インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

企業ブランディング

【広報向け】TikTok広告ガイドブック|種類・費用・相性の良い業界

「TikTokで広告って出せるの?」

「いろんな動画でTikTokの広告を見かけるけど広告料はいくらだろう・・・」

 

TikTok広告に興味があるからこそ、このページを訪れたのではないでしょうか。

 

TikTok広告の種類や料金を知り、自社の商品やイベントを多くのユーザーにアピールできて集客や売り上げアップが期待できるなら使ってみたいですよね。

 

TikTokは月に850万人が使っているアプリケーションで、APP STOREのダウンロード数は世界一です。(※2018年12月調べ)

 

最近はyoutubeなどでTikTokを宣伝する広告を「うざい・しつこい」と感じる人もいるようですが、それだけ多くの人に認知されるようになっています。

 

多くの人に知られるようになったTikTokだからこそ、広告を出せば宣伝効果が見込めるでしょう。

 

そこで今回は、TikTokで宣伝できる広告の種類機能ユーザー情報料金などをTikTokの資料を元にまとめましたので参考にしてみてください。

起動画面広告

起動画面広告

 

起動画面広告とは、TikTokを起動した時に表示される広告です。

 

TikTokの起動時に画面に表示されるため、多くのユーザーから見てもらえるでしょう。

 

それでは起動画面広告の機能や価格、発注スケジュールについて解説していきます。

機能と価格

機能 ・縦型フルスクリーン

・静止画または3〜5秒のGIFアニメで表示

・クリックされるとTikTok内アプリCPページ or 外部WebLPへ遷移できる

・1日のFQ(※)が5回

(※)FQ・・・期間内に閲覧者が広告をみる回数

価格 1日1社限定:600万円
表示位置 アプリ起動時
保証imp(※)

(※)imp・・・インプレッションの略。サイトに来た訪問者に対して広告が1回表示されることを1impという。

保証imp/3,000,000(CPM(※)=2,000円)

(※)CPM・・・広告を1,000回表示するときのコストのこと。

保証imp数を超えた場合も23:59まで配信は続きます。

注意事項 ・正式に申し込みをする前に必ず広告枠の空きを確認

・申し込みはメールにて先着順。
※枠の仮押さえはできません

・入稿期限:10営業日前(TikTok審査済みの広告素材)

・アプリダウンロード画面への移動は不可

・ターゲティングの方法は国指定のみ

広告発注のスケジュール

起動画面の広告を発注する際のスケジュールは以下です。

 

  1. 発注:12営業日前
  2. 素材・URL投稿(TikTok審査済みの素材入稿日):10営業日前
  3. レポート提出・掲載終了後7営業日以内

インフィード広告

インフィード広告

インフィード広告は、おすすめページに表示される動画型の広告です。

9〜15秒の動画なため、広告らしさはありません。

 

また、インフィード広告には2種類2タイプあるのが特徴です。

 

インフィード広告の種類

  1. One Day Max(期間保証型広告)
  2. Brand Premium(imp保証型広告)

 

インフィード広告のタイプ

  1. アクセス促進型
  2. ブランディング促進型

 

表でインフィード広告の種類やタイプ別に機能をまとめたので参考にしてみてください。

 

広告商品の機能比較

 

項目 One Day Max Brand Premium
広告メニュー アクセス促進型 ブランディング促進型 アクセス促進型
1日1社限定 ×
広告主アカウント作成 × ×
音楽ページ誘導 × ×
動画ページ誘導
Appダウンロードページ誘導
LP誘導
公式楽曲入庫 × ×

 

インフィード広告単体では『#(ハッシュタグ)』は使えません

①One Day Max(期間保証型広告)の機能と価格

  • 価格:770万円(1日1社限定)
  • 表示位置:フィード内広告として最初に表示される広告
  • 広告タイプ:アクセス促進型/ブランディング促進型
  • 保証imp:2,200,000(CPM(※):3,500円)

(※)CPM・・・1,000回広告が表示される時にかかる費用

保証imp数の表示数を超えても配信は23:59まで続きます

 

注意事項

 

  • 申し込みはメールの決定優先になります。枠の仮押さえはできません
  • 正式に申し込みをする前に必ず広告枠の空きを確認する
  • 入稿期限:5営業日前(TikTok審査済みの広告素材)
  • 国内以外ではターゲティングできない

