インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

Indeed関連

採用戦略

2019年4月度主要求人サイトユーザー数まとめ

働く理由は十人十色です。それでもきっとベースにあるのは十人十色のワクワク何だろうなと感じます。
そんなワクワクを忘れて欲しくないから、今回は少しでもワクワクまで最短距離で走っていけるようお手伝いをしたくて、求職者別の人気求人サイトを紹介してみようと考えています。

アルバイト向きの求人サイト


上記のグラフはアルバイト向けの求人サイトをまとめたものになります。
一目瞭然で分かるように、indeedが2,200万アクセスと圧倒的なシェアを占めている事がわかります。やはり、ユーモア溢れるTVCMで求職者の興味を引いているのでしょうか。

 

求人サイトと言ったらindeed。そんな雰囲気ができてきているようにも感じます。

 

2位には地元に合わせた求人活動を展開するタウンワークがアクセスを集めていますね。
地元目線で求人情報を提案してくれているのは地元で働きたい方の強い味方なのではないでしょうか?

転職向けの求人サイト


中途採用向けの転職サイトでもやはり、indeedは注目されているようです。
就きたい職種をindeedで検索するだけで簡単に自分好みの職種を提案してくれるのは好評のようです。

 

また利用するのに登録作業が必要ないという事もポイントだと感じます。

 

そして、日本では新卒採用で知名度の高いリクナビ、マイナビをはじめ転職市場で大手として認知されているドゥーダやエンジャパンも横並びのアクセス数となっていることは衝撃です。

派遣向きの求人サイト


ここでも、アクセス数がダントツで多いのはindeedでした。
網羅的かつ見たい求人だけ情報を集められるindeedはより効率よく情報を集められるので短期的に夢に向けて収入を得られることができるのでおすすめです。

新卒向けの求人サイト


indeedはここでも強いのは、もう言うまでもありません。

しかし、日本の新卒市場の視点から考えると、やはり日本の就職活動を支援する老舗のリクナビやマイナビに軍杯が上がるのではないでしょうか。

 

大規模な就職説明会や、就職活動の要となる面接の練習のアフターケアまでと就職活動全般を手堅く支えてくれるのは検索エンジンとしての役割が強いindeedではカバーしきれないないのではないでしょうか。

求人検索エンジンサイト


さてここまで、indeedと各媒体の特色を紹介して来ました。
ところで、そもそもindeedとはなんでしょうか?

 

リクナビやマイナビと言った登録型の求人サイトとは違い、手間な登録なしでindeedに掲載されている情報を求職者が検索することで、自分の要望に近い求人が手元で見ることが可能になります。

 

そんな効率よく情報を集められるindeedは「求人の検索エンジン」として活用されており、身近なところでいうと、Googleやyahooなどが馴染み深いのではないでしょうか。

そんな数ある検索エンジンの中でも、indeedは求人だけに特化した仕組みになっています。

やはり、求人の検索エンジンとしてのシェアも群を抜いており、これは他の求人検索エンジンと比較しした際も知名度と情報の多さから多くの人から信頼されて使われていることが確認できますね。

まとめ

如何だったでしょうか?
グラフなどを使って各求人サイトの特色や利便性や、どう言った人が使うと求人サイトの性能を最大限に有効活用できるのかをまとめてみました。

 

中でもindeedのアクセス率は各媒体と比較しても圧倒的な数字を誇っていることが確認で来ました。

 

それでもindeedだけを使うのは怖いと思う方もいるかと思います。

まずは多くの人が使っているindeedで求人を調べながら、各々の考えにあった求人サイトを見つけていくのが効率的な就職活動なのかもしれませんね。

 

もっと詳しい資料がほしい方は、「4月度の主要求人サイトユーザー数まとめ」について見やすい資料をまとめましたので、

下記リンクをクリックください!

2019年4月度主要求人サイトユーザー数比較


メールでのお問い合わせはこちらへ

Contactコンタクト

ざっくばらんにご相談(無料)ください。