クライアントサポートチーム
ほ〜り〜

インビジョン入社前の経歴

4、5歳の時、祖母が入院している病院で、
尿瓶を持ちながら「もうお手伝いない…?」と
眠そうな目をこすりながら
母親や姉を含めて感動の渦に
まきこんだのを皮切りに、
小学校低学年の時には
自発的に洗濯物を取り込んで畳んだり
お皿を洗ったり、隣の席の子が嘔吐すると
そっこ―で掃除したり…
振返って見ると、自分は手がかからず
「人の為に何かをする」のが
好きな良い子だった事を実感!

褒められる事が好きで、我ながら
手のかからない可愛すぎる良い子供!
…でしたが、
いつしか「集団行動だるい」「学校だるい」
という様なひねくれた子供になりました。
(でも、一人は暇だから、たまには
騒ぎたいって奴でした。う~ん☆ワガママ♪)

で、特にこれと言って誇れる様な
何かを経験したわけでもなく
ゆる~く生きていましたね。

インビジョンに入社した理由

自分は中途入社なので
インビジョンの前に何社か経験をしていました。
これ、ちょっと言いたくなかったけど
今思うと、学生時代の就職活動とか
超いい加減な気持ちで行っていましたね。
自分の人生なのに、どこか他人事っつーか。
「この会社で働ける!」ではなく、
「就職先決まった!」って感じでしたね~。
そんな気持ちで社会に出て、
学生時代のアルバイトとは全然違った
毎日で、自信がなくなる場面も多く
「子供に戻りたいってこういう事か…」と
実感しました。てぃひひん☆
唯一且つ最大の救いは、社会に出て
いろんなステキな人達に出会えた事ですね。
仲間想いの上司、仕事に対して誠実且つ
人を動かす言葉を沢山持ってる人など…
まぁ、そんな人達と自分を比べて
時に病む事もあったのはショナイね☆

前置きが長くなったけど、
インビジョンの求人を見つけて
HPや動画などをチェックして、
「この会社良いな」って思い応募しました。
面接の際に、”ちな”が案内してくれたんですが
めっちゃ印象よかったです。
「こいつ新卒なのに、人をもてなす
ホスピタリティはんぱねぇな」って思いました。
面接時、めちゃんこ緊張しましたが
「飾った言葉や形式ばった言葉じゃなくて、
自分らしい言葉で話してくれていいよ」的な事を
社長に言われて嬉しかったな~。うん。



で、現在。
締切とか仕事で大変な事はもちろんあるし、
わけ分からなく事も月1回はあるけど、
その度に、社長を呼びして
自分のほぼ垂れ流し形式のまとまりのない
話を聞いてもらうなど、
思うままに働かせてもらってます。
「自分らしく振舞う事ができる」のは
本当にありがたいと思っています。

世の中的に、これからAIが
仕事を奪いにかかってくるかも
しれないとか言ってっけど、
気持ちや考え方などに変動があり
落ち込んだり成長ができる変幻自在な
わてら人間だからこその、多様な個性を武器に
「働く」と付き合っていこうと思います☆

人生のGoal

今の世の中って、自己主張の強い人や
自己表現・口が上手い人ばかりに
スポットが当たっている様に思えるんです。

超他力本願ですが、
「自分の事を言葉で表す事が下手な人」だって
「一見、その人の良さが伝わり辛い人」だって
そんな人たちの良さを掘り起こしてあげる、
認め合える、そんな余裕のある社会に
なったらいいなって思います。

方法はまだ思いついてないので
みんなで一緒に考えようね☆

ちゃんちゃん☆

PS
ある国の粋な風習で
夢の実現に仲間と奮闘する若者が
無料で飲める酒場があった。
若者の飲み代は、
夢を実現させたいつかの若者達が
お金をお店に置いといていたのでした。

「利益や成功は自分だけのもの」と
傲慢にならずに、次の芽を育てようとする
そんな粋な人間に…私もなりたい☆なッ☆