クライアントサポートチーム
Mai Miura

インビジョン入社前の経歴

小学生の頃から歴史が大好きだった私。
学校の図書館に通っては歴史に関する漫画や
考古学の写真集を片っ端から借りて読みまくり、
好きすぎて大学の専攻も歴史。
何でそんなにハマったのか分からないけど、
きっと歴史上の人物の志を掲げる生き様が
かっこよかったんだろうな。

だからと言ってそれを活かせる仕事に就いたわけではなく。
やりたいこともない&超就職氷河期で就活も上手くいかず。
何の武器も持たない私は、最初に入った医療機器を扱う会社で
雑用~事務作業まで何でもやった。
そこを辞めて転職活動中に出会った会社。
それが求人広告の代理店で、私にとっては運命の出会い。
求人原稿の写真を見て「面白そう」という直感だけで入社した。
その会社がリーマンショックで無くなってしまったので
その後何社か転職活動したけど、求人業界への想いは捨てきれず…。

インビジョンに入社した理由

またやりたいという想いはずっと抱いていたものの
一歩を踏み出せず。
もう無理かなと半ば諦めかけて月日は過ぎ…。

そんなある日、広告代理店で一緒に働いていた
間々田さん&社長から数年ぶりに着信が。
最初は間違い電話かと思ったけれど、折り返してみたら
インビジョンに来ないかというまさかのお誘い。
ただただ驚いて、でもまた一緒に働ける、求人広告の
仕事ができると思ったら、素直に嬉しかった。
それが入社のきっかけ。

入社してからは有難いことに求人の仕事だけでなく
人事や経理もちょこっとかじらせてもらって。
私が苦手な考える作業も多いけど、全てが私の経験値。

人生のGoal

仕事もプライベートも人生で「ここまで」っていうのは多分ない。
終わりにしてしまったら、そこで自分の成長は止まってしまう。

仕事においては、職場でなくてはならない存在であること。
そのためには日々これ修行。
歴史家トインビー博士は86歳で亡くなる直前まで仕事をしていた。
その博士の口癖が「さあ、今日も仕事をしよう!」
…かっこいいよなぁ。毎日こう言える自分でありたい。

あとは、人生で何が起こっても負けない
自分を作ること。その人に乗り越えられない
試練はやってこないんだそうだ。自分の中に一本、
ここだけはブレないっていう芯をもって。死ぬ時に
我が人生に一片の悔いなしって言えたら最高かな。