②Brand Premium(imp保証型広告)の機能と価格

  • 価格:50~350万円(1日4社限定)
  • 表示位置:おすすめフィード80post内に表示される
  • 広告タイプ:アクセス促進型
  • 保証imp:200,000-1,400,000(CPM:3,500円)

 

注意事項

 

  • 申し込みはメールの決定優先になります。枠の仮押さえはできません
  • 正式に申し込みをする前に必ず広告枠の空きを確認する
  • 入稿期限:5営業日前(TikTok審査済みの広告素材)
  • 動画内の楽曲は公式楽曲にはできない(ユーザーは動画内の楽曲を使えない)

①アクセス促進型の機能と価格

アクセス促進型

アクセス促進型は、ユーザーが赤枠のどこかをタップした際に指定したランディングページ or アプリダウンロードページへと遷移させられます

 

画面の多くの箇所から、指定したページへユーザーを誘導できるのは強みです。

 

  1. プロフィール画像
  2. ユーザーネーム(広告主名)
  3. 説明文
  4. 青帯バナー

 

注意事項

 

  • 広告主アカウントを作成する必要はない
  • #を説明文の記載できない
  • ユーザーが音楽の使用はできない

 

②ブランディング促進型の機能と価格

ブランディング促進型
画像のインフィード広告は、アクセス促進型なため楽曲マークから楽曲ページへ遷移できません。

 

ブランディング促進型は、クリックが見込めることはもちろん、ページによって遷移させるページが異なるのが特徴です。

 

  1. ユーザーネーム or プロフィール画像:広告主のアカウントページ
  2. 青帯バナー:ランディングページ or アプリダウンロードページ
  3. 楽曲ページ:楽曲ページ

 

注意事項

 

  • 広告アカウントを作成する必要がある
  • #(ハッシュタグ)を説明文の記載できない

広告発注のスケジュール

インフィード広告を発注する際のスケジュールは以下です。

 

  1. 発注:10営業日前
  2. 素材・URL投稿(TikTok審査済みの素材入稿日):5営業日前
  3. レポート提出・掲載終了後7営業日以内

#チャレンジ(ハッシュタグチャレンジ)広告

#チャレンジ

#チェレンジ広告とは、お題のハッシュタグを用意して手順に沿ってユーザーに動画を作成してもらえるタイアップ広告(協力して出す広告)です。

 

ユーザーの目に留まりやすいため、多くの人からの投稿が見込めて指定したお題を拡散できます

 

何の動画を投稿しようか悩む時間を省けるのも、#チャレンジ広告がユーザーから投稿される理由の1つです。

 

ちなみに#チェレンジ広告の動画投稿をしたユーザーに、プレゼントキャンペーンなどを用意すればさらに多くの人から投稿が見込めるでしょう。

 

#チェレンジ広告でない案件に関しては、他媒体で『#』をつけてTikTokへの投稿へ誘導するのは禁止されています。

機能

  • いいねやコメントなどの多くのエンゲージメントが見込めるタイアップ企画
  • 各種広告が#チェレンジ広告への誘導枠としてパッケージに含まれる
  • 人気のハッシュタグと同じ形式で誘導できる

誘導枠

#チャレンジ広告には4つの誘導枠があります。

 

  1. 発見ページ
  2. プッシュ通知
  3. 起動画面広告
  4. インフィード動画

 

いずれかの通知をタップしてもらえば、誘導したいページへと遷移させられます

 

遷移先①:発見ページをタップ

 

発見パージ

 

↓発見ページにある、上の赤枠の広告をタップ

 

発見ページの遷移後

 

遷移先②:起動画面広告をタップ

 

起動画面広告

 

↓右上に記載されている『広告をスキップ』以外をタップ

 

発見ページの遷移後

 

このように、さまざまな画面から指定したページへとユーザーを誘導できます

#チャレンジ広告メニューと価格

#チェレンジ広告は、起動画面広告もしくはインフィード広告のどちらを選ぶかで値段が異なります。

 

#チェレンジ広告の広告費

広告の種類 起動画面広告 インフィード広告one day max
詳細 300万imp保証 220万imp保証
掲載期間 1日
スケジュール キャンペーン期間内実施(日程指定可能) キャンペーン1日目 キャンペーン3日目
広告費 600万円 770万円 770万円

 

ただし、3つ全てに申し込みをすると2,140万が2,000万円(※2018年12月調べ)になり、さらに無料パッケージの特典が付きます

 

