当たり障りなく取り繕った採用はもう終わり。惜しまずど真ん中の価値観を出すおダシ採用とは?

経営・ブランディングコラム
赤裸々人事コラム
2023/9/13
経営・ブランディングコラム
赤裸々人事コラム
2023/9/13

おダシ採用

言葉:坂牧真/真理と心理を探求する心のほぐし屋さん(@hoghog1122

「マコちゃんは多分、モテの方向性が間違ってるよ。」

1ヶ月前の飲み会で、代表の誠吾さんに言われた一言だ。
人間心理に詳しい私だが、いつまで経っても恋愛にだけ苦戦してきた。
いい人と出会いたい。ただそれだけの純粋な願いが、どうしてこうも叶わないのか・・・。

 

期待と裏腹に、繰り返されるミスマッチ

採用は、恋愛と同じだと言う。
良い人を採用したい。本当にマッチした人と出会いたいのに、どうしてこうも叶わないのか。
これは世の中の人事・経営者が間違いなく悩んでいる大きなテーマだと思います。

 「あなたのことを教えてほしい」「本当のアナタを見せてほしい」。ミスマッチを防ぐため、私たち企業は根掘り葉掘り質問をして、求職者に偽りのないありのままを求めます。

いくら経験があっても選考ってもんは意外と難しいもので、期待と裏腹に繰り返されるミスマッチ。こんなことになるくらいなら、あの選考の時にわかっていれば…!と、思ってもいない志望動機を塗り固め、取り繕った回答をする求職者と、それを見抜けなかった己に悔恨の念を抱く人事も多いでしょう。

だけど、こうも思うわけです。

求職者に腹を割ることを求める前に、我々企業側は、本当に腹を割っているのだろうかと。

哀しいかな、世の中には取り繕った情報が溢れています。変わり映えのしない求人、イイトコばかりの採用広報コンテンツ。応募を獲得するためにそれっぽいキレイな情報を発信し、当たり障りなく終えていく。付き合う前に本性を隠していたカップルが、その後すぐに別れてしまうのと同じで、それじゃ幸せな採用が生まれるはずもないのです。

 

採用マーケティング会社、自社の採用に大苦戦

なんて言っておきながら、私たちインビジョンの採用もなかなか苦渋をなめてきました。

ある年は、一気に10人採用し1年後にはその50%が退職。 
ある年は、新卒で採用した3人が半年を待たずに全員辞めました。 
「なんか面白そうな会社だったから」という薄い興味だけで受ける人、 
「結局何をしてる会社なんですか?」という質問に至っては、何度言われたかわかりません。 

もちろん妥協は一切なし、会社のいい面だけでなくマイナスに思われそうな部分についてもしっかり情報を発信し、相当気合を入れていたにもかかわらず、いわゆるミスマッチが相次いでいたのです。

求人原稿を改善し、コンテンツを増やしてみたり、採用サイトを改修したりと試行錯誤しましたが、効果はイマひとつ。一体どうしたらいいんだろうと頭を抱えたその末に、一つの問いが生まれました。

 

「実際私たちは、何者なんだ?」

「結局何をしている会社なんですか?」という問いに対する答え。
採用マーケティングの会社?いやいや、そんなのいくらでもある。
らしさを大事にしてるチームです?いやまあ、そうなんだけどなんか言い当てきれてない。

採用したいと言いつつ、自分達が一体どんな価値観を持っていて、何をやっている会社なのか?ビジョンと事業がどう繋がっているのか。点の要素がバラバラとあるだけで、一本線で繋がっておらず、自分達が自分達のことをはっきり掴めていなかったのです。恋愛で例えるとするならば、自分のことを良くわかってもいないのに、なんであなたは振り向いてくれないの!と嘆く、ちょっと痛い子になってしまっていた状態です。(肝に銘じます)

どんな価値観を持って、何をやっている会社なのか?=揺るぎない「会社のど真ん中」を明確にし、それを惜しみなく発信する。私たちに足りていなかったのはこれでした。そんな採用のことを、私たちは「おダシ採用」と呼んでいます。おダシとはその会社が持つ唯一無二の魅力のこと。 私たちは会社の正体を明らかにできていないまま、情報を発信していたわけです。そりゃあ、いい採用ができなかったのも無理はないですね。

これがわかってから、私たちインビジョンはとうとう大きく生まれ変わることになります。ちょうど、世界一周の旅に出て、アメリカで運命の出会いを果たした6年前の私のように。


