新人研修をアウトプット式にしたワケを戦略人事に聞いてみた!~後編~

赤裸々社内コラム
2021/5/27
赤裸々社内コラム
2021/5/27

 

こんにちは!

インビジョン広報コラムを書くのに少し慣れてきた伊藤です!

今回は前にお伝えした通り、新人研修の後編をお送りします!

戦略人事のまこさんに実際の研修の効果や今後の会社の人材育成についての展望までお伺いしたのでぜひ読んでくださいね!

前回の記事をまだ読んでない方は、こちらからどうぞ!

 

「本音」のフィードバックで振り返り力が爆進!

伊藤

今年から、インプットだけではなくアウトプット重視の研修にグレードアップしたんですよね。

実際に研修を変えてみて良かったと感じてますか?

 

まこさん

インビジョンは去年リブランディングをしたので、その世界観を研修に入れ込むことで、今までよりも濃く世界観を伝えることができたなと思っています。

HR界隈の知識に関する研修でも、ただ知識を入れ込むのではなく「採用に関わるのって素敵なことなんだ」と感じられるような内容になっていたり。

だから、実際にお客さんに提案する「ダシ活メソッド」にもより愛を持ってもらえたんじゃないかな?と思いますね!

 

伊藤

「採用に関わる意味」を認識し、ミッションに沸騰するが営業ですものね!

 

まこさん

そうです!

あとはやっぱり、アウトプットの機会を作って本当に良かったなと思っています。

初めての試みだったので、「これで大丈夫かな」って不安は大きかったのですが、新卒の方の日報でのコメントを見て、やっぱり正解だったな!って思いました。

伊藤

これは嬉しいですね、、!

実際にこんな声が生まれるくらい、しっかりとアウトプットする意味を考えて実行してくれている証拠ですね(涙)

日報からもすごく感じます!

 

まこさん

そうなんです!皆の日報、日々変わっていって

インビジョンでは日報にGoodやMoreを書かせているのですが、研修の初期はただの感想みたいな感じになっていて、もっと中身に具体性を持たせたいなと思っていたんです。

例えば日報で、「上達できた」としたら、具体的に何の行動がよかったのかや「ミスがあった」としたら、「気をつけていきたい」ではなくて今後どう気をつけるのかなどを具体的に書いてもらいたかったんですよね。

 

改善前

伊藤

具体性を持たせるためにだれがどんなフィードバックをしたんですか?

 

まこさん

新卒メンバーのメンターをしてくれている2年目のシミが、「業務時間はアウトプットの場所。」というフィードバックをしてくれました。

すこし厳しい言い方をしてしまうかもしれないのですが、会社は従業員に給料を払っているので、たとえ研修であろうとコストがかかっているんですよね。

だからこそ、研修の中で少しでも成長して早く戦力になってほしいし、しっかりと日々考えているのかなどを外に発信して欲しいと思っています。

会社は、学校ではないのでね〜。

 

伊藤

その後、日報はどう変わったんですか?

 

まこさん

具体性を持った日報を書いてくれるようになりました。

例えば、「考える」だけや「~したい」じゃなくって、どうやって考えていくか、どうやってやっていくかという過程を書いてくれるようになっていったんです!

 

改善後

伊藤

本当だ!

その他にも日報のクオリティを上げるために行ったことはありますか?

 

まこさん

新人の方には一人ひとり自分の研修期間に対する評価点を付けてもらって、それに対して研修をする人がフィードバックをして、それにまた点数をつけるという取り組みを行っています。

この取り組みのおかげもあって、さらに日報のクオリティが上がったなって実感しています。

 

伊藤

本気のフィードバックがより深く考えるような作用を新卒の方に与えているんですね!

 

まこさん

そうですね。

これは研修期間だからっていう限定的な話ではないと思います。

こういう本気のフィードバックが成長と成果、組織風土を生むんだな〜!と私たちも実感しました!

 

伊藤

インビジョンのおダシ「大事なことは直火で話せ」ですね!

 

ここで終わらない!今後の重視していくべき点!

 

まこさん

とはいえ、まだまだ改善は必要だと思っています!

今回の研修もそうですが、今後も最初から「スタンスの育成」に力を入れていきたいですね。

研修で知識を教えることは簡単にできるけど、スタンスの育成が最初は特に大事だなと。

「船に乗るより漕ぐ」がテーマなので、環境どうこう関係なく、自分で突破する力、スタンスを育成していきたいな、と。

 

伊藤

、、、なかなか難しそうですね!スタンスって育成できるものなんですかね?

 

まこさん

そうなんです、マジでむずいんですけどね、、、

スタンスなんてものこそ、育成されずとも自ら持っておくべきものだとも思うし、、、。

結局、育成するには初日から高いレベルを最初から求めてフィードバックするしかないと思うんです。

それを一番最初の研修開始時にマインドセットをさせておくこと、これかなと!

そのためにも新卒だけじゃなく、建設的な本音でフィードバックをしあえる人材をインビジョンに増やしていくことが必要になるので、これを14期の人事テーマにあげて、まずはリーダー陣から育成をしていきたいと思っています。

 

〜取材後記〜

「HR×人間のトッププロ化」を通してインビジョンの世界観を学べる!

 

「HR×人間のトッププロ」を目指す第一歩としての新人研修。

企業に「うちもおダシ出したら採用うまくいくかもしれない、、!」と思ってもらうには、まずはインビジョンやインビジョンメンバーのおダシが滲み出てていないといけない。

そのためにセルフブランディング研修などを通して、HRだけじゃなく人間のトッププロを目指しているんですね〜

 

だから研修内容にもおダシたっぷり、そしてアウトプット中心の研修で

「おダシ屋」理解を深めながら、徹底的に自ら「よく考える力」を鍛えてアウトプットすることってインビジョンにとってめちゃくちゃ大事なんだな、とはっとしました!

 

よく考える力、それをアウトプットする力って自己成長のためでもあるけど、

お客さんの採用課題を解決、さらに志の実現のために「本当に解決すべきなのはどこか?」「どこに向かってどうおダシ出していくか?」を掘り下げる武器にもなりますもんね。

 

実は最初、新卒メンバーが研修しているのをみた時、「大変そうだな、、、」と思って見てたんです。笑

だけど今回まこさんのお話を聞くと、確実にインビジョン理解を深めつつ、採用テーマの「船に乗るより漕ぐ」がめちゃくちゃ体現される研修なんだなとはっとしました!

 

さて!次回は、今回たくさんお話に出てきた「よく考える力研修」にフォーカスしますよ〜

お楽しみに!

RELATED POST

もっと記事を見る

CONTACT

一見さんウェルカム!
さあ、会いに行こう
東京本社 〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-3-7 VORT代官山3F Tel.03-5794-5433
福岡事業所 〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-4-1 西日本新聞会館10F Tel.092-600-4375
© invision All Rights Reserved.