Keishi Aratake

インビジョン入社前の経歴

"高校生の頃に上京して、7年以上音楽業界に携わっていました。
アルバイト⇔レッスンの下積み時代を乗り越えたときは「一生この仕事をしていくだろうな」とぼんやり思っていましたがとある転機が訪れ、雑誌・WEBマーケットの業界に足を踏み入れる事になりました。
正直WEBマーケットといっても全く未知でなんとなくで働きはじめたものの、知れば知るほど自分自身のスキル・武器になる業界に楽しさを見出してからはあっという間に半年、1年と時間が経ち所謂「手に職がついた」と言っていいほど業界に馴染むことが出来ました。"

インビジョンに入社した理由

「営業」って聞くと体育会系だったり怒鳴る怒鳴られるなどネガティブな印象を特に今の若い世代は持ってると思います。
実際に自分もそういうイメージは持ってました。
しかし、インビジョンの面接ではビックリするくらい雑談多めで営業の面接とは到底思えませんでした。
しかも内定をいただいた翌日には「みんなで撮影するから全身真っ白な服できてね!」と言われ初めましての方々といきなり和気あいあいとした撮影。そんなフレキシブルな一面と実際に働くと実績も申し分ない頼もしい先輩方がいることで不安なく自分のビジネススタイルをフルに活かせると感じた部分が入社にあたって大きかったです。

人生のGoal

自分に足りないものをあげてと言われるとキリがなく出てきます。
その中で一番欲しいもの、それが信頼です。
人から信頼を得るにはまずは自分自身の魅力が必要不可欠。
完璧にこなせずとも完璧を目指す過程と結果にこだわっていればその姿を見て信頼してくれる仲間ができると思います。