インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

企業ブランディング

インスタグラムのフィードってなに?エラー時の対策や集客への活用法

 

 

「インスタグラムフィードって何?」

「フィードをリフレッシュできませんでした・・・とエラーが起きている」

 

インスタグラムを使ってエラーもしくはフィードの意味を知りたくて、このページを訪れたのではないでしょうか。

できることならパパッとフィードについて知りたいですよね。

 

そこで今回は、インスタグラムのフィードの意味エラーの原因対処法についてまとめましたので参考にしてみてください。

インスタグラムのフィードとはホーム画面のこと

インスタグラムのフィードとはホーム画面のこと

上述しましたが、インスタグラム上のホーム画面のことを“フィード”といいます。

要するに、インスタグラムのアプリを開いて最初に表示される画面です。

 

フォローしている人の投稿がリアルタイムで更新されるので、『ニュースフィード』ともいいます。

他のSNSとのフィードの違いは写真や動画に特化したSNS

他のSNSとのフィードの違いは写真や動画に特化したSNS

インスタグラムのニュースフィードは、フェイスブックやツイッターなどのSNSと異なる点がいくつかあります。

 

比較項目 インスタグラム ツイッター フェイスブック
フィードの表示 ユーザーの興味・関心度が高い順 更新順 ユーザーの興味・関心度が高い順
フォロワーへのいいね 表示されない 表示される 表示される
フォロワーへのコメント 表示されない 表示される 表示される
シェア機能 なし あり あり

 

インスタグラムはシェア機能がなく、フォロワーが他のユーザーにいいねやコメントをしたことをフィードに表示しません。写真や動画に特化したツールと言えます。

 

アプリを使えば、写真のシェアは可能です。

「フィードがリフレッシュできませんでした」と表示された場合の原因と対処法

「フィードがリフレッシュできませんでした」と表示された場合の原因と対処法

インスタグラムで「フィードをリフレッシュできませんでした」というエラー画面が表示された時の原因と対処法をまとめました。

原因

インスタグラムのフィードが更新できない原因は3つあります。

 

  1. インスタグラムのシステムの問題
  2. フリーWi-Fiスポットへ接続している
  3. スマートフォンに問題が生じている

 

1つずつ解説していきます。

 

①インスタグラムのシステムの問題

 

フィードが更新できないのは、インスタグラムのシステムの通信障害サーバートラブルなどのシステムが原因です。

 

「インスタグラムへログインできない!」と、複数のユーザーがツイッターなどで投稿しているなら、システム側に何かしらの問題があります。

 

②フリーWi-Fiスポットへ接続している

 

エラー画面になる場合は、フリーWi-Fi(コンビニ前・地下鉄など)にスマートフォンが接続しているのか確認してみてください。

 

フリーWi-Fiはとても便利ですが、場所によっては「Wi-Fiが届いていない」「接続状況が悪い」など、ネットワーク環境に影響されてしまいます。

 

③スマートフォンに問題が生じている

 

通信制限がかかっている場合は、フィード画面エラーになりやすいでしょう。

インスタグラムは、画像や動画データを大量に読み込むからです。

 

パケットを使いすぎているとうまく接続できませんので、エラーが起きた場合は月のデータ使用量を確認してみてください。

対処法

フィードエラーになった原因の対処法は2つ。

 

  1. Wi-Fiの接続を切る
  2. 電源を落とす

 

1つずつ解説していきます。

 

①Wi-Fiの接続を切る

 

インターネットをフリーWi-Fiと繋げて行うことが多い方に限りますが、スマートフォンとWi-Fiの接続をオフにしましょう。

 

フリーWi-Fiヘの接続は、場所によっては使えない電波と接続するからです。

 

Wi-Fiに接続していると思っていても、インスタグラムのアプリを開いたらエラー画面が出る場合もありますので、ストレスを感じたくないなら最初からスマートフォンとWi-Fiの接続を切っていた方がいいかもしれません。

 

②電源を落とす

 

スマートフォンに原因がある場合は、再起動しましょう。

 

再起動すれば端末の状態がリフレッシュされて、通信環境なども改善されます。

インスタグラムのフィードの使い方

インスタグラムのフィードの使い方

インスタグラムのフィードを活用して集客したい方に向けて、詳しい使い方をまとめました。

ユーザーの興味・関心がわかる

インスタグラムのフィードを活用すればユーザーの興味関心が分かります。
※集客したいターゲット層をフォローしている場合に限る

 

フォローしていれば、ユーザーがアップした画像や動画を自社のフィードで確認できるからです。

 

ユーザーがどんなことに注目しているかの情報を常にキャッチして、ブランディングやマーケティングで活用していきましょう。

ショッピング機能を活用して投稿をする

インスタグラムで自社製品の売上をアップさせたいなら、商品を投稿する際にショッピング機能をつけましょう。

フォロワーは、フィードを閲覧した時にあなたの投稿が気になり商品を欲しいと思えば購入するからです。

 

テレビや広告などは、ユーザーが商品を欲しいと思っても検索する必要があるため、購入するかどうか分かりません。

 

しかしショッピング機能をつけた投稿なら検索させる暇を与えないため、購買意欲のある状態を保ち続けるため商品を購入するでしょう。

 

このように、インフィード投稿から売上アップする可能性はあるため、投稿する際にショッピング機能は欠かせません。

 

ショッピング機能を使うには条件があります。

 

インスタグラムのインフィード広告を使う

インスタグラムは、フィード上に広告を挿入できる『インフィード広告』を活用できます。

 

  • 写真広告:画像が基本
  • 動画広告:動画が基本
  • カルーセル広告:3~5点の写真を1つの広告として活用

 

安値で始められ、細かいターゲティングもできるので、費用対効果はいいでしょう。

 

(関連記事:インスタグラム広告の費用相場とは?月3万円からできるってホント?)

インスタグラムのフィードとはユーザーが最初に閲覧する画面

インスタグラムインフィードとは、ニュースフィード/タイムラインにあたります。

 

フォローしたユーザーの写真や動画から、興味・関心を発見できるため、マーケティングに役立つでしょう。

 

またショッピング機能や広告機能を活用すれば、集客にも活用できるのでオススメです。

 

当サイトを運営するインビジョンはインスタグラムを使ったマーケティングを得意としています。

 

インスタグラムの集客に興味がある!という方は、ご相談ください。SNSマーケティング歴5年のアドバイザーが迅速に協力させていただきます!

 


電話でのお問い合わせは03-5794-5433まで
※クリック or タップで発信します


 

メールでのお問い合わせはこちらへ

Contactコンタクト

ざっくばらんにご相談(無料)ください。