Makoto Sakamaki

インビジョン入社前の経歴

ー1995年11月22日ー
佐賀県の山と田んぼに囲まれる静かな町に、赤ん坊の産ぶ声が響いた。
愛情たっぷり放任主義の母親と、変わり者の父親(趣味は日本刀集め。私への歴代プレゼントは一本ゲタ、短刀。幼少の娘に山を速くくだる走り方を教授。)のもとで、坂牧真の人生が幕を開けた合図だった。

小さい頃は、争い事や人の怒りが苦手で、誰とでも仲良くし、わがままも言わない子どもだった。
反面、大のビビりで、「オバケがくるよ」と言われれば何でもいうことを聞き、毎日「ミサイルが飛んできたらどうしよう」と恐れながら過ごしていた。

中学では陸上部に所属。中長距離を専門に毎日本気で練習に励み始める。
この頃になると、さすがにオバケは恐れなくなったものの、次は「人に嫌われること」を恐れるようになっていた。 生粋のネガティブ野郎である。

そんな中、人生のターニングポイントが訪れた。
部活内でハブられたのだ。

「人に嫌われたくない」と常々思っている人間がハブられたのであるから、当人の打撃は大きい。
元々思考癖のある私は、なぜこうなったのかと悶々と考えていた。 時に母親に相談し、思考し続けた結果、ひとつの結論に達した。
「私はハブられた側の気持ちを知れたんだ。これから私は、人に優しくできる。ハブられたことには、意味があったんだ」
この時に、「起こる出来事すべてに意味があるのだ」という価値観が私の中で形作られた。

すべてに意味があるのだとすれば、善悪という概念があやふやになってくる。私が今まで恐れてきた「悪いこと」は、もしかしたら「悪いこと」じゃないのかもしれない。ならば、恐れる必要はないじゃないか。
それから、恐れてばっかりだった私が、少しずつ変わり始めることになる。


ーーそして時が経ち、大学生。
考え方が変わり、ポジティブ人間に変わってきた私は、行動力と向上心を手に入れていた。
お金や時間もたっぷりある今の時間を、なにか有効に使えないかと考え、世界一周することを決意。
「若いうちに色んな人に出逢って、色んな価値観に触れて、心の幅を広げよう!」 その思いを胸に、5ヶ月間の旅に出た。
この旅が、後のインビジョンとの出逢いに深く関係していくのである。

インビジョンに入社した理由

大学3年生秋、本格的に就活を始めた頃、私はある会社と出会っていた。(まだインビジョンには出逢っていない)
自分の弱さにひたすら向き合わせ、厳しいながらも成長を応援してくれる会社だった。
「この会社に行ったら、成長できるんだろうな。成長したいなら、行くべきだろうな」そんなことを考えながら、どうしても苦しい気持ちが拭えなかった。

どうしてこんなに苦しいんだろう?本当に私はこの道を進むべきなのだろうか?
その悩みを相談しに、ある女性の方に会いに行くことにした。

・・・そう。
この方がきっかけで、後々私はインビジョンという会社に出逢うことになる。
この方が「いい会社があるよ」と紹介してくれたのだ。

このエピソードを伝えるにあたって、そもそも私が彼女に出逢ったきっかけを語らねばなるまい。
時は、当時から1年前にさかのぼる。世界一周中、私がアメリカにいた頃である。
私はある格安ホテルに滞在していた。
2泊目の朝、ドミトリーで同じ部屋だったおじさんに、靴を盗られたところから運命が動き始める。
靴を盗られた私は、つたない英語でホテルの従業員に部屋の移動をお願いした。
移動先では、何事もなく過ごせますように…そう思いながら扉を開けた先で、笑顔輝く女性が話しかけてきた。「あ、もしかして日本人??」
久しぶりに会う日本人が嬉しく、互いに会話も弾み、連絡先を交換した。
その彼女に、帰国後会いに行ったのである。

たまたま泊まったホテルで、
たまたま靴をとられて
たまたま部屋を移動した先で会った人に
たまたまインビジョンのことを教えてもらい
インビジョンを訪れた。

つまり、インビジョンと私が出逢えた理由は、たくさんの偶然(必然と呼べるのかも)と人との繋がりが生んだ"ご縁"の一言に尽きるのである。なんて素敵なのだろう。(と、自分で言う…笑)


ーーそしてついに、インビジョンの皆との出逢いの時がやってきた。


「「「あぁ、この人達好きだなぁ。」」」

皆に会った時、頭で考えるより先に、私の心がそう呟いた。
社員の皆やコーポレートサイト、選考動画など、いたるところから溢れ出ている圧倒的なありのまま感、働くことに対するキラキラ感、漂うほっこり感、優しさ。

「これをすべきだ」「成長せねば」と、自分の弱点ばかりに目を向け、自分にたくさんムチを打ってきた私に、「大丈夫。ありのままでいいんだよ。」と背中を押してくれたような気がした。

今までの苦しさがスッと抜けた気がした。
自分の道が開けていくような気になった。
「自分にムチを打って、苦しむのはもうやめよう。ありのままの自分を好きになりたい。」
私は心の中で、本当はずっとそう願っていたのだろう。

お酒を交えて、働くことや理念、それぞれの想いについて社員の皆と語り合いながら、「この人達と働きたい。」本気でそう思った。

人生のGoal

私の人生のテーマは、人を愛することだと思っている。
私はまだお子ちゃまで、「愛」とかってちょっとこそばゆくて、なんとなく口に出すのは恥ずかしいのだけど、これは本気で思っていることだ。

人が完璧じゃないのは当たり前。
考え方や価値観が違うのは当たり前。

違いを受け入れる。その人の考えを尊重する。人の喜びを本気で喜ぶ。良いところを見つける。人を愛するためにも、まずは自分を愛する。全ての出来事に感謝する。

簡単にできそうで、中々できない。
これは一生をかけて挑む課題なのだと思う。

「私は私を愛してる。そして、あなたのことも愛してる」
そう心から思える人間になることが私のゴールだ。

皆が自分自身を愛せれば、この世界はもっと平和に、もっと素敵になるのだと思う。
人が自分自身を愛せるきっかけに、私がなりたい。