リクルーティングチーム
Hiroto Kobayashi

インビジョン入社前の経歴

自分の勘違い

1990年4月30日誕生。
千葉生まれ。栃木県育ち。
父親が自動車メーカー、母親は専業主婦。
「ありがとう」「ごめんないさい」をしっかり言えるように育てられた。
■サッカーとの出会い
幼稚園で友達と二人でボールを蹴って遊んだことがきっかけでサッカーに興味を持つ。
授業でみんなでサッカーをやって夢中でボールを追いかけ、楽しんでいた。
小学2年生からサッカー部に入部し、監督がいない時といる時の練習態度に温度差がある選手が多く、小学6年生で栃木SCジュニアへ1期生として加入した。
2002年の日韓ワールドカップを見て、スペインのラウル選手やイタリアのカンナバーロ選手に憧れ、休み時間にその選手の真似をしながらサッカーで遊んでいた。
中学でも、3年間栃木SCジュニアユースに在籍した。
監督やスタッフ、友人、家族に恵まれ1年生の時から多くの出場機会を頂いた。
1年生の時から出場させて頂いた経験は非常に大きい。
相手チームは、大体3年生なので体も大きく上手い選手も多く、悔しい思いをする時が多く必死で食らいついていた。
自分が3年生になった時には、栃木県内の大会では基本的には優勝していて、栃木県ではNO1のチームだったと思っている。
■挫折
高校に入り、挫折を味わう。
2年生の途中から、スタメンで試合に出る機会が激減した。
当時クラスの担任でもある監督と言い合いをしたからだ、と、当時はそのことが試合に出場できない原因だと思っていた。
3年生になり、完全にレギュラーではなくなり後輩が出場している試合が多数。
後輩が試合に出て、自分がベンチにいるという状況、本当に辛かったし、初めての経験だった。
なぜ自分がでれないのか理解できず、苛ついてしょうがなかったし、正直他人のせいにしていた。
次第に後輩への風当たりも強くなり、ますます人として良くない方向へ向かっていた。
ただ辛いし、次第に自信も失ってくる。
毎日、全体練習終了後も残って練習し、家に帰ってからも走りに行った。
悔しくてしょうがなかった。

そんな中でも、コーチや友人、家族の存在は本当に大きいと今だから思える。
自分が辛いときに、寄り添ってくれたコーチや友人、家族の”想い”は今でも忘れない。
父親には、朝早く起きて通勤前に駅まで20分かけて送迎。
母親には、朝早く起きて朝ご飯とお弁当を作ってもらい、駅までの帰りの迎え。
多くの人に気を遣わせてしまっていたと思う。
本当に感謝しかないし、一生頭が上がらない。

インビジョンに入社した理由

コバと一緒に働きたい

何よりもその言葉が本当に嬉しかった。
入社理由は、小学生の時の小学校のチームからクラブチームに移った時の感覚と似ている。
真剣にチャレンジする人を支え合えるような人が多いし、何よりも個性が強い。いい意味で。
2019年1月7日よりインビジョン㈱にジョイン。
正直、知らない企業の一つだった。
2018年10月に、以前から知っていた、根建さんに転職活動していることを伝えた。
遊びにおいでよと言ってくれたのがきっかけ。
会社に遊びにおいでという今までに無い感覚に陥った。
本当の”ヒト”の部分を見る企業があるんだなーと思ってすごく印象に残っている。
日程を調整し遊びに行った。
おしゃれできれいなオフィス、若干の緊張。
話をした後に、3階にあるフロアからエレベーターへ向かい、エレベーターのドアをまっすぐ手を伸ばして止めて食事に向かった。
結果的に、代表吉田、タギー、タギーの友人、根建、私の5人で食事。
意味不明なメンバーだった笑
ただ、一緒にいて楽しかったし、笑うタイミングが似ていたり、裏表が無い未来に前向きでいるその環境が何よりも心地よかった。

ここなら、自分がやりたいことや想いが明確であれば応援してくれるんだな、絶対。と感じていた。
そういったことがあり、インビジョンに興味を持つことになった。

後日、私から話を聞きたいと代表の吉田に連絡し面談。
そこで、将来のビジョンや仕事内容、マリオに例えたストーリー、そして天下統一。
の話を代表の吉田にプレゼンしてもらった。
エレベーターのドアをまっすぐ手を伸ばして止めたことも功を奏し(笑)、その日に「一緒に働きたい」と直接言って頂き内定を頂いた。
入社できたことの嬉しさ、ストレートに伝えて頂けたことは本当に嬉しかった。
代表吉田と戦略人事の根建の人間性に惹かれたのと、今まで以上にまっすぐに生きていこうと思った。

人生のGoal

世界中に縁をつくる

大切な人と世界中のさまざまな場所に行って、美味しい物を食べることと楽しい体験をして多くの人に会って、世界中のあちこちに友達をつくる。死ぬまでにやりたいことリストを作っている途中だからそれをすべて達成した時がゴール。