会社のど真ん中を、再定義する。

価値観を明確にし表現するというのは、そう簡単なことではありません。

例えばそれっぽいキャッチーなタグラインを考えて、求職者にウケそうな世界観をサイトに表現するとか、例えば自分の描いた絵がお高く買ってもらえそうだと飛びついて詐欺にあった私のような、そんなふうに手っ取り早く取り掛かれることをするのではなく、もっとグツグツ煮えたぎる火山の中心核を覗きにいくようなことです。

表面的な見える部分だけを変えても、根っこの解決にはなりません。もしかすると応募の数は増えるかもしれないですが、本質的なマッチングには至りません。 「そこに愛はあるんか?」と同じで、「そこに想いはあるのか?」です。

 

良い採用をするために、私たちが提唱したいこと。
それは、「まずは、会社のど真ん中を再定義しよう」です。つまりはブランディングですね。

自分達は社会に対してどんな憤りを持っていて、何を目指しているのか。 
会社としてどんな人たちを助けたくて、その人たちにどんな価値を提供したいのか。 
あらゆる競合の中で、自分達の唯一無二のポジションはどこなのか。
自社を本当に言い当てた言葉や世界観ってどんなものなのか。
そしてつまるところ、自分達は何屋なのか。 

求人原稿を書く前に、コンテンツを出す前に、採用サイトを作る前に、一番大切な揺るぎないど真ん中の軸を、まずは明確にするべきなのです。 真ん中を明確にした上で、採用戦略を練り、採用広報コンテンツを充実させれば、本当にマッチする運命の誰かと出会える確率がグッと上がるのです。これは、私自身に向けても言っています。

 

初めの一歩、自分たちの現在地を知る。

会社のど真ん中を明確にすべく、まずやるべきオススメは、プロジェクトチームの発足。具体的には、経営陣に加えて若手含む未来の経営陣候補を部門横断で7人選び、 アツアツのブランディングプロジェクトを始動させるというものです。

とはいえ、いきなりプロジェクト開始の意思決定するというのは、少々重いかもしれませんね。そのような場合は、まずは自社が本当に良い採用ができているのか?会社の真ん中をどれくらい明確にできているのか?「おダシ診断」を使って、現状を知ることから始めてみてはいかがでしょうか。

  1. 無料でおダシ診断を受ける
  2. 現状の自社の課題を認識
  3. 結果から優先順位をつけて何からやるべきか整理整頓
  4. プロジェクトメンバーを選びチームを発足
  5. キックオフ

おダシ診断とは、質問に答えるだけで、チーム・組織のど真ん中の明確さや浸透度などの現状を可視化できるシロモノです。所要時間は20分。無料で診断できるので、隙間時間でトライしてみてください。

人事診断

現状を数値で可視化でき、客観的にチームを俯瞰。そうすることで、原因特定や何からやるべきか優先順位をつける戦いに明け暮れていた日々に終止符が打たれることでしょう。弊社では過去を手放し新しいものを取り入れることを「アンラーン=アク取り」と呼んでいますが、アク取りの先には必ず前進が待っています。

 

私たちのBefore/After

冒頭で書いた、ミスマッチ採用が続いていた一昔前。
リブランディングしてど真ん中を明確にし直した後、実は目に見えて結果が変わりました。
取り繕って良く見せても、互いにとっていいことがないのは採用と同じ。ここには一切の盛りはありません。 

ど真ん中を明確にして、それを惜しみなく発信したことで、こんなにも変化が起きたのです。(スゴくないですか?)

 

採用=会社と個人が幸せになるための第一関門

採用とは、決してタスクなんかじゃありません。
採用のゴールは、人員の確保でもありません。
弊社代表の著書『弊社、ダシ屋と申します』の一節にあるように、「人間は幸せになるために生きている」。 
採用とは一緒に働く幸せなコミュニティ作りへの第一歩。
会社と個人が幸せになるための第一関門なのだと思います。

会社のど真ん中を明確にし、それを惜しみなく発信する。 
そうすれば、一緒に価値観を浸透させていく本当の仲間との出会いが必ず待っているはずです。

私も今度こそ、いい人探しに、行ってきます。

お問い合わせ

 

 

RELATED POST

もっと記事を見る

CONTACT

総本山におダシ参り
さあ、会いに行こう
東京本社 〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-3-7 VORT代官山3F Tel.03-5794-5433
福岡事業所 〒810-0021 福岡市中央区今泉1丁目9-14 西日本新聞天神南ビル Tel.092-600-4375
兵庫事業所:豊岡 〒668-0033 兵庫県豊岡市中央町18−1 (兵庫県景観形成重要文化財「とど兵」内にオフィス新設)
© invision All Rights Reserved.