インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

企業ブランディング

インスタグラムを採用に活用できる?方法・メリット・成功例を解説

 

SNSを採用活動に利用する企業が増えてきています。インスタグラムも効果的に採用ができるツールの1つです。

 

しかし、どうやってインスタグラムが採用に使えるのか分からない採用担当者様も多いと思います。

 

そこで今回は、

 

  • インスタグラムで採用ができる理由
  • インスタグラムを採用に使うメリット
  • 企業がインスタグラムを使った採用活動事例

 

など、インスタグラムの採用に関することをまとめましたので、参考にしてみてください。

インスタグラムで採用できる理由

インスタグラムで採用できる理由

どんな企業なのかを学生に伝えられるから

インスタグラムで採用ができるのは、どんな企業なのかをSNSを通じて学生に分かってもらえるからです。

 

従来の就職活動だと、入社するまでどんな会社かは分かりません

 

求人票や会社のホームページには、ほんの少しの情報しか載せていない企業もありますからね。

 

一方、インスタグラムなら会社の情報を“リアルタイム”で手に入れられます。

 

投稿内容や写真が閲覧されて、興味を持ってもらえれば説明会に来てくれるでしょう。

インスタグラムは拡散力があるから

情報の発信に優れているインスタグラムは拡散力があるため、学生を採用できる可能性があります。

 

不特定多数のユーザーに自社の採用情報を届けられるからです。

 

従来の求人広告だと、求人を見た人の応募からしか採用できませんからね。

 

したがって、不特定多数の求職者にアプローチできるインスタグラムを活用すれば採用できます。

インスタグラムを採用に使うメリット

インスタグラムを採用に使うメリット

写真や動画で企業イメージを伝えやすい

インスタグラムを活用するメリットは、言葉で説明するよりも手軽に企業をアピールできること。

求職者側はどんな人が働いているかや会社のイベントなどを伝えられます。

 

写真や動画なら、求職者が求人原稿よりどんな人と働くかのイメージが湧きやすく、企業とのミスマッチを防げます。

利用者が多い

インスタグラムの利用者は月に約2,900万人とです。また年齢層は20~30代。

企業が採用したいと思う年代と一致しているので、採用したい人材とつながりやすくなります。

 

(参考:インスタグラム、国内月間利用数2900万人に|日本経済新聞)

求職者の情報を把握できる

インスタグラムを使って採用すれば、投稿やフォローから求職者の興味関心が分かるため人物像を把握できます。

求職者の人物像が分かれば、企業理念や事業に共感できる人材かの判断材料になるでしょう。

 

求職者について事前に情報を把握できますので、面談や面接で本音で話しているかも分かります。

学生とコミュニケーションが取りやすい

インスタグラムでは、コメントやDMを活用すれば求職者と気軽にコミュニケーションが取れます。

投稿に関する内容なら、求職者も気軽にコメントをしやすいからです。

 

興味を持ってもらえれば面談や面接に発展する可能性もあります。

 

学生が興味を持ってくれれば、DMから質問される場合もあります。

気軽に投稿できる

インスタグラムは、インターネットの環境さえあれば、どこにいても気軽に投稿できます。

スマートフォン1台で簡単に投稿できるのは、忙しい採用活動の中では大きなメリットです。

ハッシュタグで検索される可能性がある

近年求職者の多くは、SNSのハッシュタグを情報収集として活用しています。

インターネットでは調べても載っていない、企業のインターンシップに参加した人の情報などを知れるからです。

 

採用に関するハッシュタグをつけて投稿することで、中小企業で名前を知られていない場合も求職者に興味をもたれる場合もあります。

採用コストを抑えられる

インスタグラムの最大のメリットは、広告費を抑えられること。

無料で運用できるからこそ、採用した分だけ広告費を削減できます。

インスタグラムで採用活動を行う際の注意点

インスタグラムを使って採用活動をする方法

プロフィールをしっかり記載する

インスタグラムで採用をするなら、プロフィールに自社がどんな会社なのかをしっかり記載しましょう。

企業情報と投稿内容が全く関係ないものだと、求職者は企業に興味がなくなります

ハッシュタグにルールをつけて活用する

ハッシュタグをつけて投稿をする際は、ルールを決めましょう。

ハッシュタグと企業のイメージが異なると、求職者に悪い印象を与える可能性があります。

 

インスタグラムを活用して採用活動をするなら、どんなハッシュタグをつけるか事前に決めてください。

 

ハッシュタグは最大30個つけられます。

毎日投稿をする

インスタグラムで採用活動をするなら、写真や動画など毎日投稿を心がけましょう。

毎日投稿すれば、ユーザーから閲覧される機会やフォロワーが増えます

 

多くの求職者から興味を持ってもらうなら毎日投稿は必要です。

社内や社員の雰囲気を撮影する

社員のオフィス内での様子など、普段あまり見られない企業の裏側を発信しましょう。

楽しく働ける環境を紹介すると、会社の印象もユーザーの中で明確になります。

 

求職者が自分に合う・合わないを判断する材料にもなるので、よりリアルな姿をアップすると効果的です。

インスタグラム採用での運用ポイント2つ

インスタグラムで採用をする時に気をつけるポイント

①写真に統一感を持たせる

企業の世界観をわかりやすく伝えるためには、写真に統一感を出しましょう。

投稿写真に違和感を覚えさせないのが、ユーザーを企業の世界観に惹き込むポイントです。

②更新のタイミングを考える

インスタグラムで投稿をする際には、更新のタイミングを考えましょう。

インスタグラムを利用される時間帯が多いのは19〜24時だからです。

 

この時間に投稿が難しいなら、予約投稿を使ってください。

実際にインスタグラムを使って採用できた事例

実際にインスタグラムを使って採用できた事例

実際にインスタグラムを採用活動に活用し、実績を作っている会社の事例をご紹介します。

社員や内定者の情報を発信する『DHC』

出典:DHC|Instagram

 

DHCは、【内定者の紹介・自社商品・セミナー情報】を発信しています。

社内にいる人の顔が分かるため、学生に安心感を与え、受験につながりやすくしています。

一人ひとりの社員を紹介する『三井住友カード株式会社』

出典:三井住友カード株式会社|Instagram

 

三井住友カードの新卒採用アカウントは、インターンシップや内定者を取り上げています。

 

内定者紹介の投稿では、『当社に決めた理由』や『セールスポイント』を記載しているため、就活対策本よりリアルな声を求職者へ伝えられます。

アルバイトから正社員へ採用した『インビジョン株式会社』

出典:インビジョン株式会社|Instagram

 

当サイトを運営しているインビジョンは、過去にインスタグラムからアルバイトを採用しました。

応募してくれた理由は、#広報ガールの文字と社員の楽しそうな写真を見てとのこと。

 

その子は大学生だったため、広報ガール募集でアルバイトとして採用しました。

短期間はアルバイトでしたが、すぐにインターンとなり2019年からは正社員として働くことになりました。

インスタグラムを採用に活用し求職者とのミスマッチを防ぐ

採用活動にインスタグラムを使うメリットをご紹介しました。

インスタグラムは、写真や動画で企業の裏側を見せ、会社の雰囲気を気軽に学生などに伝えられます。

 

直接交流する機会にもなり、相互のミスマッチも減られます。

また実際に採用できればコスト削減になるのもメリットです。

 

インスタグラムでの採用活動はメリットが多いので、ぜひ活用してみてください。

 


電話でのお問い合わせは03-5794-5433まで
※クリック or タップで発信します


 

メールでのお問い合わせはこちらへ

Contactコンタクト

ざっくばらんにご相談(無料)ください。