インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

インフルエンサー

【事例紹介】いま話題のアンバサダーマーケティングとは!?

アンバサダーマーケティングとはインフルエンサーマーケティングと同様に人が発信し、認知を広げるマーケティング手法です。
あれ、それってインフルエンサーマーケティングですよね?と思ったなら、トランキーロ!焦らないでください。
今回はアンバサダーマーケティングとはなにか、インフルエンサーマーケティングとの違い、さらに事例について触れていきます。

アンバサダーマーケティングとは

まずはアンバサダーマーケティングについて説明します。

まずはアンバサダーから説明していきます。アンバサダーとは〇〇アンバサダーがあるように、

1つのジャンルについて詳しい方です。

ディズニーでキャストから選出されるディズニーアンバサダー(親善大使)っていらっしますよね。

例えばそのディズニーアンバサダーの「〇〇エリアの〇〇がオススメ!」と

とある有名人、タレントの「〇〇エリアの〇〇がオススメ!」だと反応って違いますよね。

図にするとこんな感じです。引用:https://boxil.jp/mag/a2548/

インフルエンサーは一気に拡散

アンバサダーはだんだん浸透、コアに発信

といったところでしょうか。

インフルエンサーとの違いは距離感

アンバサダーマーケティングとインフルエンサーマーケティングとの違い。

これは一概には言えませんが、私は距離感だと思っています。

有名人からの発信と顔見知りからの発信。

有名人だから拡散力があって、顔見知りだから納得感がある。

ですのでアンバサダーマーケティングは「質」、インフルエンサーマーケティングは「量」と言えます。

 

インビジョンにアンバサダー!?資料ダウンロード1週間で200達成!

Google for jobs

先日、インビジョンのGoogle for jobsに求人を表示対応する方法&広告掲載やindeedとの比較【2019年1月まとめ】の資料ダウンロードが、

一週間で200以上達成しました。

Google for jobsのニュース性やコラムの構成が素晴らしいのも原因の1つですが、大きいのはTwitterでの拡散です。

このバズった背景を本人に聞いてみたいと思います。

 

アンバサダー石井取締役にチャット風に聞いてみた

 

小山

お疲れ様です!取締役!今回はこのまえ圧倒的にバズったGoogle for jobsの仕掛けについて教えてください!

 

石井さん

取締役って、小山さんしか呼んでませんよ!それは置いておいて、聞きたいことって何ですか?

小山

あの話題のAEWについてです。ついにケニーも行っちゃいましたね。。※2月8日の昼に書いてます。

 

石井さん

プロレスの話じゃないですか!聞きたいことを言ってください!

小山

すみません。。資料ダウンロードの数が200にいった経緯を教えてください。

 

石井さん

いきなり固くきましたね。SNSの影響がでかかったです。

コラムを作る前に休眠していた個人のTwitterを再開して、人材業界を中心にフォローしました。

小山

あの昨年12月に7年ぶりに復活したアカウントですね!奇跡の復活をしたコケシ並みの衝撃でしたよね。

石井さん

で、2018年の年末にGoogle for jobsが出るぞ出るぞってHR業界はざわついていたんですよ。

新しい情報を誰もが欲していた状態でした。

小山

めちゃめちゃざわついてましたよね。次のパレハは誰かくらいざわついてました。

石井さん

さらに年末に日経新聞に「グーグル、求人事業に19年参入 検索結果で仕事を提案」というニュースが出たときに、

これは年明けに日本版ローンチするなと思い、コラムを書いて、SNSで拡散しようと思いました。Twitterと同じようにFacebookでもコミュニティを広げてました。

小山

着々と準備していたってことですね。4の字で決めたいので序盤にドラゴンスクリューするのに通じますね。

石井さん

1月7日にコラムをアップして、コラムの内容はGoogle for jobsに表示させる方法やリリース前の日本で表示させる裏技やGoogle for jobsとindeedの違いなど、割とボリュームがある構成になりました。それをTwitter、Facebookに載せたところ、リツイート&シェアが続いて、いろんな人に認知されて、

小山

SNSの理想のカタチっすよね。タイチのへそで投げるバックドロップみたいな

石井さん

その結果、HrogをはじめとしたHR業界のサイトに取り上げられて、資料がダウンロードされたんですよね

小山

あのときは資料ダウンロードの通知が止まらなかったですよね。小橋と健介のチョップの打ち合いぐらいに。

石井さん

フォロワー数が一気に増えましたね。

小山

この人は人材業界に詳しい情報を発信するぞと、これまで以上に認識されたんですよね。これぞアンバサダーマーケティング。

GK金沢が発信すれば、プロレスファンは振り向くみたいな感じですね。って、取締役!いい加減、プロレスネタに突っ込んでくださいよ!

草野さん

待て待て待てー、プロレスの話をしてるのかコノヤロー!

小山

く、草野マネージャー。。。

草野さん

始まる前から負けることを考えるバカがどこにいるんだよ!!コノヤロー!採用もそうだ! いくぞ!!!1、2、3、ダァーーーー!!

小山

取締役!取締役! 草野さんが中迫戦のボブ・サップ並みに暴走してます!とりあえず、会話終了します!

 

インフルエンサー、アンバサダー重要なのはどちらも「共感」

【事例紹介】いま話題のアンバサダーマーケティングとは!?はいかがでしたか。
最後はちょっと変な方向に進んでしまいましたが、インフルエンサーマーケティング、アンバサダーマーケティングともに重要なのは「共感」。
高い共感を得られるかどうかがで価値が決まります。

石井さんにならってインビジョンメンバーでTwitterをはじめました。

代表取締役   吉田誠吾アカウント

顧客最高責任者 石井雄太郎アカウント

戦略人事取締役 CHRO 根建智菜アカウント

マーケティング責任者 武神アカウント

働くかっこいい大人研究所 小山晃宏アカウント

The following two tabs change content below.
小山 晃宏

小山 晃宏

Twitter のプロフィール
働くかっこいい大人研究所 所長 兼 IIAプロジェクト 兼 ときどきライター ときどき腰痛 コルセットは小山にとってのチャンピオンベルト

Contactコンタクト

ざっくばらんにご相談(無料)ください。