インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

インフルエンサー

企業ブランディング

いいね数3倍!?なぜインスタグラム運用は代行に任せるべきなのか

運用コスト、効果から考えてもインスタグラム運用はノウハウを持った代行に任せるのがオススメです。

ここだけの話、小山はインビジョンのインスタ運用を行っていました。要は中の人です。

https://www.instagram.com/invision_inc/

からけっこう前にさかのぼると習字や複数枚で1つの写真になっているあたりです。試行錯誤が伝わってきましたか?1mmでも共感してくれたら、元・中の人として幸いです。

だからこそ!だからこそ、インスタグラムの運用は代行に任せたほうがいいといえます。

では今回は「いいね数3倍!?なぜインスタグラム運用は代行に任せるべきなのか」を題して、

要は手っ取り早くインスタグラム運用は代行に任せましょうというコラムを書きます!

インスタグラム運用がうまくいかない4つの原因

インビジョンのインスタ運用はこれまで小山以外に2~3人担当していましたが、なかなかうまくいっていません。

現在は4コマという形式をとって軌道に乗りました。(マコちゃんありがとう!あれ、これって書いていいんだっけ)

そんな実体験をもとにインスタグラム運用がうまくいかない原因を列挙します。

①発信する情報が意外と少ない

いざインスタの運用!企業SNS、とくにインスタグラムを見てみるとコンセプトが決まっていて、ブレがない。

ブレがないというか一覧で見てみると圧倒的に「統一感」があります。上下をトリミングして、色合いを決めてと計画は練ったものの発信する情報、つまり素材がすぐに枯渇する壁にぶち当たります。

②優先度がそこまで高くない

インスタ運用は時間がかかります。写真の選定、写真の加工、投稿文の作成、ハッシュタグの選考をやることが意外とボリューミー。

となるとけっこう優先順位は下がってしまいます。会社のブランディング的には優先度が高いのですが、自分の業務の優先順位として下がってしまい、投稿に感覚が空くようになってしまいます。

③いいね、フォロワーを伸ばすノウハウがない

どうにかインスタ運用をする時間を確保して、決まった日時で投稿。投稿したものの一行にいいねが増えない。フォロワーが伸びない。

ハッシュタグを工夫しても、よくわからないアカウントからのいいねとフォロワーがつくだけ。

私の場合ほかの企業アカウントを参考に統一感を出すために習字→インビジョンの風景→中目黒グルメの順で投稿していましたが、

書道家のフォロワーは増えただけで届いてほしいターゲットからのフォローはありませんでした。

④PDCAを回すリソースがない

運用は改善が必要不可欠。施策を練って実行、経過観測、振り返りが1セットですが、時間の確保は「実行」のみでそれ以外はおざなりに。

リソースがないという理由でPDCA改善サイクルを回せずに、ただのパワープレー状態になるだけ。

インスタグラム運用を代行に任せる3つの理由

上記のインスタグラム運用がうまくいかない4つの原因はいかがでしたか。

けっこうあるあるだと思うんですよね。ほんとに。それを踏まえた上でインスタグラム運用を代行に任せる理由を紹介します。

①インスタグラムアルゴリズムが理解している

アルゴリズムとは一定の法則みたいなもので、このコラムにもGoogle検索で上位に表示させるためのアルゴリズムを意識して書いてます(偉そうにすみません、すこしだけ意識して書いてます)。

インスタグラムにもユーザーに効果的(インスタグラムの運営人が考えている最適な情報)な情報を伝えるアルゴリズムが存在します。

そのアルゴリズムを理解していないと、なかなかインスタグラムを活用しきれません。一方、インスタグラムの運用代行は複雑なアルゴリズムを理解しています。そのためインスタグラムの効果を最大化できます。

②コンセプト設計、コンテンツ製作など描いてくれる

先ほどから連呼している「統一感」。その統一感を出すにはコンセプト設計とコンテンツ製作がとても重要。

どのようなターゲットに、何を、どう伝えたいか。そのコンセプトを写真でどう加工するか。考えるだけで心がブロークンしそうですが、運用代行ならその辺をきちっと設計、描きます。

③目標値を追いかけてコミットしてくれる

インスタグラム運用を代行に任せる理由の最後は目標値に向かって運用してくれる点です。

「優先順が低いから、リソースがないから投稿しませんでした」はありません。最初に決めた目標値をストイックに追いかけます。(運用代行する会社によりますが、、)

インスタグラムの運用代行は「代行するのが目的ではなく、目標を達成する」のが目的です

 

インビジョンのインスタグラム運用代行とは

「インスタグラム 運用代行」でググってみてください。

はい、おかえりなさい。どうでした?インスタグラムを運用代行している企業がけっこう検索結果にでてきましたよね。

どれも一緒じゃんと思われないようにインビジョンのインスタグラム運用代行を最後に紹介します。

Instagramの運用専門チームが在籍

以前、コラムで紹介した通り
https://www.invision-inc.jp/column/2019/02/26/for-beginners-of-instagram/#i-6
インビジョンにはインスタグラムの運用専門チームがいます。

専任しているので、レポート、分析など日々パフォーマンスを出せるよう運用を行います。

インスタグラム以外のアプローチも可能

インビジョンはSNSの運用代行会社ではなく、求人広告の代理店です。

そのため、インスタグラムの活用以外にも採用戦略もお手伝いできます。

要は会社のブランディングは採用にも大きく影響します。採用コンサルという大きなくくりで提案できます。

Indeed、ATS(採用管理システム)を中心した採用から、動画制作、インフルエンサーマーケティングなど、

すべてがオールインワンでできるのがインビジョンの強みです。

「いいね」と思われるインスタアカウントの近道は運用代行がオススメ

「いいね数3倍!?なぜインスタグラム運用は代行に任せるべきなのか」はいかがでしたか。

インスタグラムの運用代行はまだ任せられない!そもそもよくわからないという方はまず下記資料をダウンロードお願いします。

またはこちらからお問い合わせください☆


電話でのお問い合わせはこちら↓↓↓

※クリック or タップで発信します


メールでのお問い合わせはこちらへ

The following two tabs change content below.
小山 晃宏

小山 晃宏

Twitter のプロフィール
働くかっこいい大人研究所 所長 兼 IIAプロジェクト 兼 ときどきライター ときどき腰痛 コルセットは小山にとってのチャンピオンベルト

Contactコンタクト

ざっくばらんにご相談(無料)ください。