インビジョン株式会社

志 × 採用 × IT =
採用マーケティングチーム

チーム・組織開発

おダシ

リモートワーク

長期インターンって何するの?入社一か月のリアルなインターン生活!

 

こんにちは。オーバです。あっという間に6月ですね。4月下旬に入社したので、少し前に入社して丸ひと月が経ちました。

 

今回のコラムは「インターン成長記」です。ぶっちゃけインターンって何してんの?って疑問にこたえるべく、ありのままの私を書きました。
学校との両立はどうなってるの?どれくらい働いてる?具体的な業務内容は?などなど、これを読んで少しでもインターンのリアルが伝わればいいな~~とおもいます!

 

突然ですが、アイキャッチ画像盛れていると思いませんか?横顔ならいくらでも載せていいかもしれないと思ってしまいました。

インターン生の平日の過ごし方のリアル。

火~木は学校中心。仕事はリモートで

突然ですが、現在大学三年生のわたしの学校の時間割です。どーん。

(授業の名称は変更しています。)

月曜日は全休ですが、週11コマ。週に3日は4限まで。大学3年生ってもっと暇なんだと勝手に思ってましたが、普通に週4で学校に通っています。

インターンは週3日~とか、1日4時間以上~などの出勤頻度の条件付きが多いです。これ、結構厳しい。学校もプライベートも、あるいはインターン以外の仕事もあったりするから、わりと守れないです。

 

しかし!!!!インビジョンはインターン生でもリモートで稼働できる!!!!そして出勤時間に関する強要がない!!!!

 

火曜日~木曜日はリモートでSNS運用したり、コラムのネタ出ししたり、記事書いたり、次回の出社までのタスクこなしたりしてます。授業の空きコマとか、電車の移動時間でもできることってわりとあるので、スキマ時間を利用して仕事してます。

月曜日と金曜日はがっつりオフィスで過ごす

授業以外に時間があるのは、全休の月曜日と3限終わりの金曜日。主にこの二日間はオフィスに行ってがっつり仕事をしています。

 

コラム下準備したり、記事書いたり、コラム用に写真撮りに行ったり。会議に参加したり。その他広報関係の作業したり。詳しい作業内容については後で書いてますが、ざっくりこんなことしながら一日に4時間~6時間くらい働いてます。

仕事内容はリモートでもできることなんですけど、やっぱり人が周りにいると作業の進み方がひとりのときとは違う感じで進んで楽しいです。会議とかも今だと通話で出来ちゃいますけど、やっぱり顔を合わせるコミュニケーションって大事だなと思います。まだうまく言葉にできませんが。

 

なんていうか、一人でもできるけど、誰かと一緒ならなにかが起こるかもしれない感?

 

いまはリモートワークがどんどん推されてるし、私自身「好きなときに好きな場所で仕事したい」と思ってるんですが、オフィスに出社するのもやっぱり少なからず意味はあるんだな~となんとなく思います。単純にオフィスで社員さんと会うのも楽しみだし。

 

入社して一か月。わたしに与えられたミッションとは?

TwitterやFacebook、Instagramの「中の人」

入社してはじめてお任せしていただいたお仕事がこれです。
企業やキャラクターのSNSを運用するいわゆる「中の人」。

 

わたしは、インビジョンの公式ツイッター(@InvisionDraft)やFacebookの中の人をしています。主な仕事は、コラム(インビジョンのホームぺージでほぼ毎日更新しています!)が更新されたら、SNSでお知らせを流すこと。

 

最初はただ更新されたコラムの冒頭をコピペして字数に会うように削って貼っていただけだったんですけど、明らかにリーチ数(投稿が届いた人数)や投稿への反応の数が少なくて。コピペしているだけだから当たり前なんですけどね(笑)

そこから工夫をするようになりました。特に、ツイッターは140文字の制限があるので、その中でどう魅力的に内容を伝えるかを考えています。

これとか最たる例かなと。

コラムの内容自体は『セミナーのお知らせ』なのですが、GW明けの最初のコラムということで、「令和」「新元号」「新時代」などのワードを盛り込んでツイート。私の広報以外にも理由はあると思いますが、リーチ数は普段の4倍でした!

