インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

人材採用

福岡県で採用活動〜採用する方法と知っておきたい注意点まとめ

 

 

学生や求職者の売り手市場の傾向にあります。

一方、離職率も高くなり、求める人材を採用することは難しくなっています。

 

そんな中、採用する可能性を広げるために、注目されるのが地方での採用です。

 

今回は福岡県に焦点を当て、企業別にオススメの採用方法と注意点をご紹介します。

【雇用形態別】福岡でオススメできる採用方法

中途の正社員を雇う方法3つ

福岡県で正社員を中途で採用するオススメの方法は3つです。

 

  1. ハローワーク
  2. 転職サイト
  3. リファラル採用

 

(関連記事:福岡県で中途採用を実施する5つの方法〜費用・特徴を徹底検証〜)

新卒採用を雇う方法3つ

福岡県で正社員を新卒で採用するオススメの方法は3つです。

 

  1. SNS
  2. インターンシップ
  3. ダイレクトリクルーティング

 

(関連記事:福岡で新卒採用をする6つの方法~求人募集のメリット・デメリット)

アルバイト採用を雇う方法3つ

福岡県でアルバイトを採用するオススメの方法は3つです。

 

  1. 求人媒体
  2. 店頭の張り紙
  3. Indeed

 

(関連記事:福岡でアルバイトを探す〜各媒体のメリット・デメリット・費用を比較)

【企業別】おすすめできる人材採用の方法

福岡県で企業別に効果的に活用できる人材採用の方法をまとめました。

  • 予算がある企業→求人媒体
  • 予算がないけどミスマッチを減らしたい→Indeed
  • 予算をかけられない→Indeed
  • 地元で働きたいと思う人材が欲しい→ハローワーク
  • 採用業務の負担を軽減したい→求人媒体・リファラル採用・Indeed(広告代理店に依頼)
  • 公募では出会えなかった人材を採用したい→SNS・Indeed・店頭の張り紙
  • 全国から応募が来て欲しい→SNS・Indeed・求人媒体
  • 企業ブランディングに役立てたい→オウンドメディア
  • すべて自分たちで採用活動を行いたい→オウンドメディア

───────────────────────────────────────────

Indeedの無料資料】費用や効果実例をWEB限定公開!

───────────────────────────────────────────
新規CTA
───────────────────────────────────────────

人材採用する前に準備するべきこと

人材採用する前に準備するべきこと

採用する目的を明確にする

人材採用をする前には、採用方針を明確にしておきましょう。

求職者とのミスマッチを防げます。

 

自社に合う人物像を具体的にしてから採用活動を行いましょう。

自社だけの強みを言語する

他者とは違う自社だけの強みを言語化しましょう。求職者は、自社より条件が良い会社があれば流れてしまうからです。

 

他者と差別化できれば、条件が良い他社より自社を選んでもらえる可能性もあります。

予算の上限を決める

採用予算の上限を決めましょう。

費用によっては使えない採用方法もあります

 

例えば、求人媒体は掲載期間や原稿サイズによって100万円を超えます。

採用目的に合わせ、予算の上限を確定させましょう。

採用フローを設定する

採用フローは採用活動をスムーズに進めるためにあらかじめ設定しましょう。

職種や採用人数によっては、選考が長期化します。

 

しかし、応募者は複数社の選考を同時並行で進めていることが多く、先に内定が出た際に決めてしまう場合も少なくありません。

 

採用の目的に合わせて、採用フローを検討しましょう。

採用までのスケジュールをしっかり立てる

採用フローと同時に、スケジュールも確定させましょう。

応募者が選考途中で離脱することもあります。

 

しかし、選考期間が採用上の競合に比べて長いと離脱の確率が高まります。

本当に欲しい人材に対しては、選考プロセスの間隔を早める、最終面接を早めに行うなど対策しましょう。

社内体制を整える

社内の協力体制を整えましょう。

採用活動は、説明会やインターンシップ、面接などの選考に関わるものから内定式や研修など長期間かかります。

 

人事担当者だけでは、負担が大きくなります。

他部署にも協力を要請し、会社全体で採用活動を行う姿勢が重要です。

あなたの会社にとって優秀な人材を採用するためのポイント

あなたの会社にとって優秀な人材を採用するためのポイント

求職者がリラックスして話せる環境を作る

面接時に求職者がリラックスして話せる環境作りを心がけましょう。

本当の求職者の姿を見るためです。

面接時に、緊張して話せない求職者もいます。

 

本当は優秀なのに、緊張のせいで本当の姿を見ないのはもったいないでしょう。

応募者が面接時に個性を発揮するためにも、緊張しない空間づくりを作るのが大切です。

多方面から質問をする

面接時は多様な質問を求職者に出しましょう。

考えがブレていないか、プレゼンテーション能力や対応力を見極められます。

 

また会社の志望度や成功、挫折経験など社風に合う人材を確認する質問を投げかけると、辛いことも自分の力で乗り越える力があるかどうか分かります。

ビジョンに共感しているか見極める

会社のビジョンに共感しているか見極めが重要です。

就職活動中に雇用条件しか見ていない場合、早期退職になる可能性があります。

 

しかし、ビジョンを共感していると『一緒にこの人たちと頑張りたい』など、目標に向かって頑張るため離職率の低下になります。

人材採用で注意すべきこと

人材採用で注意すべきこと

時期によっては求人応募が来にくい

新卒採用の場合、近年は3月に企業エントリーが始まり、6月から企業の選考が開始になっています。

この時期を逃すと既に内定を得た学生も多くなるため、人材を獲得しづらくなります。

 

また、首都圏を中心とする一部の企業では経団連が定めた時期に縛られずに選考を行っています。

優秀な人材を獲得するために、早期から動き出すことが大切です。

内定辞退はよくある

内定の辞退も度々発生します。

求職者は、自分にとってより魅力的な企業に就職したいものです。

 

多めに人数を確保するなど、突然の内定辞退が生じた場合に備えましょう。

内定者のフォローなど、入社意欲を向上させるよう心がけることをオススメします。

求人広告には募集内容を具体的に記載する

求人広告は、【就業時間・雇用形態・給与・休み】など具体的に募集内容を記載しましょう。

求人広告は、応募者にとって企業との最初の接点です。

 

内容に違いがありすぎると、求職者が入社して「求人内容と違った・・・」と退職されてしまうでしょう。

求職者とミスマッチを防ぐためにも、求人広告には条件などを細かく記載するのが重要です。

福岡県で採用をするなら採用方針や予算を決める!

福岡県で採用活動を行う方法と注意点を紹介しました。

 

明確なスケジュール計画や企業理念、内定辞退者数も再確認しておくことをオススメします。

予算や採用担当者の負担を減らせます。

 

当サイトを運営するインビジョンは、福岡に支店を出しています。

人材業界11年のノウハウを使って、あなたの会社の採用を全力でサポートさせてください!

───────────────────────────────────────────

【Indeedの無料資料】採用率を130%までアップ

───────────────────────────────────────────
新規CTA
───────────────────────────────────────────

 


電話でのお問い合わせは03-5794-5433まで
※クリック or タップで発信します


 

メールでのお問い合わせはこちらへ



営業のお問い合わせはお電話にてお願い致します。

Contactコンタクト

ざっくばらんにご相談(無料)ください。