以下の表に、#チャレンジへ申し込みをした際に無料サービスになる内容をまとめました。

 

チャレンジパッケージ(無料サービス)

バナー ・#チャレンジのトップページに誘導

・#チャレンジ開始3日間は発見ページを1番目に表示。後の2日間は3~5番目に表示

5日 #チャレンジ実施期間中
#チャレンジ発見ページ ・#チャレンジのトップページに誘導

・#チャレンジ開始3日間は上から2番目の枠。後の2日間は3~5番目に表示

アプリ内プッシュ通知 ・広告主の#チャレンジに関する通知を日本ユーザーに送信(ロック画面通知なし)

・#チャレンジ or 公式動画へ誘導できる

1メッセージ

 

#チャレンジ実施期間中(日程を指定できる。1日目を推奨)
公式動画 指定した動画が上位に表示される(公式マークなし) 5日 #チャレンジ実施期間中
#チャレンジアイコン #チャレンジページに表示される(背景と別の画像を指定できる)
#チャレンジページ背景 #チャレンジページ上部の背景になる

(広告主のプロフィール画像・#チャレンジのアイコンと別画像を指定できる)

#チャレンジ説明文 #チャレンジ概要の説明文
公式楽曲 ・#チャレンジページの撮影ボタンから動画を撮影・楽曲を選択するユーザーは、楽曲を選ぶ時に「おすすめの楽曲」として当該楽曲が上位に表示される

 

注意事項

 

  • #チャレンジは1日1社限定で5日間実地する。
  • スタート日は【1・6・11・16・21・26日】に固定。
  • #チャレンジパッケージ内の【誘導枠・表示位置・入稿規定】に関してはユーザー最適化UI/UX変更に伴い、変更になる可能性があります。

 

#チェレンジ広告で計測できるデータ

 

#チェレンジ広告はどのくらいの人が参加したのかなどのデータが明確に分かります。

 

  • #チャレンジの参加人数
  • エンゲージメント数
  • 公式動画の視聴数
  • 楽曲の使用数
  • バナー・チャレンジ発見ページ・Push通知のimp/クリック数 など
  • 楽曲関連
  • 誘導枠関連

広告発注のスケジュール

#チャレンジ広告を発注する際のスケジュールは以下です。

 

順番 流れ 確認・注意事項 かかる日数
発注 発注前に空き状況を確認 25日営業日前まで
公式内容の審査 コンセプトや公式動画の大まかなイメージが分かる内容を共有
公式動画の概要審査

①楽曲

②振り付け

③動画出演者の衣装

④撮影場所(背景)

⑤出演者

・撮影前には必ず審査をする

・としても再撮影の費用の補償はなし撮影後の審査でNGだ

・期日はあくまで目安なの。期日より早めに動画を提出する

・起用するインフルエンサーにも必ず共有

20日営業日前まで
素材の審査

①ハッシュタグタイトル

②#チャレンジ説明文

③プッシュ通知の文言

④バナー広告の素材

⑤公式動画の素材

⑥インフィード広告の素材

・審査NG、素材に不備がある場合は修正が必要 14日営業日前まで

 

楽曲の入稿

①カット済みの入稿音楽

②音楽のジャケット画像

③楽曲授権許諾書

④使用の権限をもつ所属会社

⑤曲名

⑥歌手名

楽曲授権許諾書に不備がある場合は楽曲の入稿ができません 10日営業日前まで
公式アカウント開設 ・一般ユーザーと同様の方法でアカウント開設を行う

・開設後はIDを共有する

8日営業日前まで
公式動画・入稿素材

①公式動画アップロードならURLを入稿する

②インフルエンサー動画ならアカウントIDとURLを共有する

・インフルエンサーを起用する場合は、アカウントIDとURLを共有する

・共有できない場合は動画の公開がNG

5日営業日前まで

広告依頼の免責事項

免責事項

TikTokを運営するByteDance株式会社が、TikTokの広告をだす際に定めた免責事項をまとめました。

※免責事項を読み飛ばしたい人はこちらをクリックしてください。

 

