新卒採用にもIndeedが効果的!?就活生目線で新卒求人媒体を語ります。

Indeed関連
2017/4/14
Indeed関連
2017/4/14


初めまして!石鍋です!
 
就活って体力はもちろん精神力が擦り減りますよね・・・。
私も就活生の頃はそうだったのを今でも覚えています。
 
今だから言えますが、就活生の時にIndeedを使えば便利に就活できたかも・・・と、しみじみ思います。
 
そこで今回は、社会人になりたてホヤホヤの私が、就活生に向けてIndeedはオススメなのかどうか語っていきます。
 
パソコン用の画像
スマートフォン用の画像

インビジョン新卒の石鍋です。

indeedと就活と
入社して2週間経って、やっと社会人になったことを実感しています。
はやくインビジョンのみなさんのお力になれるようにせっせと研修中です!
 
そんな自分にも、ついにコラム投稿の任務を授かりました!
まだまだ就活生に近いということで、今回は新卒求人媒体を就活生の目線で語っていこうと思います。

就活生が就職活動に使う求人サイト

就活生とPC
2016年3月就職活動解禁!!急に周りが焦りだしたことで、危機感を感じてやり始めたのを今でも覚えています…。
今考えると就活生として、もっとうまく立ち回れたのではないのかと反省点だらけですが、今は置いときます!
 
就職活動開始!!まず、就活生が最初に行うのは、自分にあった新卒求人媒体の選定ですよね!

王道のリクナビ・マイナビ

電車の広告、CM、大学内の張り出し。目にしない日はないぐらいの王道である求人媒体リクナビやマイナビ
就職活動では大変お世話になりました。
 
周りの就活生もみんな使っていたこともあり、やっぱり就職活動にはリクナビ、マイナビのイメージが強くありました。

後悔…。もっとはやくIndeedに出会っていたら。

そして今回の題材である「Indeed」を知るきっかけとなったのはCMでした。
広告業界に飛び込んだ石鍋。広告媒体について勉強しなくてはといろいろな媒体に手を出してみました。
 
そんな時に出会ったのがこのIndeed
 
Indeedは求人広告サイトと思いきや、Googleのような求人情報一括サイトのようでした。
[blogcard url=”https://www.invision-inc.jp/news/2018/06/05/what_indeed_first/”]

求人広告サイトに思うこと

思うこと
Indeedを知らないまま、就職活動を行なっていた学生目線で、求人広告サイトに思っていたことを上げていきます。

サイトトップの会社名検索フォームだけでは絞り込みが甘い

新卒求人媒体で共通していることと言えば、サイトトップの検索ファームが会社名で絞り込みを行うこと。
正直に言うと、就職活動中に会社名で検索したことは1、2回程度…。
 
毎日、空いている日は、説明会を入れようと意気込んでいた石鍋は、よく気になっている業種の企業説明会に飛び入りで参加することが多々ありました。
 
会社名の検索フォームから表示されるサイトに手間だなぁと毎回感じていました。
会社名もわからなければ、必然的に会社名で絞り込み頻度は減ってきますよね…。

業種、地域などで検索しても絞り込みが足りない

結局、絞り込みの精度が高い業種と地域で行うことが多かったです。
 
かし、業種、地域で絞り込みの検索をかけても、都内になれば会社の数は膨大…。
 
ページの後半のほうには違う業種の企業が混じっていたり、絞り込みが足りていないことを感じることが多くありました。

結局、自社サイトへ情報収集しに行く

気になる企業を見つけ、いざ企業ページへ!
経営理念や業務内容は伝わっても、会社の「社風」を感じ取れず、自社サイトに情報を集めにいくことが多かったです
 
就活生は自社サイトがどれだけ充実しているかを見てるんです!
 
ちなみに石鍋はオウンドメディアのDesignやコラムの投稿頻度などを見ていました。更新が滞っているページがあると、ちょっと心配になりました。
[blogcard url=”https://www.invision-inc.jp/news/2018/06/12/indeed-reputation/”]

就活生が重視している情報をIndeedが解決!

解決
そこで今更ながら「Indeed」を使ってみました。すると、「求人広告サイトに思うこと」でもやもやしていた部分が解消されるようでした。
 
つまり、就活生にもIndeedが有効ではないかと思います。
 
そこで就活生目線で、Indeedの特徴を挙げていきます。

キーワード検索によるスムーズな絞り込みがある

Indeedのサイト自体はとてもシンプルで、一目で使い方が伝わる仕様。
検索フォームは業種と地域から検索。そのほかにも各種絞り込みの項目がありました。
投稿日付から検索できるところも、求職者ファーストの仕組みだと感じました。
 
大手広告求人サイト以外の募集掲載も収集してくれるので、就活生がより求めている企業や思わぬマッチング企業を目にする機会が増えること間違いありませんね。

企業の採用サイトへ直接リンクしている

石鍋は業種選択をするときにさきほどお話しした通り、自社サイトのコンテンツのラインナップを気にしていました。
 
Indeedの最大の特徴が企業の採用サイトへ直接リンク。なので、就活生の感じていた求人サイトと自社サイトの往復が不要!Indeedなら求人ページに直でいけるので、非常にストレスフリーであると感じました。
 
企業理念や会社の方向性がわかるため、「とりあえず応募」も減るのではないでしょうか。
[blogcard url=”https://www.invision-inc.jp/news/2018/05/18/sato30/”]

新卒採用の王道がIndeedになるのは時間の問題

王道
石鍋はIndeedをCMで目にしましたが、まだまだ就活生への認知度が低いのが現状。
しかし今後、Indeedはあらゆるメディアから広まり、浸透していくと思います。
 
そのため、新卒採用の王道になるのも時間の問題かもしれませんよ?ということで最近、急成長中の求人検索サイトIndeedを就活生目線から考察してみました。
 
私ごとですが、この度リクルートチームに配属が決定したということで、Indeedのちょっとしたご相談などお待ちしております。
 
インビジョン石鍋の初コラムでした。

 
パソコン用の画像
スマートフォン用の画像
 
 


電話でのお問い合わせはこちら↓↓↓

※クリック or タップで発信します

タグ:

RELATED POST

もっと記事を見る

CONTACT

総本山におダシ参り
さあ、会いに行こう
お問合せフォームへ
採用に役立つ10種以上の資料を無料で配布中!
資料ダウンロードページ
ちょっと話してみる?
Shape 03-5794-5433
東京本社 〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-3-7 VORT代官山3F Tel.03-5794-5433
福岡事業所 〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-4-1 西日本新聞会館10F Tel.092-600-4375