 

工夫して投稿したものとコピペしただけのものとで、明らかに見てくれる人の反応が違う。そのまま数字に表れるのでおもしろいですね。

 

あとは、THAI♡美人(@thai.love.bijin)というInstagramアカウントの中の人なども。
タイの魅力あふれる写真を紹介する写真をリポストするだけなんですけど、毎日写真を投稿していくうちに、少しずつタイに詳しくなってきてしまいました。

ピンクのガネーシャっていうバカでかいピンク色のゾウの像を見に行きたいです。3倍速で願いが叶うと有名なパワースポットらしい。ほんとか? でもこういうの欲が強くて好きです。気になるので今度実際に行って試してみたいと思います。

マーケ、経営企画、そして広報チームのコラムニストへ

はじめは、マーケティングチームにいました。ほんとに、第一週くらいまでなんですけど。
それから、半分経営戦略チーム、半分広報チームという自由で曖昧なポジションで色々経験させていただき、正式に広報チームのインターン生として、コラムを書くに至りました。今はこのコラム更新が仕事の中心です。

(このコラムについては前回の記事の 学生インターン生の私がコラムを書く理由ってところで語ってるのでぜひぜひ~!)

 

あとはプレスリリースを書くことになったのでそのための準備など。プレスリリースとは「企業が新商品や新サービスの開発をしたことをマスコミにお知らせする」記事ってことです。

企業の大切な部分を任せていただけて死ぬほど緊張するんですけど、案外労力はプレスリリースよりこのコラムのほうが重いです(笑)(笑)

参考にするサンプルや文章構成の型というものがないので、すべて自分で考えてやらなきゃいけない……
その分自由度が高いんですけどね。

 

地方創生メディアFledge(フレッジ)チームに参加

フレッジとは、インビジョンが運営する地方創生メディアです。このメディアのTwitterの「中の人」として、Fledgeチームに参加させていただいてます。

社員さんとの会議にも参加します。毎回めちゃくちゃアツくて、とても刺激になります。

例えば、先週の金曜日に参加した会議はこんな感じでした。議題はフレッジの公式ツイッターについて。
「webメディアの公式ツイッターってなんのためにあるのか?」「誰に向けたものなのか?」「何を発信していくのか?」と根本から問い直していきます。

 

そして会議の結果、フレッジ公式アカウントを司っていたキャラクター「ふれびい」、

本日をもって、この子の卒業が決まりました。

 

わたしはツイッターの運用を任されることになってから、「このキャラが発信するコンテンツとは?」「ツイートの語尾はかわいくするか?」「どんなキャラ設定にしてツイートするか?」など、いろいろなことを考えました。会社の中で一番このキャラクターについて考えたのではないでしょうか。

しかし、考えれば考えるほど「そもそも、ふれびいとはなんなのか?」という思いが強くなってしまい、会議中に満場一致で卒業が決まりました。

 

ちょっとだけ卒業が寂しい気もしますが、この悲しみを乗り越え、

6月上旬からフレッジの公式アカウントが新しく生まれ変わることになりました!公式アカウントが新しく生まれ変わる!(2回言う)

→→→@fledge_invision←←←

新制ツイッターはどんな感じになるのか?楽しみにしててください。

入社一か月、こんな感じで過ごしてます

赤ちゃんは一か月ごとに大きく成長します。手足をばたばた動かし、首が座り、発語し、やがて歩けるようになる。

わたしも入社1か月ですが、与えられた仕事を、一応は自分なりに考えながらやってきたんだなと思います。コラムに3000字書けるくらいには。

まだまだ赤ちゃんのような私ですが、これから21年前の自分に負けない成長スピードを見せつけたい。来月末にも、入社2か月目の成長コラムを更新予定。どれだけ成長できるかな。

The following two tabs change content below.
大場美範
インビジョン学生インターン。好奇心旺盛なオタク気質。おいしいものを食べ、未知の経験をするために働く。

メールでのお問い合わせはこちらへ

Contactコンタクト

ざっくばらんにご相談(無料)ください。