経営企画チーム
Kenta Suzuki

インビジョン入社前の経歴

アップルパイ

こんにちは。自己紹介書いてってことなので、書いてみます。
アップルパイが好きな30代後半です。マクドのが特に好きです。お酒は飲めないです。
昔、林檎みたいな赤いロゴの大きな日系企業で人事とか総務とか内部統制とかの仕事をしたあと、MBAいって、会社作って、ヒト系のPMOとかコンサルとかエージェントとかをやっていました。
家系の低血圧がせいか、熱いリーダーシップと徹夜がニガテで会社はそこそこでした。でもお陰で、ヒトの話を聞くのが上手に見えるらしく、キャリアの仕事では、日本キャリアデザイン学会に籍があったり、教育機関に所属して講師したりしています。

インビジョンに入社した理由

フライドチキン

幼少期のことを少し書きます。僕の父親は作詞家なんです。
全盛期は僕が子供の頃でしたから、よく小さなラジカセでデモのカセットテープを何度も何度も戻したり送ったりしながら、歌詞をノートに当て書きしていた光景をよく目にしました。
当時の人気アイドルとかの曲も手がける売れっ子作詞家さんで、あまり遊んでもらえなかったかな?でも細切れの休みに、近所にフラフラ連れ立ってくれたものです。子供の好きそうな食べ物って色々あるけど、僕も住んでた街にはマクドがなくて、赤いフライドチキン屋さんに、よく連れて行ってもらったものです。
人気商売だから、何時しか少しづつ仕事は減っていって、アニメの曲も手がけるようになりました。ある日、小学校で「あれ君のパパのあの曲?」って言われて。それの歌詞がこれ。

抱きしめて 願い事してごらん
奇跡が 起こるぜと 父ちゃんの声が風に響いた
ウィッシュ ウィッシュ ウィッシュ!
欲張りに 世界中のフライドチキン 食べてもいいけど
もっと もっと もっと!
いつもより がんばれちゃう でかいガッツが いまは欲しいと
夢のボール 空に投げたよ

恥ずかしかったけど、嬉しかったですね。
その後バブルが弾けて、色々色々と上手く行かなくなって、悪い大人がわらわらやってきて、父とは疎遠になってしまいました。
私は空っぽになって、やけくそに司法試験に挑戦するですが、勿論受かる訳はなく、リーマンになって、変わらず空っぽのままだけど、うんちくと面倒事を引き受けることだけは得意になったというわけです。
これが最初に吉田さんと飲んだときにしたお話で、ちょっとだけ昔の親父と吉田さんが似ていると思ったので、お手伝いすることにしました。
フライドチキンよりアップルパイのほうが好きです。

人生のGoal

ソイラテ

最近ヒットだった名言は「カネはいらない。欲しいのは変化だ。」
おカネっていろんな側面があるけど、変幻自在にスタバにいけて、カフェラテを躊躇なくソイに変更できるくらいが、ちょうどいいかなと。人生のゴールもそんな感じです。
僕の関心ごとは、大事なヒトを守ることです。家族、仲間、キャリアに関するクライアント、そしてインビジョンのメンバー。悪い大人が好きじゃないので。それが頂いた名刺に書いてくださった「法務」という仕事じゃないかと思っています。
夢とか志とか正義は「光」だから「影」がつきまとう。インビジョンのメンバーは光について語りたがるヒトが多いように思います。きっとそういうヒトが好きなんだと思います。最愛のうちの奥さんもそんな感じで、この前家の近くのルノアールで、偶然隣で○ルチの勧誘してたお兄ちゃん説教したらしいですよ、大丈夫かな。残り半分の職業人生は、そういうヒトを守る仕事をしたいです。
「地方」や「働き方」のことにも興味があります。仕事なんかどこでもできる時代だものね、仲間と繋がっていれさえすれば。
安田さん、あとで、この自己紹介の文案チャットでおくりまーす。
浜松のスタバで書いてますが、もちろん飲んでますよ。
最後に折角「書くこと」が得意な家系なので、うんちくを書き残したいと思ってます。論文を少しづつ書いていますが、本にできるとベターですね。これが個人的な人生のゴールかもしれないです。
あとは特になくて面倒ごとを粛々とやって参りますm(_ _)m
何かののご縁で、中目黒に訪ねて来てくだされば、スタバ(いっぱいあるから)ソイラテ、おごりまーす\(^o^)/