6.ビジネスはスーツじゃないと駄目、ありえないという頑固な人
7.ネガティブな働くのタテマエトーク、したい人

 

ツイッターで「コメント付きでリツイート」もしくは「DM」いただければ、詳細決まり次第、ご案内させていただきます。夜じゃなくて、ランチでも構いませんよ。自分のスケジュールと健康状態次第なんてことも正直ありますが、毎月数回は実行していきたいです。
吉田誠吾ツイッターアカウントはこちら↓

インビジョンのツイッターアカウントまとめ。フォローしてね!

インビジョン公式ツイッターアカウント

代表取締役   吉田誠吾アカウント

顧客最高責任者 石井雄太郎アカウント

戦略人事取締役 CHRO 根建智菜アカウント

マーケティング責任者 武神アカウント

働くかっこいい研究所 小山晃宏アカウント

 

 


電話でのお問い合わせはこちら↓↓↓

※クリック or タップで発信します


採用活動に関するご相談はお気軽に

Contactコンタクト

Invisionは採用に関するお困りごとを解決。お気軽にご相談を