  • 素材提出が入稿期限より遅れてしまい、【バグ・配信不備・表示内容】に不備がある場合は問題への対処は行わない。また保証imp数が下回っても補償はできません
  • 入稿後にLPやAPPダウンロードの内容を変更は禁止
  • 広告主(広告代理店)は知的財産権に関する権利処理を行う必要がある。
    知的財産権に不備があり、第三者の権利を損害したなどで損害賠償が発生しても責任は負えない
  • 広告コンテンツ内の楽曲はユーザーにも使用される
  • 広告主(広告代理店)は、リンク先のページが正常に表示されるか十分にテストを行う。
    リンク先のページが正常に表示されないなどの不備が発生した際は、広告を中断することもある。
    リンク先のLPが正常に表示されない場合は一切の責任を負わない
  • リンクページにはディープリンク(※)を直接埋め込みはできない。
    もしディープリンクが直接埋め込まれていた場合は、広告を停止し保証や補填は行いません
    (※)ディープリンク・・・TikTok内で特定のコンテンツへ遷移すること
  • 通信回線・パソコン・サーバーの障害・天災地変によるサービスの中断・データの消失・遅延・中止・不正アクセス】によって生じた損失、損害などは一切責任を負わない
  • 広告内容に対して第三者から損害賠償請求された際は一切の責任を負わない
  • 広告主(広告代理店)が反社会的な勢力と関係を持っていると判明した場合は配信を直ちに中止する。また万が一弊社が、被害が生じた場合は広告主(広告代理店)が負担を負う
  • 全メニューの申し込みは発注メールでの決定を優先とする
  • 申し込み後にキャンセルをした場合は原則100%の広告料金の支払いをする

TikTokや広告に関する豆知識

豆知識

TikTokを利用しているユーザーやTikTok広告キャンペーンと相性の良い商品についてお伝えします。

ユーザー情報

どんなユーザーがTikTokを使っているのかをまとめました。

 

  • ユーザー数:850万人
  • 1日の起動回数:6回
  • 平均視聴時間:41分
  • 月の再生回数:130憶回
  • 性別割合:女性71%/男性29%

 

男性より女性の方が多い傾向にあります。

 

またMMD研究所が2018年7月に行った調査によると、10代の認知度は77.8%。20代では65.1%あります。30代にも50.1%と若年層に人気のコンテンツです。

※調査対象:18〜69歳の男女1,738

(参考:調査データ|MMD研究所)

TikTok広告キャンペーンで相性の良い商品は飲食関連

現在のTikTok広告は、飲食関連の企業との相性が良い傾向にあります。

 

TikTokが“#TikTokグルメ”という企画をプッシュしはじめている背景があるからです。

 

#TikTokグルメはユーザーが美味しいお店を探すためのハッシュタグです。

 

従来のグルメサイトよりも、ユーザーのリアルな感想や口コミを確認しながら簡単にお店を探せるので、今後さらに需要は増えていくでしょう。

ハッシュタグチャレンジの4・5日の再生数は数百万

TikTokのハッシュタグチャレンジは、4・5日で数百万回再生されています。

 

認知度の高い人が投稿しているのはもちろんですが、ユーザーがコンテンツを見てシェアしているからです。

 

ユーザーに楽しんでもらえるプラットフォームだからこそ、再生数は4・5日に数百万回という数字を実現できます。

TikTok広告をだす方法2つ

方法

①TikTokの運営会社に問い合わせをする

TikTokで広告を出したいなら運営会社であるByteDance株式会社に問い合わせてみましょう。

 

  • 電話番号:03-62580200
  • 住所:東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル27F 163-0227

②広告代理店に依頼をする

TikTokで広告を出すには広告代理店に依頼をしてみてもいいかもしれません。

 

広告代理店なら、あなたの会社で集客したい商品やイベントがどうすれば認知度がアップするかなどを任せられます。

 

また広告代理店に依頼することで、企画を考える余計な手間を削減できるので別の業務に回せるのもメリットです。

 

予算はあるけれど、時間が取れない人は広告代理店に依頼することをオススメします。

TikTok広告は3種類ある!

大人気のコンテンツであるTikTok内で流れる広告には、3つの種類とプランがあります。

 

  1. 起動画面広告
  2. インフィード広告
  3. #チャレンジ広告

 

多くの人に閲覧してもらえるTikTokで広告を出せば、自社商品やイベントなどの集客を一気にアップできるでしょう。

 

TikTokは若者を中心に流行っているアプリケーションだからです。

 

TikTokで広告を出したい人は、当サイトを運営しているインビジョンが全力でサポート致します!お気軽にご相談してください。

Contactコンタクト

ざっくばらんにご相談(無料)ください。